ここから本文です

EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエーカーデヴァイセズ ) / Organizer Polyphonic Organ Emulator

EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエーカーデヴァイセズ )  / Organizer Polyphonic Organ Emulator

  • EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエーカーデヴァイセズ )  / Organizer Polyphonic Organ Emulator 画像1
  • EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエーカーデヴァイセズ )  / Organizer Polyphonic Organ Emulator 画像2
  • EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエーカーデヴァイセズ )  / Organizer Polyphonic Organ Emulator 画像3
  • EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエーカーデヴァイセズ )  / Organizer Polyphonic Organ Emulator 画像4
ギターの音をオルガンのトーンに変換する、ポリフォニックのオルガンシミュレーター。レスリースピーカー特有のうねりや温かみのあるオルガンのトーンを再現します。
■ギター用エフェクター
■オルガン・エミュレーター
■コントロール
・UP:オクターブアップの音量調整
・Down:オクターブダウンの音量調整
・Choir:原音とオクターブアップ、オクターブダウンのミックス割合の調整
・Direct:原音の音量調整
・Tone:音質の調整
・Lag:エフェクト音のディレイタイムの調整
■電源:DC9Vセンターマイナス(別売り)
※電池での動作には対応していません。

~メーカーサイトより~
Organizerはポリフォニックのオルガンシミュレーターです。ギターの音をオルガンのトーンに変換するとてもユニークなエフェクターです。レスリースピーカーから出てくる独特なうねりや温かなオルガンのトーンを再現しています。
設定次第でロックオルガンや、荘厳なパイプオルガンのような音作りも可能です。
追従性が高く、ギターでもベースでも全ての音域に対応し、単音で弾いた音を和音のようにふくよかなトーンに変えることもできます。もちろんポリフォニック仕様なので和音にも対応しています。
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

レビューを投稿する

  • この商品のレビューを書く

EARTHQUAKER DEVICES (アースクエーカーデヴァイセズ)
Organizer Polyphonic Organ Emulator

商品ID:176728

¥26,000(税抜)

(¥28,080 税込)

  • 送料無料

280ポイント内訳

  • 280Pt

    通常ポイント

  • 280Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top