ここから本文です

MOOER ( ムーアー ) / Acoustikar

MOOER ( ムーアー )  / Acoustikar

  • MOOER ( ムーアー )  / Acoustikar画像1
  • MOOER ( ムーアー )  / Acoustikar画像2
  • MOOER ( ムーアー )  / Acoustikar画像3
  • MOOER ( ムーアー )  / Acoustikar画像4
  • MOOER ( ムーアー )  / Acoustikar画像5
5
  • メーカーサイト
アコースティック・シミュレーターが遂にミニサイズに!Piezo/Standard/Jumboの3種類からトーンを選択でき小さな筺体ながらリアルなサウンドが特徴です。
■ギター用エフェクター
■アコースティックシミュレーター
■モード切り替えスイッチ:Piezo/Standard/Jumbp
■コントロール:LEVEL、TOP、BODY
■トゥルーバイパス仕様
■電源:DC9Vセンターマイナス
■寸法、重量:42W×52H×93.5Dmm

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:2
この商品のレビューを書く

2014/09/08

11111ac-3より良い

投稿者名:Colette 【群馬県】

Ac-3と比べてみました。
AC-3は確かにシミュレーターとしては優秀です。
情報量が多く、音作りもしやすいです。
しかし、その分デジタル処理に時間が掛かるのかレスポンスが悪く、音も他のBOSSにもありがちな奥まった感じがします。
そこでAcoustikerですが、音の再現性はAC-3には及ばないものの、アナログなのでレスポンスも速く、より抜けます。
音圧があり、弾いてて気持ち良さがあります。
シミュレーションはどうかと言うとちゃんとアコギの音はします。オベーション的な音です。
CDとレコードの違いの様に、情報は圧倒的にCDですが、レコードの方が音圧があり、良い音に感じる。
そんな感じです。
レコーディングでよりシビアにアコギの音に近づけるならAC-3でしょうが、ならば最初からアコギを弾きましょう。どんなに頑張ってもシミュレーターと言う中途半端な存在なのです。
エフェクターケースにAcoustikerを忍ばせて、突発的にアコギの音が欲しい時や、ライブにアコギも持って行けない時には最適かと思います。

レビューID:51302

参考になった人数:13人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/10/19

1111中国製ですしね、

投稿者名:cielo 【青森県】

Bossにしようか迷ったのですが、頻繁に使うエフェクターでもないし、遊びがてらのアルペジオ時用に、お値段もお手頃でしたので、購入しました。
難点が2つ。
①ノイズが思ったより出る。まあ、Noise SuppressorかますとOKですが。
②エフェクターONするとアンプからの音量が下がる。対処としてLEVELを上げるとノイズが大きくなってくるし(笑。 まあ、聞こえないわけではないし、ブースターかますとOKですが。
良かった点
①言わずもがな、お値段(笑。
②透明感のある音はいいですね。
ここらへんのエフェクターはメインとして使うよりもちょっとしたアクセントで使うにはアリアリなんだと思います。もっとアコギの本物の音が欲しいんだよ~という方は本物のアコギ弾いてください。

レビューID:76553

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

MOOER (ムーアー)
Acoustikar

商品ID:182036

¥6,800(税抜)

(¥7,344 税込)

  • 送料無料

365ポイント内訳

  • 73Pt

    通常ポイント

  • 292Pt

    ボーナスポイント

  • 365Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top