ここから本文です

OYAIDE ( オヤイデ ) / OCB-1 SX V2

OYAIDE ( オヤイデ )  / OCB-1 SX V2

  • OYAIDE ( オヤイデ )  / OCB-1 SX V2 画像1
  • メーカーサイト
~メーカーサイトより~
オヤイデの主力製品として30年以上のロングセラーを続ける「OCB-1」シリーズ。ケーブル一体型による使い勝手の良さ、シチュエーションに応じたバリエーションの豊富さ、そして常に進化の手を緩めないという姿勢が、「OCB-1」シリーズが長きにわたり愛され続ける理由です。そして歴代「OCB-1」シリーズの中でも、ナチュラルサウンドをコンセプトとして2008年に登場した“OCB-1 SX”は、その圧倒的なパフォーマンスから、電源タップのニュースタンダードとして不動の人気を得ました。ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、直出しケーブルの“BLACK MAMBA”が枯渇。図らずも“OCB-1 SX”は生産完了の憂き目に遭います。しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“OCB-1 SX V2”に受け継がれます。吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“OCB-1SX V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。精密導体“102SSC”による“BLACK MAMBA V2 ”を直出しケーブルに採用し、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

● 基本構造は初代“OCB-1 SX”を継承しつつ、精密導体“102SSC”にる“BLACK MAMBA V2 ”を直出しケーブルに採用した新生電源タップ “OCB-1 SX V2”。
● ケーブル外装にPETメッシュスリーブ(黒色)を被覆し、振動減衰を強化。
● 電源プラグに“OCB-1 SX V2”ネームプレートを貼付け、V2モデルを明記。
● 電源プラグにはP/C-029 SPECIAL EDITION(鏡面バフ仕上げ電極)を装着。
● コンセントにはSWO-NT SPECIAL EDITION(鏡面バフ仕上げ電極)を内蔵。
● コンセント/プラグの電極はメッキを排してマテリアル本来のサウンドを具現化。
● コンセント/プラグの電極はバレル研磨した後、職人の手作業で1つ1つバフ研磨した鏡面仕上げ。
● ケース材質は高剛性エンプラ材「PBT GF30%」をベースに、カーボンを配合してEMIノイズを排除。
● ケース構造にはモノコック方式を採用し、厚み4mmもの厚みを有した高剛性設計。
● ケース内底より立ち上げた支柱にコンセントを強固に固定し、振動をケース側に素早く伝播・減衰。
● ケース底面四隅に13mm径の脚部を設け、床面と本体の接触面積を少なくし、設置場所との共振を抑制。
● 脚部にはM4ネジ穴が設けられ、オプションアイテム(OSP-SC/OSPSS/OCB-BS/INS-BS)をネジ止め固定可能

■仕様
コンセント差込口数:4
ケーブル部:BLACK MAMBA V2(精密導体102SSC、3.5SQx3芯キャブタイヤ構造)
ケーブル外装:PETメッシュスリーブ被覆(黒色)
電源プラグ:P/C-029 SPECIAL EDITION(真鍮鏡面バフ仕上げ電極)
コンセント:SWO-NT SPECIAL EDITION(リン青銅鏡面バフ仕上げ電極)
内部配線:OFC2mm単線
外形寸法:W120 x L120 x H60( ケースのみ、脚部含まず。)
質量:830g
ケーブル長さ:2.0m

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:1110.50(3.5)
  • レビュー数:2
この商品のレビューを書く

2016/02/28

1111ここまでとは

投稿者名:アックス 【東京都】

金銭的に余裕ができたので、いつかやろうと思っていた電源周りを久々に補強。

電源ケーブルに関しては、今までBLACKMAMBAやTSUNAMIを全ての機器に使って、その能力も実感してきましたが、タコ足系の電源はFURMANのSS-6Bでとりあえずすませていました。

残念ながらサウンドハウスさん経由ではないのですが、今回中古で2個購入してメイン機材を一通り接続。

MACPRO,LYRA1,AXEFX2,UNIVERSAL610-2,A7,RODECLASSIC2

個人の自宅スタジオで無理をしながら集めた高級機材達が更に活き活きと音を鳴らしてくれる結果に、、マジで嬉しい。

具体的にはまず、音のキャラクターが変わったというより、接続して初めて鳴らした時に音の密度が増した感がすごくしました。
その後、お気に入りの音源などを聴くと、パート数が減る箇所になると、リバーブの細かさや空気感などが際立ったことに気付き、パート数が多い箇所でも今までなら奥まっていたパートも前に出てくる。全体的に解像度増して、分離感も際立ち、エネルギッシュにもなったという感じでしょうか。

音に関してはあくまで主観頼りになってしまいますが、間違いなく効果あり。これから録音もしていったら、録り音の底上げにもなると思うと楽しみで仕方ないです。

自分は中古で購入しましたが、新品に2万とか出しても全く損はないんじゃないかと。
BLACKMAMBA導入時より、BELDEN8412導入時より、今回の電源タップ補強が一番驚きを感じました。逆に言うと、やはり電源の大元を良くしなければ、その先に良い機材やケーブルを使っても活かしきれていなかったんじゃないかなと実感し、自分の選択は優先順位が逆だったなと反省するほどです。

他の型番のキャラクターや実力も気になりますが、とりあえずこれでいい、これで当分頑張れると思えます。
評価4なのは、金出せばもっと良いものあるんだろうなと思ったからです。でもこれで十分w

レビューID:62143

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/12/20

111レコーディングアウトボード類に使用

投稿者名: 【富山県】

レコーディング室のアウトボード類用電源にと購入。

以前の電源と交換後、全体的にクリアになって細部まで細かく再生するようにはなりましたが、HIの成分にEQをかけられたような音になってしまい、長時間の作業に耐えれないと判断し使用をやめました。
楽器アンプの電源タップ等やシンセ等か録音するジャンルによっては、これに交換して使おうかなと思います。

ケーブルに柔軟性なしで狭い場所には非常に使いにくいです。

自分として常設で使おうと考えていたので、常設しなくなったので、レビューは3つ程度。
同価格帯でもっと適したものはある。

レビューID:78363

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

OYAIDE (オヤイデ)
OCB-1 SX V2

商品ID:202104

¥18,500(税抜)

(¥20,350 税込)

  • 送料無料

371ポイント内訳

  • 203Pt

    通常ポイント

  • 168Pt

    ボーナスポイント

  • 371Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top