ここから本文です

ナオキチ さんのレビュー一覧

ERNIE BALL
Super Slinky #2223
在庫状況:在庫あり
価格:¥540(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) たとえベタでもコレ! 2021/10/14
ギターによって、弦のセットを張り分けてます。
例えば、弦高ベタベタで本体の鳴りも良く軽やかなサウンドが欲しい時はスーパースリンキー。本体の鳴りをしっかり鳴らせる為や厚みのあるサウンドが欲しい時はハイブリッドスリンキーといった具合に…
あと、何故アーニーボールかというとどこにでもあるのと劣化しやすいがキラキラした響きが好きだからです。

MAXON
SD9
在庫状況:在庫あり
価格:¥15,800(税込)
参考になった人数:1人(3人中)
(4.0) 今でいうディストーションとは違うかも 2020/07/21
復刻版ではなく、オリジナルのレビューになりますが、明るくカラッとしたトーンで同じmaxonのDS830やD&Sシリーズほど歪みません。オーバードライブのようなミドルの盛り上がりや暖かみはありませんが、ポップスやライトなロックなら不満のない歪み量と思います。ザラっとした歪みの質感がディストーションと云われる所以でしょうか?
このエフェクターのカラーを決定づけるのが、トーンのつまみであることが一つの通説であることはいろんなサイトをみれば、初見であれ分かると思いますが、まずは全てのつまみを12時にしてみて下さい。
そこから、音を削ることを意識して触ってみて下さい。
このエフェクターの良さが分かります。確かにスゥィートスポットを見つけることが難しいかもしれませんが、なんとなくであれ、トーンのつまみである程度のトーンを決めてから、歪み量を決める手順が一番分かりやすいと思います。
トーンのつまみは12時から右に振れるとハイがジャリジャリして歪み量を増やすとファズのような粒の潰れた荒っぽいトーンになりますが、こんな使い方をするなら、D&Sシリーズの方が歪み量を稼げるし、こちらの方が芯のあるワイルドなトーンを作れると思います。
もともと、ミドルに膨らみのないハイに寄ったトーンなので、左に振ると刺々しいハイがマイルドになり、潰れない程度に歪み量を増やしてやると、粒の細かい明るいディストーションサウンドが作れます。
あくまでも、ハイゲインサウンドは無理ですが、歪み量の多いオーバードライブのような暖かみのあるサウンドとはひと味違うライトなディストーションサウンドがこのエフェクターの魅力であり、ギターのボリュームによる歪み量のコントロールの追随性も良好なので、フルテンでコードリフやリードを取るのも良いですが、少しボリュームを絞ってコードカッティングしても気持ちいいですよ。
他のmaxon製品と比べてセッティングにコツがいるクセ強めのエフェクターですが、ツボにハマればなかなかに使える一品だと思います。

SEYMOUR DUNCAN
APH-1n Alnico II Pro HB Neck Black
在庫状況:在庫あり
価格:¥10,800(税込)
参考になった人数:4人(6人中)
(5.0) 独特のウェット感が癖になる 2020/04/23
ダンカンのフロントピックアップの定番といえば、59ですがセッティングや材とのマッチングによっても、もちろんサウンドへの影響は非常に大きいとは思いますが、クリーン・ドライブ・リードとも癖のないプレーンなトーンで特にドライブではそれなりに適度な枯れを感じますが、もう一声欲しい感じにならず、良くも悪くもテンプレートといったところでしょうか?
その中で、APH-1なんですが、リードトーンの時のグショっとしたウェット感がなんとも言えず癖になります。丸くて甘さがありつつしっかり存在感があるハイミッドにそれでいてブーミーにならないローは個人的に理想に近いフロント用ピックアップです。

DIMARZIO
DP153 F-SPACE BLACK FRED
在庫状況:在庫あり
価格:¥8,550(税込)
参考になった人数:1人(2人中)
(5.0) 癖になるハイミッドと倍音 2020/02/22
1ハム仕様の(クレイマー製ではない)ギターを入手して、そのまま使用していました。どこのメーカーかわからないピックアップがついてましたが、癖のないフラットなトーンで若干ブラウンサウンドっぽさもあって特に音が悪いわけでもありませんでしたが、もう少しパワーが欲しかったのと粒の粗目のトーンは好みではなかったので、ピックアップ交換を決断。ダンカンのカスタムまたはカスタム5のピッキングしてからのレスポンスの速さや音の分離の良さや倍音の出やすいキラキラした好みですが、1ハムギターという構造上、ドライブもクリーンもすべてこなす事を想定したときにハイパワーのピックアップでは使い勝手が悪いと考え、ノーマルのパワーとハイパワーの中間のタイプで検討。
意外とこのタイプのピックアップってそんなに種類がなく、ダンカンの59ハイブリッドかディマジオのフレッドの2択で迷った結果、好きなギタリスト使用しているフレッドをチョイス。
実際のところ、ミッドに独特の癖があるディマジオは好みではないのですが、特定の帯域ポジションから少しトーンを絞ったような音に変化して、ハイポジションの耳障りさが軽減されて1ハムでも充分使いやすさが実感できます。
ダンカンのカスタム系程ではないもののいい感じの倍音が出せます。
パワーはやや控えめでも音が前に出る感じなので、存在感のあるトーンではありますが、一つウイークポイントがあるとしたら、ピッキングのタッチに対して音の出方がややルーズに感じる点でしょうか?
それでも、クリーントーンも思いのほか使えるので、アルペジオやコードカッティングでもしっかりこなせます。
2HやSSHの構成で他のピックアップと組み合わせるなら、別の選択肢もなくもないですが、自身が考える標準的なトーンとは別基軸がほしいと考えたときに個人的にはディマジオのピックアップでも好みの類ですし、このピックアップだから出るトーンが癖になります。

BOSS
OS-2
在庫状況:在庫僅少
価格:¥9,900(税込)
参考になった人数:1人(3人中)
(5.0) かなり使えます 2019/12/04
BOSS系の歪み系ペダルでは、このOS-2に出会うまでは、OD-2 TURBOOVERDRIVEが好みでした。
DISTORTIONの一歩手前の歪み方で且つミドルに盛り上がりのある明るいトーンがアンプっぽい感じでどんなジャンルにも使えるベーシックなエフェクターとして認識してました。
ただ、正直歪み量がエフェクター単体としてもう一声欲しいとか、ターボモードオンでは、音が抜けにくい感じになるなどの不満はありました。
そのようなウィークポイントを解消されており、トーンコントロール以上にカラーのつまみのコントロールがこのエフェクターのキモと言っても過言ではありません。
カラーをDS側いっぱいに回して、ドライブも5時の位置に回しても、モダンハイゲイン系の歪みにはなりません。
BOSSのDS-2 TURBODISTORTIONくらいまでなら頑張ってくれます。
若干、ハイがのっぺりしたり、ローミッドがジャリついたりしますが、イコライザーで補正可能なので、本当に使い勝手のいいエフェクターです。

ナオキチ さんのプロフィール

レビュー投稿数:5件

住所:大阪府

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram