ここから本文です

BOSS ( ボス ) / AD-10 Acoustic Preamp

BOSS ( ボス )  / AD-10 Acoustic Preamp

  • BOSS ( ボス )  / AD-10 Acoustic Preamp画像1
  • BOSS ( ボス )  / AD-10 Acoustic Preamp画像2
  • BOSS ( ボス )  / AD-10 Acoustic Preamp画像3
  • BOSS ( ボス )  / AD-10 Acoustic Preamp画像4
10
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
ライブ演奏でも妥協の無い最高のサウンドを提供する2チャンネル・アコースティック・プリアンプ/DI。ライブ演奏でも、アンプラグドで弾いた時の様な豊かで自然なサウンドを実現します。アコギに最適化された4バンドEQに加え、緻密なエディットを可能にするサブ・パラメーターも充実。使用する楽器や演奏スタイルに合わせて、つきつめた質の高い音作りを実現します。
■アコースティックギター用プリアンプ
■2ch
■4バンドEQ
■アンチ・フィードバック機能
■アコースティック・ギター本来の「鳴り」を再現するアコースティック・レゾナンス
■独自の先進技術「MDP」によるコンプレッサー、ディレイやコーラス、アンビエンスなどの専用エフェクトを搭載
■スペック
規定入力レベル
・GUITAR IN 1,2:-10dBu(可変)
・RETURN:-10dBu
入力インピーダンス
・GUITAR IN:10MΩ
・RETURN:220kΩ
規定出力レベル
・SEND:-10dBu
・LINE OUT L/PHONES、R/MONO:-10dBu
・XLR OUT L、R:-10dBu
出力インピーダン
・SEND:1kΩ
・LINE OUT L/PHONES、R/MONO:44Ω
・XLR OUT L、R:600Ω
動作モード
・マニュアル・モード
・メモリー・モード
メモリー数:10
エフェクト
・ACOUSTIC RESONANCE (3Type)
・COMP (2Type)
・4 BAND EQ, LOW CUT
・BOOST
・CHORUS (3Type)
・DELAY (3Type)
・REVERB (3Type)
・ANTI-FEEDBACK (REDUCTION, NOTCHx2)
フレーズ・ループ:80秒
ディスプレイ:7セグメント2桁LED
接続端子
・GUITAR IN 1,2端子:標準タイプ
・SEND端子:標準タイプ
・RETURN端子:標準タイプ
・XLR OUT L、R端子:XLRタイプ
・LINE OUT L/PHONES、R・MONO端子:標準タイプ
・EXP/CTL1,2端子:TRS標準端子
・USB COMPUTER端子:USBタイプB
・DC IN端子
■電源
・ACアダプター
・アルカリ電池(単3形×6)
・消費電流:300 mA
・連続使用時の電池の寿命:アルカリ電池:約6時間
(※使用状態によって異なります)
■付属品
・取扱説明書
・「安全上のご注意」チラシ
・保証書
・ローランド ユーザー登録カード
・ACアダプター
■寸法:217(W)x161(D)x65(H)mm
■重量:1.3kg(電池含む )

関連商品

スタッフレビュー

最先端のアコギ用プリアンプAD-10。アコースティックギターの生音と、アンプを通した時の音がなんか違うなぁと感じていたら是非試してください!幅広い音作りが可能なコントロール部により、失われがちな本来のサウンドを手に入れることができるでしょう。前モデルから引き継いでいるアンチ・フィードバック機能、ディレイやコーラスに加え、コンプレッサー、ルーパーまで搭載。高機能を簡単操作で使いこなせる画期的なモデルだと思います。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:4
この商品のレビューを書く

2017/12/04

11111なかなか良いと思います

投稿者名:エディ 【東京都】

ずっとエレキだった僕には扱いやすく、音質も納得できるものでした。何より、コンパクトなボディがありがたいです。色も実際はメタリックで、ベタ塗りに見える商品写真より高級感があります。

この機種を選んだのは、プリアンプとして当初導入した、L.A.Baggs Gigproが、自分にはドンシャリでノイズの多いプリアンプという印象でしかなく、代わりにもっと素直な特性のプリアンプを探していたこと。また、プリ導入の目的がFishman Neo-Dシングルのゲインアップなのですが、同時に、エフェクトを常用したく、とくに歪み系のエフェクターをループに仕込んでおきたいと思ったからです。

まず音質ですが、若干のデジタル痩せを感じないでもありませんが、オールバイパス時はほぼ無色透明で、各エフェクトも控えめで好感が持てます。ノイズに関しては、AD-10はどうやらステルスでノイズサプレッサー的な機能がビルドインされている気がします。一瞬聴こえるハムを抑え込むような感じです。ただこれは非常に自然です。

ただ唯一気になったのはEQで、EQがオンの状態ではツマミがフラットでも音色に変化を感じます。またEQの効きに関しては僕はオフにしていて使用していないので分かりません。

そしてFXループですが、このエフェクターは、外付けのフットスイッチや内蔵のフットスイッチをFX Loopに割り当てることで足でもFX Loopをオン/オフできます。もっと言ってしまうとフットスイッチに、たとえばディレイとFX Loopとブーストを割り当てておくと、1個のフットスイッチのオン/オフで同時にこれらをオンにしたりオフにしたりできます。本体のフットスイッチも、表示にBoost とか Delayとか書かれていますが、それを無視して好きなエフェクトを割り当てることが可能です。じつは、このことの説明が、取扱説明書では非常に分かりにくく、できるのかできないのかをサポートに問い合わせて「できる」という証言を得てやっと購入に踏み込んだ次第です。

このトリセツは見た目を簡単にしようという試みからか、重要なところをすっ飛ばしてしまってかえって分かりにくい、言葉足らずなものになっています。PA接続時音色の良し悪しや、ハウリング制御などの実力は不明。

追記:ノイズサプレッサーはEQに含まれていました

レビューID:77851

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/09/28

1111使えるとおもいます。

投稿者名:さかな 【奈良県】

ギターのピックアップはAnthem SL(+ドレッドノート)、Skysonic Pro-1(+グランドコンサート)、中華製廉価版エレアコ(マグネティックPU)の3台、パラアコと比較です。アンプはRoland AC-33です。
Acoustic resonanceは、Anthem SLでは効果が抜群で上げると音がまとまり気持ちよくなります。Skysonic Pro-1ではそれほどの感動はないですが、味付けが変わるのがわかります。
CompはいずれのPUでも自然で効きがよく、これだけでも使う価値があります。
EQは4バンドあるので、Trebleを下げてPresenceを上げる(またはその逆)ことができ、音のキャラクターを変える自由度が高いのが良いです。同じ4バンドのパラアコよりもやや効きはおとなしい感じがしますが使えます。
Chorus, Delay, Reverbはバラエティーが少なく専用機より劣る(特にDelayは強くすると直球な感じで残念)が、これ1台で済みトラブルレスなこと、荷物が減ること、電池駆動で完結すること、Delayを強くしなければ自然で聞き手にはおそらく違いが分からないことから、利用価値が大きいです。
Anti-feedbackはオートでしっかり機能するので使える印象です。
すべての効果をOFFにしたとき、通さないときより少し音がおとなしくなる印象です。パラアコはALLフラットでも音が元気になるのと対象的です。
操作性について、直感的にわかる部分と、裏メニューのような理解しがたい部分があります。サブパラメータも変えて好みが調整ができるのですが、ちょっと試奏でさわったくらいでは、ポテンシャルがわからないのが残念です。
化石のようなディスプレーはもっとも残念なところです。値段不相応です。
気になる点として、もともとハウリングしにくい中華製廉価版エレアコを本機に通すと何故かハウリやすくなり、音が明らかに劣化します。ギターが悪いのかもしれませんが。
私の結論では、Anthem SLでは是非使いたい、Skysonic Pro-1ではパラアコとどちらか迷うがコンプやエフェクトがあるので使えるな、というところです。細かな操作性とディスプレーの悪さ、相性がある点が−1です。
追記:その後、相性問題は、PA側の不適切な設定が原因でした。

レビューID:82999

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/11/29

1111素晴らしい

投稿者名:Oko 【大阪府】

ソロギターをしています。
二系統のデュアルシステムを搭載の方で、プリアンプなどでステレオの入力の者をモノラルで二つに分けて出力した音を一つにまとめたい方には特にオススメかと思います。

なぜなら、それぞれの入力にイコライジングができ、アンチフィードバックが優秀です。

設定やいじり方は難しいですが、小1時間ほど触ればコツは掴めるかと思います。
無料でBOSS ad10の取扱説明書が公式にも載っていますし、YouTubeなどにプロのソロギターの方が使い方や使用例などを載せています。

設定などが難しいですが、その分様々な事に応用はできるかと思います。
もちろん、デュアルシステムじゃないピックアップにもオススメです。
私は、LRバックスのリリックにもこのDIを繋げてます。


最後にあえて、不満な部分を記載します。
イコライジング、ボリューム、アンチフィードバック、コンプ以外のツマミは使用していません。
なぜなら、必要と思えないし、実践で使いたいと思いません(悪くは無いですが、正直他に良いものがあるのでそれを使う。)。
上記より、最低限のツマミやボタンでコンパクトで軽量にしてもらえれると、最高だと思いました。

レビューID:77736

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/10/05

111微妙な感じです

投稿者名:123 【兵庫県】

一聴して、いい感じだったんですが、いろいろ突き詰めていくと、無いときの音が一番よく、結局使えませんでした。使っているピックアップはテイラーのES2です。

エフェクター類は、そういう狙った音作りにしたい人は使えると思います。

ルーパーは面白いですが、独立しての本格的なルーパーと比べると機能が不十分で、一人で遊ぶのには使えてもライブなどには不向きかと思います。

レビューID:76195

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

BOSS (ボス)
AD-10 Acoustic Preamp

商品ID:241545

¥35,000(税抜)

(¥37,800 税込)

  • 送料無料

3,780ポイント内訳

  • 378Pt

    通常ポイント

  • 3,402Pt

    人気ブランド ポイント最大10倍キャンペーン

  • 3,780Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top