ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

HOME

TC HELICON ( ティーシーヘリコン ) / Play Acoustic マルチエフェクター ボーカルエフェクト搭載

TC HELICON ( ティーシーヘリコン )  / Play Acoustic マルチエフェクター ボーカルエフェクト搭載

  • TC HELICON ( ティーシーヘリコン )  / Play Acoustic マルチエフェクター ボーカルエフェクト搭載画像1
  • TC HELICON ( ティーシーヘリコン )  / Play Acoustic マルチエフェクター ボーカルエフェクト搭載画像2
  • TC HELICON ( ティーシーヘリコン )  / Play Acoustic マルチエフェクター ボーカルエフェクト搭載画像3
  • TC HELICON ( ティーシーヘリコン )  / Play Acoustic マルチエフェクター ボーカルエフェクト搭載画像4
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
ボーカルとエレクトリックアコースティック・ギターのプロセッシングを統合。定評あるTCのボーカル用エフェクトに加え、エレアコ・ギター用にチューニングされたTC Electronic製エフェクトを搭載。最も特筆すべきは弾いたギターをガイドに、ナチュラルなボーカル・ハーモニーを生成する機能。キーの設定は必要なく、ギターのコードにハーモニーを自動的に追随させることができます。

[直輸入品][Direct Import]

ボーカル/エレアコ用マルチエフェクター。操作性に優れたプロクオリティーのボーカルエフェクターに加え、TC ELECTRONIC製のギターエフェクターを1台に融合。ライブから練習まで弾き語りに最適なモデルです。

■ボーカル&エレアコ用マルチエフェクター
■操作性に優れたプロフェッショナル・クオリティのボーカル・エフェクト
■トーン/ハーモニー/HardTune/リバーブ/ダブリング/ディレイ/microMod(コーラス、フランジャー等)/トランスデューサー(メガホン、ディストーション・エフェクト)で構成される充実のボーカル・パス
■グローバル・アダプティブEQ/コンプレッション/ディエッサー/ゲート/ピッチ補正
■ギター入力のコード検出によるボーカル・ハーモニー生成
■2ヴォイス構成のNaturalPlayハーモニーと、2ヴォイスのヒューマナイズ・ダブリング
■TC Electronic Hall of Fame ReverbとCorona Chorusペダル から移植されたギター・エフェクト・スタイルを搭載
■アンダーサドル・ピエゾ・ピックアップを搭載したアコースティックギター用に最適化されたBodyRez EQ、コンプレッション・スタイル
■ボーカルとギターをステレオ・ミックスして、あるいは独立したボーカルとプロ・クオリティのギターDI信号として出力可能
■ギターとボーカル用のVLOOPパフォーマンス・ルーパー、アンドゥ/リドゥ対応
■モニタリングならびに個人練習用のRoomSenseマイクロフォン内蔵
■音楽プレイヤーを直接接続可能にするAUX入力を搭載。USB経由のレコーディングに対応、ボーカル・キャンセル機能搭載
■USB端子を搭載。オーディオ・ストリーミング、ならびにVoiceSupportアプリケーションからプリセット管理/ファームウェア・アップデート/最新ニュースの閲覧が可能
■TC-Helicon MP-75(共に別売)のMic Control機能に対応
■Switch-3フットスイッチ(別売オプション)による外部コントロールの拡張に対応
■ヘッドフォン・アウトプット装備
■寸法(H x W x D):45 mm x 200 mm x 156 mm、重量:1.0 kg

~メーカーサイトの解説より~
Play Acousticは、ボーカルとエレクトリックアコースティック・ギターのプロセッシングを統合した初の製品です。既知の「VoiceLive Play」のシンガー用機能に加え、エレアコ・ギター用にチューニングされたTC Electronic製エフェクトを搭載しています。ボーカル・サウンドを豊かにする各種エフェクトをはじめとして、正確なバッキング・ハーモニー、ベストセラー機から移植されたギターエフェクト、そして声と弦の音を調和させるユニークなプロセッシングと言った様々な機能が、アコースティックのライブ・パフォーマンスに一段の輝きを与えます。


さらに、Play Acousticはステレオ出力、またはDIアウトプットが選択可能な追加出力端子やアンダーサドル・ピックアップを装着したギターからアコースティックのトーンを復元しギタートーンを磨き上げるBodyRezといったライブ・パフォーマンス向けの実用的なツールを搭載しています。

電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

スタッフレビュー

弾き語りをする際、「エレアコ(ギター)とボーカルのどちらにもエフェクトをかけてみたい!」と思ったことはありませんか?しかしどんなものを選んだらいいのかわからなかったり、操作が難しそうだったりと、いろいろ悩みますよね…。しかしこの『Play Acoustic』は、たった1台でそんな悩みを見事に払拭してくれます。内蔵された数多くのエフェクトを直感的な操作でコントロールでき、イメージしたサウンドを簡単に作り出せます。また、お気に入りのサウンドをプリセット、瞬時に呼び出すこともできます。エフェクター初心者だった私でも簡単に操作できました!さらに、ボーカルとギターのサウンドをミックスすることも可能。また、ルーパー機能も付いているので、これ1台であらゆるライブに必要な機能が網羅されています。

サウンドハウスサウンドハウス

「Play Acoustic」はボーカルとエレアコ用に最適なマルチエフェクターです。ボーカル用として同社の「VOICELIVE Play」のエフェクトを搭載し、入力されるギターのコードを検出してヴォーカルハーモニーを生成することができます。サウンドデモを動画内(0:37あたり~)でご試聴頂けるので、是非一度聞いてみてください。そしてエレアコのエフェクターとして、TC ELECTRONIC製の「Hall of Fame Reverb」、また「Corona Chorus」をエレアコ用に合わせて搭載。練習だけにとどまらず、本番でもエフェクトの効果を最大限に引き出して、音の奥行きや広がりをお楽しみ頂けます。「Play Acoustic」を使って歌いながら弾くことに慣れてきたら、早速、みんなの前でレッツプレイ!楽しい演出空間を生み出しながら、是非たくさんの人と、音楽をエンジョイしてみてください。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.5)
  • レビュー数Reviews8
この商品のレビューを書く

2019/10/11

11111暫く使ってみた結論!

投稿者名Reviewed byA.T 【山口県】

非常に使い勝手が良いエフェクターです。私は①普通に薄く3度上でハモる感じ②弱めで上下でハモる感じ③強めに上下でハモる感じ・・・基本はこの3パターンを常時使用としています。場合によっては飛び道具として使用したりもしています。
当たり前ですが基本となる自分のボーカルの音程および音量がきっちりしていなと出音もそれなりになります。
エフェクトの細かい設定が可能なので、ある程度そのあたりの知識がないと使わないほうがボーカルが綺麗との評価もあったりします。
皆さんが指摘のようにギターの音色がライブ途中に変更できない点が唯一の弱点です。空間系のエフェクターを1つ使用すれば全て解決しますが・・・そこだけどうにか本機だけで出来るようになれば1台で100点満点のエフェクターです。

レビューIDReview ID:96653

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/03/01

11111進化するハーモナイザー

投稿者名Reviewed bykop 【兵庫県】

ハーモニーシンガーからの乗換です。
ライヴでも数回使用しましたが全く問題なく、みんなから「どこのエフェクター?」「写真撮らせて」と好評でした。アップデートで、ギターエフェクトにTCのフラッシュバック(ディレイ)が追加され、ギターはそれぞれのプリセットに個別で保存可能になったようで(私のはなぜか出来ませんが・・・)、従来のHall of Fame(リバーヴ)、Corona(コーラス)、BODYREZ(イコライザー)、NOTCH FILTER(ハウリング防止)などはもちろんの事、ライヴでは重宝するものばかり、取説の日本語訳には???なところもありますが、ハーモニーもメモリー出来ますし、観客を驚かせるには、ルーパー並みに楽しいです。そういえば時間はそう長くはないですがルーパーもあります。外部入力の音源をボーカルキャンセル(カラオケ)機能もあって、使いこなすには時間がかかります。(笑)
サウンドはさすがTCエレクトロニックですね。リバーヴやコーラスなどの空間系はすごく綺麗でした。
さらにSwitch3を追加で購入しました。
しいて言うのであれば、ギターエフェクトをフットスイッチでコントロールできないのは不便ですね。

レビューIDReview ID:90159

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/01/14

11111使える

投稿者名Reviewed byこな 【神奈川県】

これでボーカルハーモナイザーは3個目だけれど、これが一番いいかもしれない。結構自然なハモを付けてくれるし、高い声も自然に感じる。
自分の声が高い声が出せないので、これでハモを入れて録音してみると自分の声で高い方のハモが付いているので聞いていて気持ちいい。
細かな設定はまだ試していないけれど、いろいろ面白そう。
リアルタイムにハモを付けるとちょっと不自然なので、MTRで後からハモのトラックを録音すると違和感が無くなる。その際ラインでつないだエレキでコードを弾きながらメインメロディーを歌うとコードに合わせたハモを付けてくれる。わざとタイミングをずらせて歌うとより自然に聞こえる。

レビューIDReview ID:83502

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/12/29

11111すばらしい

投稿者名Reviewed byてくの 【愛媛県】

Harmony Singerからの乗り換えです。
とても良かったですが、ツマミが勝手に回ってしまうのと、操作性がイマイチなのでこちらにしました。
本機は作成したプリセットをフットスイッチで選べるし、ギターエフェクターもあるのでライブには断然使いやすいです。
バンドのハモりで使っています。
綺麗なハモりが簡単に作れます。
ライブでは大好評で、バンドのレベルが数ランク上がりました。
使いこなすには、多少のコツはありますが、すぐに慣れると思います。
皆さんにお勧めします。

レビューIDReview ID:68121

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2015/01/07

11111自動ハモリが楽しいです

投稿者名Reviewed byまるけん 【奈良県】

 Youtubeで植村花菜さん他のデモ動画を見て、面白そうな機材と思って購入しました。
 非常に機能が多いので、まだまだ活用できていませんが、面白いエフェクターです。一人でハモリのある曲を練習できます。ギター伴奏に追随したハーモニーを自動で付加してくれて、楽しいです。
 別個で購入すると非常に高価な、Hall of Fame ReverbとCorona Chorusとが利用できることもポイント高いですね。
 ボーカル用マイクは、ダイナミックタイプと48V電源を必要とするコンデンサーマイクもどちらも使用できますが、マイクのタイプ切替を手動で行う必要があります。
 最初、うまくハーモニーが追随してくれなくて、初期不良か?と思いましたが、ギターのチューニングがずれていたのが原因でした。エフェクター本体にもチューナーがありますので、正確に楽器のチューニングを行っておくことが、きれいなハーモニーを生成させるための必須条件です(・・・あたり前か)。
 音声の出力端子が、XLR端子になってしまいますので、フォン端子でギターアンプやミキサー、外部エフェクト等につなぎたい場合は、XLRメス-フォンのケーブルが必要になります(後発のPlay Electricにはフォンアウト端子があるようですが)。
 ルーパー機能も付いてはいますが、録音時間が短くておまけ程度の機能に思えます。使い方次第かもしれませんが。
 「オプションのギター&ヘッドフォン・ケーブルを使えば、シンプルなインイア・モニタリング環境を構築できます」とありますが、専用のケーブルを扱っている店が見つからず、仕方なく3mのシールドケーブルと100円ショップで買ってきた3mのイヤホンケーブルの延長線を編組チューブで束ねて、似たようなケーブルを自作しました。エフェクターとギターの間の配線が1本にまとまり、シンプルにイヤホンでモニターできるので便利です。
 メイン電源のスイッチが無く、コンセントの抜き差しでしか電源を切れない仕様?は、どうなんでしょう? やっぱり電源スイッチは欲しいですね。また、電池でも使えたらいいのになと思いました。

レビューIDReview ID:53626

参考になった人数:34人

34 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

TC HELICON ( ティーシーヘリコン )
Play Acoustic マルチエフェクター ボーカルエフェクト搭載

商品ID:194956

¥28,800(税抜)

(¥31,680 税込)

  • 送料無料

316ポイント内訳

  • 316Pt

    通常ポイント

  • 316Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top