ここから本文です

SUZUKI ( スズキ ) / M-37C 鍵盤ハーモニカ

SUZUKI ( スズキ )  / M-37C 鍵盤ハーモニカ

  • SUZUKI ( スズキ )  / M-37C 鍵盤ハーモニカ 画像1
  • SUZUKI ( スズキ )  / M-37C 鍵盤ハーモニカ 画像2
  • SUZUKI ( スズキ )  / M-37C 鍵盤ハーモニカ 画像3
  • メーカーサイト
メロディオンの持つ魅力を最大限に引き出した、スズキの自信作。ハイテクニックを駆使して演奏する人のイメージを豊かに表現できます。
■メロディオン
■アルト37鍵
■F-F3
■付属品:立奏唄口・トランペット型唄口・卓奏唄口セット・ソフトケース(ネイビー)

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2017/09/06

1111音色は丸い

投稿者名:ブラックハウス 【岐阜県】

ジャズ、アルゼンチンタンゴをやるために購入。
なぜか私の界隈ではケンハモでジャズやってる人が多い。アルゼンチンタンゴではバンドネオンなどとても手が出ないのでケンハモで代用。
これを買うまでは小学生の頃使っていたヤマハの32鍵モデルでピアソラのリベルタンゴやオブリヴィオンなど吹いてました。

音色は丸く、強引に例えるならアコーディオンっぽい。オクターブで弾くとそれっぽくなります。
しかし、音量はヤマハの32鍵モデルと比べるとやや小さめ。メイドインジャパンで丁寧に作ってありますが、そのせいか、中身が詰まってて鳴ってない感じがします。
ケース付きでまたこのケースが高級感があります。
ヤマハとは鍵盤の形状も微妙に違い、ヤマハはわりとのっぺりした鍵盤なのに対し、こちらは黒鍵が白鍵よりもかなり出ています。
音量は小さめですが、どこかポール・デスモンドのくぐもったアルトを思い起こさせる音であり音色は気に入っています。ジャズやるときはこっちかな?
ホースの接続部にはパッキンが入っており細やかな心遣いがいかにも日本製という気がします。

私は左手で本体を持ってホースを使って吹きますが、付属のホースはヤマハのホースのようにL字になっていないため私のスタイルではやや短く、あとからL字のホースを買いました。スズキのホースにはパッキンが標準装備のようです。
あと、唾抜きもすごくしっかりしたものが付いてますが、これが低音側を上にして立て掛けるときに邪魔になります。ケンハモは吹いたのちは中の水分を蒸発させるため低音側を上にしておくのが良いそうで、そうしないとリードの錆びやカビの発生につながるそうです。唾抜きはバネで動く仕組みのようなので私はいらない布で段を作って唾抜きに干渉しないように立て掛けてます。
L字ホースと唾抜きの位置がちょっと難点で♪4つでした。

レビューID:75445

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

SUZUKI (スズキ)
M-37C 鍵盤ハーモニカ

商品ID:72919

¥5,780(税抜)

(¥6,242 税込)

  • 送料無料

62ポイント内訳

  • 62Pt

    通常ポイント

  • 62Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top