ここから本文です

HOME

ワイヤレスイヤホンとは? おすすめランキング【2018年 秋】

通勤や通学時に音楽を楽しみたい!スポーツをしながら音楽を聴きたい!そんな皆さんの願いを叶えるのがワイヤレスイヤホン。音質にこだわったものや、ケーブルがない話題の左右独立タイプなど、各種メーカーから登場しています。どれを選んでいいか分からない、接続の仕方がイマイチ分からないという「ワイヤレス初心者」の方々のお悩みを一気に解決!自分に合ったワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめの製品をご紹介します。

ワイヤレスイヤホン 用途別 おすすめランキング
ブランド別!おすすめの人気ワイヤレスイヤホン 【2018年】

ワイヤレスイヤホンとは?

オーディオ機器とイヤホンをケーブルで接続せず、主にBluetoothという規格で接続するイヤホンをワイヤレスイヤホンと呼びます。ケーブル要らずで、オーディオ機器をバッグやポーチに収納したままでも、音楽や通話を楽しむことができます。ダンスやスポーツを楽しみたい人、通勤・通学中に音楽を聴きたい人におすすめです。
また「iPhone7・7Plus」からイヤホンジャックが廃止になったイマ!iPhoneユーザーの方はライトニング変換コネクター不要のワイヤレスイヤホンに乗り換えるのはいかがでしょうか?

ワイヤレスイヤホンメリット

  • コードが絡まらない

    イヤホンをカバンやポケットにしまうと、取り出すときに絡まってしまった経験はありませんか?ワイヤレスイヤホンなら、バッグの中でケーブルが絡まる心配や、音楽を聴いている最中にケーブルを引っ掛けて耳から抜けるという心配もありません。ワイヤレスイヤホンはケーブルの煩わしさから解放された、快適な使用感がおすすめのポイント。

  • カバンの奥にスマホを入れたまま音楽が聴ける

    ひとたびイヤホンをワイヤレスで接続してしまえば、カバンの奥やポケットに入れたままでも音楽を楽しむことができます。通勤・通学の移動中に音楽を聴きたいという方におすすめです。

  • 断線しにくい

    スマホ、音源機器とイヤホン部分は無線でつながっているので、ケーブルを引っ掛けて断線する心配は無用です!

  • コンパクトで軽量

    ケーブルがない分、本体をコンパクトにまとめることができ、手軽に持ち運ぶことができます。

  • 音も良い

    Bluetoothだから音が悪いなんて言うのはひと昔前の話。近年発売されているワイヤレスイヤホンは、有線タイプのイヤホンにも負けないくらい高音質。中にはハイレゾ相当の高音質をワイヤレスで楽しめるものも販売されています。

ワイヤレスイヤホンデメリット

  • イヤホン本体の充電が必要!

    イヤホン本体に小型のバッテリーを搭載し、ワイヤレスでも音楽を再生できる仕組みになっています。それに伴い、イヤホン部分のバッテリーを充電する必要があります。バッテリーの持ち時間は製品によりますが、使ったその日は充電をお忘れなく!

  • スマホのバッテリーの消費が早い!

    Bluetooth(無線)機能を使ってイヤホンを接続するので、スマホや再生機器のバッテリーは有線のイヤホンよりも消費することになります。しかし新しいバージョンのBluetooth接続は省電力化が進んでいます。スマホのバッテリーをあまり気にせずにワイヤレスイヤホンを使うことができます!

  • コンパクトゆえになくしやすい

    コンパクトで軽量という魅力は、裏を返せばなくしてしまうリスクがあるとも言えます。袋やケースで保管するのがおすすめです!左右一体型のワイヤレスイヤホンなどなくしにくい製品を選んでいただくのもご検討ください!

ワイヤレスイヤホン種類

完全ワイヤレスイヤホン

左右のイヤホン部分を繋ぐケーブルが一切ないタイプの左右独立型のワイヤレスイヤホンです。本体がとても小さくとても軽量なのが魅力です!ランニングやダンスなど、激しい動きをしてもケーブルが引っかかることはありません!

左右一体型ワイヤレスイヤホン

左右一体型とは、左右のイヤホン本体部分のみがコードにつながっている製品のことです。ケーブルが短く絡みにくいのが特徴です。イヤホンの片方をなくす心配がないので安心です!

完全ワイヤレスイヤホンの人気商品 TOP3

  • Yell Acoustic / Wings

    6,210円(税込) 5,750円(税抜)

    10,000円以下という圧倒的低価格かつ、Bluetoothバージョンは最新5.0に対応するコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン。専用のケースからイヤホンを取り出すだけでオーディオプレーヤーとペアリングできるオートペアリング機能を搭載。さらに防滴性能も備え、ランニングやジムトレーニングなどで使用しても汗や水しぶきを心配することなく使用できます。欲しい機能が全部入った、至れり尽くせりのイヤホンです。カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色展開。

  • SONY / WF-SP700N

    21,276円(税込) 19,700円(税抜)

    イヤホン・ヘッドホンの大御所SONYのスポーツ対応イヤホンWF-SP700Nは、他社製に比べると、やや高めな価格ながらも、音質、機能、デザイン全てにおいて申し分のないイヤホンです。左右独立の完全ワイヤレスイヤホンでは初となる「デジタル・ノイズキャンセル機能」を搭載。リスニング中は周囲の騒音を効果的に低減。SONYの音響技術「EXTRA BASS sound」も搭載し、ワイヤレスでも有線タイプと同様に質の良い低音を再生します。カラーはブラック、ホワイト、ピンク、イエローの4色展開。

  • NUARL / NT01

    11,664円(税込) 10,800円(税抜)

    都会的なデザインと高音質で注目を集める日本発のイヤホンブランドNUARL(ヌアール)の完全ワイヤレスイヤホンNT01。他社には無い「HDSS」という音響技術を採用し、高解像度、抜けの良いクリアな中高音を再生します。Bluetoothバージョンは5.0対応。遅延や音切れを限り無く低減。高品位なサウンドとスーツスタイルにもぴったりなミニマルなデザインは、ビジネスマンにもおすすめのアイテムです。

左右一体型ワイヤレスイヤホンの人気製品 TOP3

  • TAOTRONICS / TT-BH07

    2,999円(税込) 2,777円(税抜)

    激安ワイヤレスイヤホンの代名詞TAOTRONICS / TT-BH07。iPhoneのイヤホンジャック廃止に合わせて登場したTT-BH07は、ワイヤレスイヤホンを身近なアイテムに押し上げたといっても過言ではないですね。安くたって高性能。コーデックもaptX対応で遅延や音切れのない高音質再生を実現します。初めてのワイヤレスイヤホンにぴったりなエントリーモデルです。カラーバリエーションはブラック、レッド、イエロー、ブルーの4色展開。

  • SHURE / SE215SPE-B-BT1-A

    17,874円(税込) 16,550円(税抜)

    カナル型イヤホンのベストセラー「SE215」をワイヤレスにモディファイした「SE215SPE-B-BT1-A」。SE215の特徴的な豊かな低音と、奥行きのある臨場感をワイヤレスでもしっかりと実現。ロックやポップス、ダンスミュージックのようなテンポの速いジャンルから、ミドルテンポのジャズ、クラシックまでこなす優等生モデル。音質はさることながら、鮮やかなトランスルーセント・ブルーが目を引きます。

  • audio technica / ATH-CK200BT

    4,546円(税込) 4,210円(税抜)

    ATH-CK200BTは、audio technicaらしいタイトで迫力あるサウンドが特徴。低音好きな方にピッタリなイヤホンです。コンパクトな作りの本体は、アクセサリー感覚で身につけられる点も◎。シンプルなデザイン、カラーは女性にもお勧めです。お手頃価格で音も良いコスパに優れたワイヤレスイヤホン。

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSEがSHOWROOMでMUSICIANを目指すBOYS&GIRLSを応援する! SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top