ここから本文です

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / mk5 カナル型イヤホン

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / mk5 カナル型イヤホン

  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / mk5 カナル型イヤホン 画像1
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / mk5 カナル型イヤホン 画像2
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / mk5 カナル型イヤホン 画像3
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / mk5 カナル型イヤホン 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
耳にコンパクトに収まる小さい筺体のハウジングは、装着していても邪魔にならず、通勤や通学、スポーツ時の使用に最適。

リーズナブルな価格帯で、ETYMOTIC RESEARCHの高品質なサウンドを楽しめるmk5。独自の音響技術「ACCU・チャンバー・テクノロジー」を採用し、ETYMOTIC RESEARCHらしい原音に忠実な音質をしっかりと受け継いだ、コストパフォーマンスに優れたイヤホンです。

<特徴>
■楽曲の繊細なディティールまで正確に再生する、優れた原音再生力を実現します。
■耳にコンパクトに収まる小さい筺体のハウジングは、装着していても邪魔にならず、通勤や通学、スポーツ時の仕様に最適です。
■低域から高域の全体域まで、癖の無いナチュラルなサウンドを再生。
■優れたノイズアイソレーション機能は、周囲の騒音をしっかりと遮音します。周囲の音を気にせずに耳への負担が無い適切な音量で楽曲を楽しむ事ができます。
■ハウジングのカラーは、光沢のあるグロスフィニッシュが施されています。

<仕様>
■カナル型イヤホン
■周波数特性:20~15,000Hz
■ドライバー:高出力6mmネオジウムムービングコイルドライバーユニット
■ノイズアイソレーション:35~42dB
■インピーダンス:32Ω
■感度:95dB
■最大出力:120dB
■ケーブル長:約1.3m

関連商品

スタッフレビュー

人気イヤホンブランド「ETYMOTIC RESEARCH」の入門モデルが「mk5」。おすすめしたいポイントは2つ。「超小型のハウジング」と「コスパ優秀なサウンド」です。

小指の先くらいしかない超コンパクトなハウジングは、男性だけでなく、女性や子どもにもぴったりな大きさ。耳にぴったりと収まるので、上からニットキャップを被っても邪魔になりません。ドライバーユニットには6mm径のダイナミック型を採用し、ETYMOTIC RESEARCHらしい、バランスの良い、原音に忠実なサウンドをしっかりと受け継いでいます。音の解像度も同価格帯の中ではトップレベル。初めてETYMOTIC RESEARCHのイヤホンを手にする方は驚くこと間違いなしです。

価格も5,000円以下とリーズナブルで、音の鮮明度が抜群に優れており、「iPhoneやスマートフォン付属の純正イヤホンからグレードアップしたい」時にぴったりです。低音は少し控えめですが、品の良い落ち着いた低音はポップスやボーカル系、クラシックやジャス、インストまで幅広いジャンルに対応します。

ちょっと影の薄い「mk5」ですが、実はジャンルを問わない万能型のサウンドとコストパフォーマンスに優れた、隠れコスパ優秀イヤホンなのです。

営業部 / 山崎 真営業部 / 山崎 真

普段からアニメを長時間観ているので、どちらかというと音質よりも装着感重視で選んでいましたが、mk5は音質も装着感もばっちりです。以前から「3段フランジイヤーチップだと耳が痛くなるかも」と思っていましたが、実際に使用してみると「イヤホンを装着してる」感覚が無く快適な着け心地。長時間の使用にぴったりですね。

肝心の音質は、くせのないスッキリとした聴きやすいサウンドです。やや高音がしっかりと出ている感じがあり、ギターの音や女性ボーカルの歌声はすごくクリア。輪郭のハッキリした音が印象的でした。高音が多いボカロ曲や、最近多い女性声優が歌うアニソンにも向いていると思います。

ETYMOTIC RESEARCHのイヤホンは遮音性がとても高いので、通勤・通学時にも最適です。緩いカーブのかかったプラグの形状は、ケーブルを音楽プレイヤーに巻きつけて収納する際、プラグに根元がかからないように考慮した仕様になっています。デザインもシンプルで格好良く、年代問わず使用できると思います。

イヤホン初心者の私も心変わりしてしまいそう。エントリーモデルのイヤホンからの1つグレードアップしたい方にもお勧めのイヤホンではないでしょうか。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:2
この商品のレビューを書く

2017/07/08

11111これはお買い得では...

投稿者名:たっきー 【東京都】

 興味半分で手を出してしまいました.キッズ用のものをインピーダンス調整したくらいなんだろうけど,お手軽3段フランジもいいなぁ,と.
 聞いてみて,ちょっとびっくりです.
 ER-4P等と比べると音が頭の中に近づいて来る感じで,アコースティックギターの弦の弾きが多少耳につく感じですが(ER-4Bに近い),サ行の刺さりもなく,質の良い音です.
 MC5のフィルタがハマったので,そのまま使ってますが,こちらの方がフラットな感じがしますね.
 MC5よりも軽くスリムでスポーツ用のイメージでもあるのでしょうが,通勤の普段使いにも便利です.イヤピースをコンプライにすると遮音もバッチリで,音漏れもせず,使い倒し中です.

レビューID:74040

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/07/30

1111Etymotic Researchのナイスな入門機

投稿者名:ささ 【千葉県】

 Etymotic Researchと言えば、一貫して原音忠実性の高さを売りとしている印象です。同社のエントリーモデルと言うと、以前ならhf5,mc5でしたが、現在は当mk5が妥当でしょう。
 mc5は聴いたこともありませんが、hf5や上位のER-4Sを聴くと、mk5も十分な品質であることが分かります。流石に価格が2倍4倍と違いますので、差は感じます。具体的には周波数帯域の広さと各帯域の解像度です。屋外で聴いても気づく差ですが、対してmk5と同価格帯のイヤホンと比較すると、mk5の解像度の高さや原音忠実性に驚かされます。そんな立ち位置のイヤホンだと思っています。

 最近は5000円クラスでも良質なイヤホン・ヘッドホンが発売されています。その中でもmk5は買いだと思います。個人的には、この価格帯のモニターヘッドホンを購入するより、mk5を購入した方が余程モニタリングしやすいと考えています。
 
 トリプルフランジの装着性も含め、5000円台にしては玄人向きなイヤホンだと思いますが、モニター調、解像度、原音忠実性あたりを重視する人には検討してもらいたいですね。

レビューID:74551

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ETYMOTIC RESEARCH (エティモティックリサーチ)
mk5 カナル型イヤホン

商品ID:198794

¥4,790(税抜)

(¥5,173 税込)

  • 送料無料

51ポイント内訳

  • 51Pt

    通常ポイント

  • 51Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
みんなでつくる新音楽用語事典 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top