ここから本文です

HOME

担当イチオシ!おすすめの高音質イヤホン特集

担当イチオシ!おすすめの高音質イヤホン特集

通勤・通学など、移動中の音楽鑑賞には欠かすことのできないイヤホン。近年では、Apple musicやSpotifyのような音楽配信、YoutubeやNetflixのような動画配信などのオンラインストリーミングサービスを、スマートフォンやタブレット端末で鑑賞する機会がとても増えています。そんな中、国内外の多くのメーカーがより高音質で楽しめるイヤホンを次々に販売。お気に入りのイヤホンが見つけられるよう、サウンドハウスのヘッドホン・イヤホン担当が、自信をもっておすすめできる高音質イヤホンをご紹介します。

  • SONY ( ソニー ) / MDR-EX800ST プロフェッショナルイヤホン

    高音質イヤホン  SONY ( ソニー ) / MDR-EX800ST プロフェッショナルイヤホン

    MDR-CD900STを開発したソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発した、ステージユースのインイヤーモニター。音の距離感やバランスを掴みやすく、全ての楽器を鮮明に聴きとることができる音作りはさすが天下のソニー。ライブステージやPA現場など、ある程度大きな音量でモニターしなければいけない場合でも、音のレンジが広く、とても聴きやすい音質。まるでモニタースピーカーで聴いているかのようです。イヤホンとは思えないしっかりとした音圧は、ベース、ドラム用のイヤモニとしても最適。ハイハットやギターのカッティングのようなミュージシャンの繊細なニュアンスも、大音量でもしっかりと表現する再現性の高さもおすすめのポイント。イヤモニだけでなく、リスニング用としても申し分ないサウンドを提供してくれます。

    詳細を見る

  • ETYMOTIC RESEARCH(エティモティックリサーチ) / ER4SR

    高音質イヤホン ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER4SR

    バランスド・アーマチュア型イヤホンの草分け的ブランド、ETYMOTIC RESEARCHの最上位モデル。前機種ER4Sのサウンドをベースに、一段とアップした音の解像度、低域から高域までフラットなサウンドが秀逸。ETYMOTIC RESEARCHの集大成と言いたくなる、イヤホンの名機です。特長的なフラットな音質は、バランスや定位を把握しやすく、音の一つひとつを手に取るように聴き取ることができます。従来のモデルよりも若干低音の量感もあり、ベースやバスドラムは心地よく聴こえ、音楽を目の前で聴いているような生々しいサウンドが持ち味です。オーケストラやコーラスも前後左右に音の拡がりがあり、モニターライクな音質ながらも音楽鑑賞用としても十分に対応。さらに、ETYMOTIC RESEARCHユーザーには朗報。ケーブルはMMCXプラグの着脱式となっているため、万が一の断線にも安心。ユーザー自身でリケーブルしたりと、拡張性のあるところも嬉しいポイントです。

    詳細を見る

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top