ここから本文です

サウンドマート

MOOER ( ムーアー ) / Micro Preamp 020

MOOER ( ムーアー )  / Micro Preamp 020

  • MOOER ( ムーアー )  / Micro Preamp 020画像1
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro Preamp 020画像2
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro Preamp 020画像3
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro Preamp 020画像4
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro Preamp 020画像5
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
Mooer Micro Preamp 020は、ギターアンプの最高峰として世界一と評されたBRUNO UnderGround 30のサウンドをキャプチャしたプリアンプペダル。シルキーでディープ。そして広大なトーンを作るブルーch、豊かなハーモニクスや歌うようなトーンのレッドchを搭載。極上のトーンを小さなペダルで堪能することができます。
■ギター用エフェクター
■プリアンプ
■BRUNO UnderGround 30タイプ
■コントロール
・VOL:音量を調整します。
・GAIN:歪みの強さを調整します。
・TRE:高域の出方を調整します。
・MID:中域の出方を調整します。
・BASS:低域の出方を調整します。
・CH/CAB:プッシュすることでチャンネルを切替えます。また、2秒間の長押しでキャビネットシミュレータのON/OFFを切替えます。
・フットスイッチ:2つの動作モードを備えています。動作モードを切り替えるにはフットスイッチを2秒間長押しします。
アクティブ/バイパス:フットスイッチを押すことでプリアンプのアクティブとバイパスを切替えます。通常のエフェクターのように使うことができます。
チャンネル切替え:フットスイッチを押すことで2つのチャンネルを切替えます。常時ONのプリアンプとして使う際に有効です。
■接続
・DCIN:センターマイナスDC9Vアダプターを接続します。消費電流は300mAです。
・INPUT:楽器側のケーブルを接続します。プリアンプとして使う場合、前段に歪みエフェクターなどを接続することも効果的です。
・OUTPUT:アンプやPA側のケーブルを接続します。アンプのインプットやエフェクトリターン、PAなどに接続します。空間系エフェクトなどは後段に接続すると効果的です。
■スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)
消費電流:300mA
サイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)
重量:160g

~メーカーサイトより~
■Micro Preampシリーズとは
Mooer Micro Preampシリーズは、様々な真空管アンプのサウンドをミニサイズ筐体に収録したデジタルプリアンプペダルです。"Inteligent Amplifier Modeling"テクノロジーにより、本物のチューブアンプが持つサウンド、ダイナミクス、レスポンスをキャプチャしました。

小さな筐体には機能が満載。3バンドEQを搭載し、2つのチャンネルを選択可能、さらにキャビネットシミュレータも内蔵します。フットスイッチはアクティブ/バイパスだけでなくチャンネル切替えスイッチとして使うこともできます。

Micro Preampシリーズのペダルは、エフェクターとしてはもちろんのこと、エフェクトリターンやパワーアンプインプットに接続し、アンプのパワーアンプを直接駆動させることもできます。さらにスピーカーシミュレータを使用してのラインレコーディングも可能。PAやモニターに直接出力することもできます。

■完全独立したデュアルチャンネルを装備
Micro Preampシリーズは独立した2つのチャンネルを選択することができます。操作を行うコントロールノブは共通していますが、2つのチャンネル間でノブの操作が影響することはありません。CH/CABボタンやフットスイッチでチャンネルを切替えると、現在のノブの位置にかかわらず、前回の設定がそのままロードされます。
つまり、一度作った音は、チャンネルを切替えてノブを動かしても影響することがありません。
チャンネルを切り替えるとLEDカラーが変わるため、現在のチャンネルも一目でわかります。

■キャビネットシミュレーター搭載
Micro Preampシリーズにはスピーカーから出た音をシミュレートするスピーカーシミュレータを内蔵し、PAやモニター、オーディオインターフェイスなどに直接接続することもできます。スピーカーシミュレータのON/OFFはCH/CABボタンを長押しすると切り替わります。キャビネットシミュレータがONになっている間、LEDはゆっくりと点滅します。

※画像はイメージです。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.5)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2020/04/05

11111fenderアンプとの相性抜群です

投稿者名Reviewed byejcaster 【東京都】

こちらで購入したわけではないのですが、レビューさせていただきます。
fender Reverb15CEとストラトで使用していますが、アンプサウンドが2ランクくらい上の音になります!
家に居てスタジオでfenderアンプを鳴らしているような感じです、それでいてあまりモサっとしない、良い
意味で真空管らしさもあり、ドライブチャンネルとの切り替えもスイッチング一つで、クランチペダルが
必要なくなりました。
注意点としてこちらの商品の消費電力は300mAのため、パワーサプライを使用している方は注意して下さい。
(私も当初通常のサプライで使用していたため、他のペダルが落ちちゃうなど大変でした)

レビューIDReview ID:102377

参考になった2

2023/11/22

11微妙

投稿者名Reviewed bylemon 【東京都】

キャビシミュオンでラインアウト環境です。
オールド系ロックサウンドをイメージして購入。同シリーズの他ペダルも所有していて使用上の癖は理解しています。
がこの020は自分的には使いこなせず。
キンキンしないタイプのチューブアンプだとは思いますがロックンロール的な元気のある音が作りにくい印象でした。
大人っぽいファットなリードには合うのかもしれません。
ダンブル系のくくりだとは思います。

レビューIDReview ID:144907

参考になった0

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

MOOER ( ムーアー )
Micro Preamp 020

商品ID:259994

¥14,630(税込)

  • 送料無料

731ポイント(5%)内訳

  • 146Pt

    通常ポイント

  • 585Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 731Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok