ここから本文です

サウンドマート

GIGBAG / SZ-WDX

GIGBAG / SZ-WDX

  • GIGBAG / SZ-WDX 画像1
  • GIGBAG / SZ-WDX 画像2
ギグバッグの老舗「GIGBAG」によるファスナーテープにポリウレタンをラミネート加工を行い強力な撥水性能を持たせた「ギグバッグ・デラックス」シリーズ!日本の確かな技術で製作したドレッドノート用ギグバッグ。Made in Japan

■「ギグバッグ・デラックス」シリーズ
■アコースティックギター用
■ドレッドノート用ギグバッグ
■YKKアクアガード装備
■内寸
全長:約111cm
ボディ上部幅:約34cm
ボディ下部幅:約45cm
厚さ:約12-14cm

※ギターケース/ギターパーツにおける適合・収納確認、採寸は承っておりません。予めご了承ください。

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11100(3.0)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2019/03/26

1111しっかりしてる

投稿者名Reviewed byY.J 【兵庫県】

ドレッドノート以外に000やカッタウェイを運ぶために1番サイズの大きなこの商品を購入しました。
クッションもしっかり入っており縫製もきちんとされています。
ただ、小物入れが ほんとの意味での「小物入れ」です。
蓋もベルトタイプではなしにボタンタイプだったらもう少し便利かも。

レビューIDReview ID:90849

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/07/20

11質感、防水性は良し、されど背負い心地に難あり

投稿者名Reviewed by 【神奈川県】

防水性と、質感が良さそうであることから購入しました。
届いてみるとやはり質感はなかなかよろしいと思います。
防水性も半年ほど使った感覚ではまったく申し分ありません。
ただ、なにより問題だったのはその背負い心地で、肩にかけるストラップの「付け根」の位置が高すぎるせいで、背負うと楽器のヘッドの部分が常に後頭部に当たってしまいます。
付け根は上側が楽器のネックの途中くらい、下はボディの真ん中くらいに位置しているので、背負うとおのずとネックヒール部分が支点となり、ヘッドが後頭部に当たってしまうのです。
そのせいでたとえば上を見上げることなどは困難で、駅の表示をみるときなど不便です。歩く時なども気持ち猫背になることを強いられています。
背負っているシルエットも、ズーンとぶら下がっているかんじで、あまり格好良くありません。
ストラップの付け根をもっと低い位置で、上はボディの上端くらいにしてくれればヘッドは自分の頭より高い位置には出てしまいますが背負っている間じゅう感じる違和感、不快感は感じずに済んだでしょう。
エレキギター用のものではそうした違和感はありませんが、このドレッドノート用のものは明らかな設計ミスだと言わざるをえません。どうか改良をお願いしたく思います。

レビューIDReview ID:94207

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

GIGBAG (ギグバッグ)
SZ-WDX

Item ID:175222

13,800 yen(excl. tax)

(15,180 yen incl. tax)

  • Free Shipping

151PtDetail

  • 151Pts

    通常ポイント

  • 151Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

Rating11100

Reviews:2

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top