ここから本文です

さうんどはうしゅ

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iLoud MTM モニタースピーカー

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー

  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像1
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像2
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像3
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像4
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像5
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像6
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像7
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像8
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iLoud MTM モニタースピーカー画像9
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
IK MULTIMEDIA製のコンパクト・リファレンス・モニタースピーカーです。カラーはブラック。
■高解像度のコンパクト・リファレンス・モニター
位相特性をも考慮した、透明で歪みのないサウンドを

2016に発売された iLoud Micro Monitor は、そのサイズを超えた低音域の再現力と正確なサウンドで、音楽制作初心者、プロのレコーディング/ミックス・エンジニアからハイファイ・オーディオ愛好家まで、幅広い層に驚きを与えると同時に大きな支持を受けてきました。IK Multimedia はそのコンセプトにさらに磨きをかけるべく、5インチ、6インチ、さらには8インチのスタジオ・モニターにも匹敵する、コンパクト・スピーカーの設計に着手しました。

そして、現代のスタジオ・リファレンス・モニターの音質、正確さ、そして使い易さのすべてに革命をもたらす iLoud MTM が誕生したのです。

iLoud MTM のサウンドを聴けば、もう従来の大型スピーカーに戻ることはできないでしょう。

○iLoud MTMの製品概要
iLoud Micro Monitorの発売から3年、コンパクトなボディーながら8インチのスタジオモニターにも匹敵するパワフルさと詳細なモニタリングを可能にする高解像度コンパクトリファレンスモニターがiLoud MTMです。

ミッドウーファー + ツイーター + ミッドウーファーと上下左右対称に配置(MTM配置)することで、通常の2ウェイシステムでは不可能なほど高精細で、焦点の合った音像を得ています。

そして、最先端のDSP技術によってスピーカーの動作を完全にコントロールし、幅広い周波数帯域に於いてフラットな特性を実現。また、DSPデザインに基づき注意深く設計された各スピーカー間のタイムアライメントによって、全帯域にわたり歪みのない、リニアな位相特性を実現しています。

さらにはIK Multimediaが誇る音場補正システム、ARC Systemテクノロジーをも本体に搭載。同梱の音場測定マイクを使用した自動補正が可能です。

○iLoud MTMの主な特長
- 40 Hzから24 kHzまで超フラットな周波数特性
-リニアな位相特性
- 低域レンジの拡張をコントロール可能
- ニアフィールドでの優れたサウンド
- デスクや省スペースへの設置にも最適
- 独自のARC System 技術による自動音場補正を内蔵
- DSPによる優れたサウンドコントロール
- 1本あたり100W RMSの大出力
- 0度から20度の範囲で角度調整可能なスタンド

○iLoud MTMの主な仕様
・スピーカータイプ:2ウェイ/2スピーカー、バイアンプ仕様デジタルコントロールスタジオモニター
・LFドライバー:2×3.5インチ、ポリプロピレン製カスタムメイドミッドウーファー
・HFドライバー:1インチ、低歪み、バックチャンバー仕様シルクドームツイーター
・DSPによる低域反射補正
・スピーカー1本あたりの内蔵アンプ数:2
・アンプタイプ:高効率クラスD
・総出力:100W RMS
・LF出力:70W RMS
・HF出力:30W RMS
・クロスオーバータイプ:リニアフェイズ、バリアブルオーダー
・クロスオーバー周波数:3.1kHz
・周波数特性:50Hz ~ 24kHz ±2dB(@40Hz -6dB非キャリブレーション時 /-3 dB キャリブレーション時)
・位相特性:±15°(200Hz ~ 20kHz)
・感度(+4dBu):1mの距離に於いて0dBuの信号で100dBのSPL
・感度(+10dBV):1mの距離に於いて-11dBuの信号で100dBのSPL
・最大SPL @1m(1本のスピーカーを正面で再生):103dB(200Hz以上の正弦波)、
95dB(100Hzの正弦波)、93dB(ピンクノイズ)
・調整用スイッチ:LF Extension、LF trim、HF trim、Desk position
 LF Extensionスイッチ:40/50/60Hzから、-3dBの周波数ポイントを設定
LFスイッチ:+2dB/フラット/-3dBから、100Hz以下のローシェルフのトリムを設定
HFスイッチ:+2dB/フラット/-2dBから、8kHz以上のハイシェルフのトリムを設定
Deskスイッチ:-4dB @160Hz、+1dB @1.8kHz
・キャリブレーション:フルオートのデジタルキャリブレーションを内蔵(測定
用マイク付属)
・測定用(ARC)マイクロフォン:無指向性、MEMS仕様の詳細測定用マイク
・DSPによるフルコントロール
・接続端子:バランスコンボ入力(XLR/TRS標準フォーン)、ARCマイク用TSミニフ
ォーン入力、USB type-B(サービス用)、AC電源インレット
・電源:90V ~ 240V AC、オートレンジ、50/60Hz、消費電力120W(最大)
・外形寸法:264mm×160mm×130mm(1本あたり)
・重量:2.5kg(1本あたり、本体+フット)
・付属品:電源ケーブル、ARCマイクロフォン、ARCマイクロフォンケーブル、角
度調整可能なスタンド(0度から20度まで)、横置き用のゴム製フット、ロックキー

【注意】本製品はペアではなく、1本単位での販売となります。

関連商品

スタッフレビュー

個人的にいま一番欲しいモニタースピーカーです!まず、単純にスピーカーとして解像度が高く、クセのない明快なサウンドに惹かれます。そしてこのコンパクトサイズながら40khzの超低域までしっかりモニターすることができます。
極めつけは付属の測定用マイクロホンを使った自動音場補正。これによってどこでも素早く理想のモニター環境をセットアップすることができます。しかもこれがソフトウェアなど不要で、スピーカーとマイクだけで完結します。簡単で早い!マイクのセッティングを含めても3分で完了します。
角度調整用インシュレーター兼スタンドもとても使い勝手が良く、細部まで抜かりがありません。
iLoud MTMはニアフィールドモニタースピーカーとして、一つのイノベーションと言っても過言ではなさそうです!

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews3
5
3件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2023/01/04

11111このサイズでこの音は驚き

投稿者名Reviewed byよしくん 【岐阜県】

引っ越したら以前より狭い部屋になったのとサブウーファーが使えなくなったので以前から気になってたこれを導入。
合わせてスピーカースタンドとしてK&M 23325も導入。
結論から言うと素晴らしいの一言。
補正をかけない素の状態でも中々の物だが、補正をかけると全域から曖昧さがキレイに取れて下限の40Hzまでしっかり見える。
解像度もかなり高く、ヘッドホンでの作業を減らせそうに思う。
ちょっとした不具合があり、サポートと何度かやり取りしたがこの対応も素晴らしいものだったと追記しておく。

レビューIDReview ID:136266

参考になった8

2022/11/22

11111コンパクトながらしっかりと聞こえる

投稿者名Reviewed bytky 【神奈川県】

モニタースピーカーを壁等からできるだけ離したほうがよいものの、狭い部屋故のレイアウトの限界があるので、DSPによる補正があればもうちょっとレイアウトの自由度が上がるんじゃないかと思い、IK製品買うとIK製品プレゼントしているキャンペーンしている時に2つ購入しました。おかげでIKのソフトウェア製品を9割コンプリート状態です。
iLoudよりは大きいですが、モニタースピーカーとしては小型で、AURALEX MoPAD 1個にちょうど乗るくらいの幅で、奥行きも余っています。
スタンドはインシュレーター兼ねているとのことですが、MoPADに乗せたらより音がクリアになったので、乗せて使っています。
肝心のレイアウトの自由度向上ですが、以前よりよくなりました。ただし、補正にも限界があるようなので、補正なしでできるだけ良い音になるようにした後にレイアウトの都合もつける感じにして、その後補正かける感じです。さらにソフトウェア側の補正(ARCなど)もかけてフラットさを追い求めることもできます。
音像定位が良い感じで、解像度よく聞こえます。比較的小さい音量でも綺麗に再生されます。
補正機能付きでこの価格なら、あまり音量が出せないホームユースには最適なんじゃないでしょうか。

レビューIDReview ID:135025

参考になった8

2022/05/07

11111素晴らしい

投稿者名Reviewed byZODIAC 【京都府】

約30年使ってたYAMAHA NS-10M からこちらに乗り換えました。
きっかけは、同社の音場測定プラグインARC system3 での現状のモニター環境の計測と音場補正の効果を実感したからです。
ミックス時だけでなく、通常の音楽のリスニングにもARCで音場補正された状態を適用したいと思い、このスピーカーを購入しました。
結果は予想通りで、低域が見えやすくなり、中域のごちゃつきもなく、スッキリ聴こえてミックス作業が楽になりました。

レビューIDReview ID:129502

参考になった10

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )
iLoud MTM モニタースピーカー

商品ID:262172

¥62,800(税込)

  • 値下げしました
  • 送料無料

6,280ポイント(10%)内訳

  • 628Pt

    通常ポイント

  • 5,652Pt

    ボーナスポイント

  • 6,280Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量 カートに入れる

この商品はご注文後のキャンセルを承ることができません。

キャンセル カートに入れる

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok