ここから本文です

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / Ultraglide 65 String Conditioner

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ )  / Ultraglide 65 String Conditioner

  • JIM DUNLOP ( ジムダンロップ )  / Ultraglide 65 String Conditioner 画像1
  • メーカーサイト
■ストリングコンディショナー
~メーカーサイトの解説より~
■弦を錆と汚れから守り、使用時間を延ばします。弦の表面を滑らかにし、擦弦音を減らしくれます。

商品レビュー

  • 総合評価:11100(3.4)
  • レビュー数:5
この商品のレビューを書く

2016/12/20

11111旅は終わった。フィンガーイーズ、556、ピカール…

投稿者名:SRV 【東京都】

毎日弾くエリクサーユーザーでクロスで塗布している者のレビューです。
今まで弦を長持ちさせながらも演奏性が良くなるようなメンテナンス品を探し求めてきましたが、これで落ち着いています。
ピカール:弦のコーティングが剥がれる。潤滑が低い。
556:臭いがきつい。乾きが早く潤滑が長持ちしない。
フィンガーイーズ:特に問題なく10年近く愛用したが、65には劣る部分もある。
その65の良い点は、
・スプレー式はクロスで取ってもどうしても周りに飛散するが65はそれがない。
・先端のスポンジ部分をクロスに一度軽く押し付けるだけで全弦に塗布できるので、ドバっと必要以上に出ることがない。
・匂いはミント系でさわやか。(個人差あり?)
・圧倒的にコスパがいい。
・小さくて安定性が高いのでアンプの上に置いて、弾く前後にサッと使えて利便性が高い。
・ルックスがいい。ジムダン65シリーズを並べて置くだけでギタリスト上級者の仲間入りをした気分になれる。

レビューID:68716

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2011/03/18

11111愛用品

投稿者名:だって好きなんだもん 【栃木県】

キャップを開けると、ボトル先端がスポンジ状になっていて、この部分を対象に押し当てると中のクリーナー液がじんわりにじみ出る仕組みになっています。このままだとたしかにイマイチ使いにくい商品ですが、TheStringCleannerの黄色いスポンジ部に滲みこませて使うと、大変便利です。ただし、TheStringCleannerのあのスポンジは、さらに一層剥がれやすくなります。慣れると剥がさずに使い込めます。最強の組み合わせかと思います。
臭いはあくまでアメリカ的。私にはウェルカムな香りです。また弦の死亡が早まったとの言説は、理解に苦しみます。
いい商品です。

レビューID:22616

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2010/07/23

1111ギターよりベース向けかな

投稿者名:ELMark 【三重県】

GHSのFAST-FRETの中身が液体バージョンって感じの商品で、筋肉痛などの時に塗るアンメルツヨコヨコのような構造ですね(例えが真っ先にこれが思い浮かびました)
圧力かけて押し付けないと中身が出てこないので、使い方としてはブリッジ付近のところの弦に押し付けて中身を出してから、弦全体を滑らす用に塗るのが適切でしょうか。
また塗る部分の毛羽立っているところをハサミでカットする事をお薦めします。弦高が低いギターだと指板にまで当たってしまって、ギターに悪そうなので。指板にまで塗ってしまわないよう弦に塗るには少し気を使いますね。弦が太いベースなら大丈夫だと思います。
あとこの商品を塗ると気のせいか弦が死ぬのが早くなった気がします。それでも中身をPEAVEY SCLEANERやPLANET WAVESのString Cleanerなどに入れ替えて容器を再利用する事ができますので。
臭いがキツイので評価は-1とさせてもらいます。

レビューID:17579

参考になった人数:31人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/01/08

11引っかかりが気になります

投稿者名:カズ 【福岡県】

単純に弾かないギターの弦を錆予防や保護には良いと思います。
しかし、弾いている内、直ぐに滑りが悪いような引っ掛かった感触が出て来ます。
指板を広範囲でポジション移動を多用するような場合は、特にプレーン弦の引っ掛かる感触が気になり、次第にアンプからの音にも表れます。
私には合わず、次の購入は無いと思います。

レビューID:69160

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/05/01

1先端が固めのスポンジだったらよかったのに

投稿者名:SilverCat 【東京都】

キャップ外して先端を押し付け直接弦に塗る使用を想定してつくっていると思うのですが、先端がなぜかブラシみたいに短い毛の集まりになっています。
そのため弦に塗ろうとすると指版までびっしょりになってしまいます。
日本の塗り薬みたいに固めのスポンジタイプだったらよかったのですがなんでハケみたいにしたんでしょうか?
クリーナー自体はPLANET WAVES の String Cleanerと同じような感じで布でふくとキーキー音がすごいです。それと少し甘目のにおい?がします。
この値段だったらPLANET WAVES の String Cleanerをかって別途スポンジヘッドボトル容器かって入れ替えてつかった方がいいという結論になりました。

レビューID:55899

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

JIM DUNLOP (ジムダンロップ)
Ultraglide 65 String Conditioner

商品ID:129549

¥640(税抜)

(¥691 税込)

  • 1,000円(税込)以上で送料無料

6ポイント内訳

  • 6Pt

    通常ポイント

  • 6Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top