ここから本文です

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / Quintessence Harmonizer

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Quintessence Harmonizer

  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Quintessence Harmonizer画像1
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Quintessence Harmonizer画像2
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Quintessence Harmonizer画像3
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Quintessence Harmonizer画像4
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Quintessence Harmonizer画像5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
多彩な表現を可能としたMASH技術と強力なTonePrint機能を搭載したインテリジェント・ハーモナイザーペダル。カントリーからメタルまで、どんな音楽スタイルにも対応する様々なスケール・モードを備えた画期的なエフェクターです。

[直輸入品]

■ギター用エフェクター
■ハーモナイザー
■TonePrint対応 - 一流アーティストのトーンを直接移植可能
■フレーズにあわせた完璧なハーモニーを実現
・カントリーからメタルまでの幅広い音楽スタイルに対応するスケール・モードを搭載
・従来のKEY、HARMONYに加え、SCALEの設定が可能となりより最適かつ的確なハーモニーを作成
・最大2声のハーモニーを追加可能
■感圧型エクスプレッションペダルMASH機構搭載
・ペダルスチールのようなベンド効果を実現
・出力されているハーモニーをスケール内の1個上の音へベンド可能
・TonePrintによりベンド幅のカスタマイズもできます
■ラッチ/モーメンタリーのフットスイッチモード切り替え
・常時使用/フレーズ単位使用での使い分けが可能
■トゥルーバイパス/バッファードバイパスの切り替えに対応
■コントロール
・KEY:キーの設定。#スイッチとの組み合わせで半音単位での設定が可能
・SCALE:7つのダイアトニック・スケールモードとカスタムスケール設定
・HARMONY:ハーモニー音の設定。最初の6つでは、ドライ音+1声。7と8ではドライ音+2声の設定が可能。
・MIX:ドライ信号とエフェクト音のバランスの調整。12時地点でユニティゲインとなります。
■電源:DC9V電池 or DC9Vセンターマイナス(別売)
■サイズ:72×122×50mm

関連商品

スタッフレビュー

TC ELECTRONICから遂にハーモナイザーが登場するということで、入荷前から楽しみにしていたモデルです。使ってみてまず驚いたのは、圧倒的な音質の良さ。MIXノブをDRYに回し切ると、バイパスと変わらない音になり、WETに回しきってもデジタル臭さのないサウンドを出力します。また、速いフレーズを弾いた際のレイテンシーもほとんど気になること無く、ツインギター時代のレーサーXばりの高速ハモりフレーズにも対応できてしまうのではと感じます。好みのスケールやハーモニーをTonePrintを使用し設定できるのも大きな魅力。ハーモニックマイナーや、ディミニッシュ、ホールトーンといったスケールでのハモりもTonePrint Editorを使うことで可能になります。ドライとウエットを個別に出力できるステレオアウトも搭載し多彩なセッティングにも対応可能。良質なハーモナイザーをお探しの方は是非サンプル動画をチェックしてみてください。

営業部 / 宮崎  政樹営業部 / 宮崎 政樹

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:4
この商品のレビューを書く

2019/04/02

11111TonePrintを使おう

投稿者名:ねんご 【滋賀県】

「え、これだけしか足せる音のパターン無いの…?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、
このエフェクターはデフォルトでは真価を発揮できません。
TonePrintを使いカスタムする事で真の強さを発揮します。
TonePrintでは自分の作った設定をエフェクターに登録できることができます。
デフォルトでは下2声、例えば-3rdと-5thを足すことが出来ませんが、TonePrintで設定する事で可能になります。
設定の幅はものすごく広いです。
上と下1オクターブで好きな音を足すことができます。
上1声、下1声、上2声、下2声、上下2声、全部可能です。
足した音だけディレイを設定することも、足した音の音量を設定することも可能です。
万能すぎます
PCやiPadを使わなければカスタムできませんが、その手間を含めても大満足の商品でした!
見た目も好きです。

レビューID:91082

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/17

11111素晴らしいハーモナイザー

投稿者名:T.T. 【東京都】

よそから購入しましたが、あまりに素晴らしいのでここにレビューを書きます。

一級品のハーモナイザーです。素晴らしいの一言につきます。

ハーモナイザー/ピッチシフターというと、どうしてもデジタルくさい音になり、音程もヘンテコになり、チョーキングをすると音程の変化についていけず変な動きをして、、、、というような妥協が山ほどでてきますが、このエフェクターはまったくそういった妥協はありません。

音質はあまりデジタルくさくなく、まるでDTMで自分の音を重ね録りしたかのようにナチュラルです。

音程も非常に自然に追随してくれて、ルートとスケールを指定すればそれ通りの音程を出してくれます。ドリアンやリディアンなど、シンプルなメジャー・マイナースケールだけではないハモりかたもできるので、いろんな曲に使えます。

試しに速いフレーズなども弾いてみましたが、ほぼ全くレイテンシーを感じることはなく、素直についてきてくれます。

チョーキングをしても音程の変化は非常に自然です。

MASH機能で強く踏み込むと音程のハモり方が変化するので、うまく使えば基本的なスケールを使用しつつ、特定のコードの時だけそのモードに合わせたハモり方に帰ることもできそうです。

ただ、エフェクトを切り替えるときに強く踏み込むのがクセになっている人は意図せずMASH機能を発動させてしまいがちになるかもしれません。

TCお得意のtone printに対応しているので、独自のスケールを設定することができるそうです。
(ただ、現時点ではまだそれは試していません)。

DRY/WETのつまみでシフトした音の音量を調節するので、WETに振り切ればピッチシフターに、真ん中辺りでハーモナイザーになります。

ハモり方も、4度下、3度上と5度上など、色々選べます。3度下を選択すると、例えばキーCのCコードの時にCを弾くとAが下についてしまい、変な音になることがありましたが、ここではキーをきちんと検知してくれているのでそういうことにもなりません。
個人的には3度+5度が豪華で楽しいです。

不満点は全然ありませんが、強いて言うなら、せっかくtoneprintのスロットが3つもあったのなら、一つぐらいはハーモニックマイナーをデフォルトで入れて欲しかったかなと思いました。

レビューID:79180

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/12/03

1111TonePrint機能で自分の音を作ろう

投稿者名:SPACEMAN 【愛知県】

かなり良く追従してくれます。WET音だけにしてよーく聴くと出だしで少し音程のふらつきがあるように思いますが、DRY音とミックスしていればほとんど気にならないレベルだと思います。
WET音自体は特に味付けもなくといったところで、他社と比べると好みの違いはでるかもしれないと思いました。
TonePrint機能を使えば、±1オクターブも選べることができ、MASH機構を使えば更に1オクターブまで上又は下に変化させることもできます。
また、2声のWET音はそれぞれ音量(減少のみ)、250mmまでのショートディレイ、MASH footswitchでのToneBend量などを設定できるので、自分なりのセッティングを作れるところが良いと思いました。
但し、2声にすると1声のときよりも各WET音の音量が下がるようになっているようです(WET音の音量設定に関わらず)。この場合、各WET音が薄まる感じになりますのでDRY音と各WET音は1:1になりません。できれば各WET音を1:1までは増加できるようにもなっていると良い(又はエフェクト時のアウトプットの音量を増加できると良い)と思いました。
この点で評価4としましたが、結論的には買って良かったと思っています。
自分は、歪み系のエフェクターの後につないでます。更にアンプでも歪ませています(send returnは使っていません)。そんな使い方の中でのレビューとして見てください。
ちなみにハーモナイズさせたミックス音を歪ませると当然のことですが、和と差の周波数の音が混じってくるため奇麗なサウンドになりません。そこでSTEREO OUT で2つのアンプで鳴らすのが良いです。このエフェクターの場合、WET音を1声にした場合は、DRY音とWET音が分かれてステレオアウトできます。しかしながら、WET音を2声にした場合は、2声がステレオで出力されるのはよいのですが、それぞれにDRY音がミックスされて出力されます。DRY音とWET音の2声の出力先を自由に選択できないのは難点です。自分はライブで曲によってTonePrintスロットを切り替えてて使い分けたいため、結局、MONO OUT で使用しています(汗)。
ご参考まで。

レビューID:85053

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/02/06

11機能はいいけど音は…

投稿者名:MacMax 【京都府】

あくまで個人の意見ですが、ちょっと音がこもっているというか抜けが悪い気がしました。ウォームな感じが好きな人にはいいのかもしれません。ピッチシフターは基本、ギターのすぐ後にというのが一般的のようですがデジタル化されたものを歪ました音がどうも好きにはなれないので自分は歪系の後につないでいたのですが、アンプの歪みを使う場合このエフェクターはセンド/リターンにつなぐと音痩せします。コンパクトはどれもそうなるのかと思いショップに問い合わせてみたら「これは大丈夫」ということで購入したのですが、実際つないでみると全く使い物にならない音の痩せ方でした。機能的には素晴らしく全てのキーとスケールに使えるようです。ただしボスのハーモニーストのように上下三声のハモリはありません。と言っても三声ハモリが無いわけではなく、原音から上三度、上五度のハモリになるので原音は一番低いパートを弾かなければなりません( これが結構煩わしい )。二声ハモリは下三度、五度とあるので三声だけ何でこんなシステムにしているのかはよく分かりません。まだ新製品のようなのでこれから色々バージョンアップされるのかもしれませんが、現時点ではまだ痒いところに手が届いてない感じですね。あくまで個人の意見です。

レビューID:79745

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

TC ELECTRONIC (ティーシーエレクトロニック)
Quintessence Harmonizer

商品ID:243521

¥14,800(税抜)

(¥15,984 税込)

  • 送料無料

159ポイント内訳

  • 159Pt

    通常ポイント

  • 159Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top