ここから本文です

「音楽を創る」ための新世代のレコーダー

ROLAND ( ローランド ) / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー

ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー

  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像1
  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像2
  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像3
  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像4
  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像5
  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像6
  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像7
  • ROLAND ( ローランド )  / R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー画像8
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
高音質24bit/192kHzモードを搭載した4chフィールド・レコーダーです。高感度ステレオ・マイク、モニター・スピーカーを内蔵し、本体だけでステレオ録音が可能。コンパクト・ボディながら、本格録音に必要な機能を凝縮したオールインワン設計です。
■4chフィールドレコーダー

高音質24ビット/192kHzモード搭載、プロ・レベルのレコーディングにも活躍。
SDカードまたは大容量SDHCカードに対応(別売)。
一瞬のチャンスも逃さないプリレコーディング機能。
高感度ステレオ・マイク&モニタースピーカー内蔵。
リミッター、LCF、ファンタムを全チャンネルに装備。
EQやMSマイク(MSデコーダー)などのDSPエフェクトも搭載。
俊敏で視野角の広い有機ELディスプレイを採用。
単3アルカリ電池4本で連続4時間レコーディング。
ビデオカメラ用などの大容量バッテリーにも対応。
電池込みで約1.3kgの軽量&ポータブル設計。
ケーブル1本で2台連動、8chレコーディングに対応。
USB2.0に対応、音声データをPCへ高速転送。

■レコーダー部
チャンネル数 4
データ・タイプ (録音・再生とも) フォーマット:WAV/BWF
サンプル・サイズ 16/24ビット
サンプリング周波数 44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/192kHz (192kHzは2chまで)
※サンプル・サイズとサンプリング周波数はどの組合わせでも可。
記憶メディア(別売) SDHCメモリーカード

■オーディオ入出力部
アナログ入力:チャンネル1~4:XLR/TRSコンボ・タイプ、XLRタイプ(ファンタム電源供給可)、TRS標準タイプ(バランス/アンバランス)、内蔵マイク(ステレオ)
アナログ出力:チャンネル1~4:ライン・アウト(RCAピン・タイプ)、へッドホン・ジャック(標準タイプ)、デジタル入出力 RCAピン・タイプ(IEC 60958-3準拠)
ファンタム電源 48V±4V:1チャンネルにつき 8mA(全体で20mA以下)

■その他
USBインターフェース ミニBタイプ・コネクター:USB 1.1、2.0 High Speedマスストレージ・デバイス・クラス対応
電源 ACアダプター(PSB-1U)
単3形(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池)×4
消費電流 1.2A
付属品 ACアダプター、取扱説明書、USBケーブル(Mini-B タイプ)、ユーザー登録カード、保証書
オプション R-44キャリング・ケース(CB-R44)
サイズ:(W) 157 x(D) 183 x(H) 61 mm
質量:1.3 kg※質量は、電池を含む。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11100(3.3)
  • レビュー数:4
この商品のレビューを書く

2015/09/22

11111良いものです。

投稿者名:Rec9 【神奈川県】

普段クラシックのホール録音と稀にビデオ撮影をしていますが、この製品はバックアップ用としてもメインとしても使えます。

購入してから3年ぐらい使ってますが、なかなかいいですよ。

PC/Macを使わないので、落ちる事はありません。
ファンタムも4ch独立であるので、割と使えます。
結構いいファンタムをつけてるようです。

普段はバックアップ用で2mixの2chがほとんどです。
ためしに電源ケーブルを抜いても、自然に電池駆動に切り替わってくれるので、念の為電池も入れて使っています。

電池駆動も出来るので外ロケの様な場合とかにも使え音も問題はないですね。

ローカットやリミッターなどは、使わない方がいいでしょう。

レビューID:58716

参考になった人数:15人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/09/27

111後発の機種には負け気味

投稿者名:じゃっく 【茨城県】

☆いいところ
明快なインターフェースで、買ったその日にすべての機能を使えるようになるような親切なマニュアルもいいです。小学校高学年でも使いこなせるでしょう。
むしろマニュアルを読まなくても基本的な機能はつかえるかと。ボタンも大きくて押しやすいです。
☆わるいところ
ADC、マイクプリアンプその他はすべて後発品に劣ってしまう点、これのライバルであるZOOM F4やSoundDevicesなんかに比べて音質はS/N比でもマイクプリの品質でもよろしくないです。iOSやAndroidからコントロールもできないし、Ambisonicsなどの今風の機能もつかえません。
でも、バンドの練習やライブ録音、フィールドレコーディングにはとても良いものだと思います。

レビューID:85734

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/11/27

111変なレコーダーですが、工夫すれば使えます

投稿者名:葛の葉 【大阪府】

入力レベルの調整(センス)が6dB刻みでしかできません。アナログでのレベル調整はこれだけです。

製品ページには「入力センスも11段階に切り替えできる」と書いてありますが、「11段階でしか切り替えできない」と言うべきです。(内蔵マイクに至ってはL,M,Hの3段階だけです。)

とりあえず適当なレベルで録っておいて、後からノーマライズすると言う使い方になります。

それとは別に「レベル」で128段階の微調整ができますが、これはA/Dを通ってからのデジタルボリュームです。これを使わずに、後からソフトウェアでノーマライズしても同じです。もちろん後でノーマライズする方が正確なレベル調整ができます。

A/Dの段階でクリップした場合、「レベル」を下げても無意味で、「センス」を下げるしかありません。つまり、録音時のレベル追い込みは6dB刻みでしか行えません。

全体にゲインが小さすぎるので、通常の会話程度の音量なら、高感度のコンデンサーマイクで最大音量にしなければなりません。

ダイナミックマイクでは全くゲインが不足し、デジタルボリュームで音量を上げてみると「サー」ノイズが激しくてとても使用に耐えません。

一方、センスを下げ、外部のマイクプリを通して入力してみると、本機自体の色づけは少なくて、わりとましな音に録れます。ノイズも外部のマイクプリ次第になります。

さらに、AD付きのマイクプリからデジタル入力すると、マイクプリの音色をフルに生かすことができます。また、非常に安定してデジタル入力できます。(所有のDR-100MKIIでは組み合わせる機器によって正常にデジタル入力できないことがあります。DR-680、PCM-D50等でも同様の現象が報告されています。)

組み合わせる機器を選ばずちゃんとデジタル入力できるレコーダーがほしかったので、その点では満足。さらに、残りの2chも別のマイクプリと組み合わせて使えるので、まあ使い道はありますが、本来のポータブルレコーダーとしては非常に使いにくいものです。

4ch録音は必要だがデジタル入力は不要なら、DR-70Dの方が録音性能はずっと良いです。

レビューID:77405

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/03/11

11操作性や安定性は良好だが基本性能で難アリ

投稿者名:上野パンダ 【東京都】

<良いところ>
・ディスプレイのコントラストが高く、とてもクリアーで見やすいです。
・ファンタム給電オン/オフの物理スイッチがチャネルごとに付いていて操作性良いです。
・ヘッドフォンモニターチャネルの切り替えがスピーディーに出来て軽快です。
・デジタル入力が安定していて、いろいろな機材から入力しても相性不具合が出にくいです。
ただし、過去のBS放送系などエンファシスの掛かった信号を入力すると、勝手にディエンファシスされてしまいますから注意してください。16bitのままだと量子化ノイズが悪化してしまいます。
・4入力チャネルに対してのパラアウトができます。
・SDカードへの書き込みバッファの溜まり具合が表示できるので、SDカードのプチフリーズなど優劣チェックが出来ます。
・4chアナログ入力しているときでも外部S/PDIF入力によってクロック同期が掛けられますから、複数台の同期運用が可能です。
<悪いところ>
・プリアンプのノイズがゲインモードによって多いときがあります。これはかなり低い水準で、XLR入力できるレコーダーでは前例が無いぐらい悪いです。
・音質が悪いです。とくに空間の広がりの描写が苦手でホールの残響成分などが聴き取りにくく、平板な音調になります。これもXLR入力できるレコーダーでは最低クラスと思います。サンプリング周波数が192kHzまでも有りますが、基本音質が悪いのであまり意味がありません。
・入力レベル調整のDレンジが充分取れていないです。
6dBステップ切り替えと連続可変のトリムの二重調整ですが、トリムを50%位置より下げるとフルスケールまで振れず、先にプリアンプが飽和(クリップ)してしまいます。なので正常なDレンジで録音できる連続調整範囲が50~100%までのたった6dBしか無く、録音中にレベルを調整しようとしても、その範囲でしか滑らかには調整できません。
・ライン出力が-20dBVと低いので、使いにくいです。
・大容量SDカードのフォーマットに時間が掛かります。本番直前などはご注意!!

レビューID:90441

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ROLAND (ローランド)
R-44E 4チャンネルポータブルレコーダー

商品ID:194871

¥64,500(税抜)

(¥70,950 税込)

  • 送料無料

7,090ポイント内訳

  • 709Pt

    通常ポイント

  • 6,381Pt

    人気ブランド ポイント最大10倍キャンペーン

  • 7,090Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top