ここから本文です

final ( ファイナル ) / Heaven IV VIOLET

final ( ファイナル )  / Heaven IV VIOLET

  • final ( ファイナル )  / Heaven IV VIOLET 画像1
  • final ( ファイナル )  / Heaven IV VIOLET 画像2
  • final ( ファイナル )  / Heaven IV VIOLET 画像3
  • メーカーサイトManufacturer Site
エア・コントロール機構BAMを進化させ、よりシンプルな構造で小型化を実現。ライブ会場の生々しい雰囲気を余すところなく再現。カラーはバイオレットです。
<特徴>
・シンプル構造でスリムボディを実現
・バランスド・アーマチュアドライバーを1基搭載
・自然な音質と立体感のある空間表現をリアルに再現
・筐体内の空気の流れを最適化する独自技術のBAM(Balancing Air Movement)をさらに進化

<仕様>
■製品名:Heaven IV VIOLET
■型番:FI-HE4BVI3
■カナル型イヤホン
■筐体:ステンレス削り出し
■ドライバー:バランスド・アーマチュア型
■インピーダンス:16Ω
■感度:112dB
■コード:約1.2m
■カラー:バイオレット
■質量:約16g

関連商品

スタッフレビュー

■高級感漂う高音質イヤホン

近年のイヤホンブームにより、さまざまなイヤホンが発売されていますが、私の激推し必須ブランド、それが「final」です。
見た目から漂う高級感。筺体はステンレス削り出しとなっており、付属のキャリーケースは人々の所有欲を十二分に満たしてくれるかと思います。
ケーブルはフラットケーブル(きしめんケーブルとも呼ばれます)が使われており、タッチノイズが限りなく抑えられ、耐久性にも優れています。私はこのイヤホンとはおよそ3年の付き合いですが、今でも現役で活躍してくれています。
私がこのイヤホンに惚れ込んだ点は、やはり音質面です。ドライバーには、バランスド・アーマーチュア型(以下BA型)が1基搭載されています。他メーカーだと、価格が高くなるにつれ、ドライバー数が増える傾向がありますが、finalは全モデルがシングルで搭載されています。BA型ドライバーの特徴として、きめ細やかな解像度があげられますが、ダイナミック型と比べて音場が狭く低音が弱くなる傾向があります。しかし、Heaven IVは、BA型の中でも低音がしっかりと出ているように感じます。さらに、付属のオリジナルイヤーチップを付け替えることで、より低音の量が多くなる印象を受けます。高音も刺さらず自然と煌びやかに奏でてくれるため、女性ボーカルの曲などでは、高度なパフォーマンスを披露してくれます。また、独自の技術BAM(Balancing Air Movement)により、奥行きのある立体的な空間表現も上手です。
音の解像度などBA型の長所を引き出しつつ、低音も十分に再生するバランスの取れたおすすめイヤホンです。

営業部 / 玉井 駿平営業部 / 玉井 駿平

レビューを投稿するWrite a Review

  • この商品のレビューを書くWrite a Review

final ( ファイナル )
Heaven IV VIOLET

商品ID:210086

¥13,470(税抜)

(¥14,817 税込)

  • 送料無料

148ポイント内訳

  • 148Pt

    通常ポイント

  • 148Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top