ここから本文です

あら さんのレビュー一覧

SENNHEISER
E945 ボーカル用 超単一指向性
在庫状況:在庫あり
価格:18,636円(税抜)
(税込 20,500円)
参考になった人数:9人(12人中)
(5.0) ナチュラルすぎてマイクがオフになっていると錯覚する 2020/06/29
カラオケルームで試しましたが、ナチュラルすぎてマイクがオフになっていると錯覚しました。衝撃的です。
ダイナミックマイクによくあるこもりとか、解像度の低さとかが、まったく感じられません。実にナチュラル。
カラオケルームでマイクをわざと口元から外しても、聞こえる音がほぼ変わりません(実音とほぼ同じであることを示しています。)エコーの残響で、あ、オンなのね。と分かります。
このマイクに下手にケチをつけるのは危険です。それは発声や、マイクの使い方が悪いのではないか?そう思わされるマイクです
◆箇条書きで特徴をまとめます。
・ナチュラル。解像度が高い。
・近接効果が薄く、マイクを近づけても音がこもりにくい。
◆デメリット(メリットの裏返しと考えてください。}
・カラオケ音源の下では若干浮く。高音質ゆえに若干ですが浮きます。一方バンドアンサンブル下では埋もれにくく、すごく良いマイクだと思います。
・高音質ゆえにハイがきつい。歯擦音や、喉を空気が通り抜ける音がきつく感じます。コンデンサーマイクなどの高音質なマイクで直面する問題でもあります。ディエッサーやEQなどで対処したくなります。対処できない環境下では、マイクの使い方で若干対処できます。①マイクを遠ざける。②近くで歌いたい場合は、マイクを口に対し横斜めにあてる。空気の直撃を避けることで、空気の音を下げることができます。
・近接効果が薄いゆえに、近接効果を利用して迫力のあるサウンドを演出するロックシンガーには不向きかもしれません。
・実音と近すぎて、恥ずかしい。マイク無しで歌うのって恥ずかしくないですか?実際はマイクを通して歌ってるんですけど、その感覚になります。ミスもかなり目立ちます。これは慣れと鍛錬で対処しなければなりません。
・実音と近すぎて、声を張りすぎてしまう。音が返ってきていない感覚に陥るため、声を必要以上に張ってしまいがちです。これも慣れでしょうか。あとはエコー、コンプ、EQなどで対処できるかもしれません。
・扱いが難しい。超単一指向性ということで、弾き語りなどマイクを固定しつつ顔が動く環境で使いこなすのは至難の業だと思います。また高音質ゆえにマイクの位置でだいぶ音が変わります。
以上になります。不特定多数が使用する場には向きません。正真正銘のプロ仕様マイクでしょう。

audio technica
AE6100
在庫状況:在庫あり
価格:16,636円(税抜)
(税込 18,300円)
参考になった人数:3人(5人中)
(4.0) まるでイコライジングが済んだかのような良音 2020/06/21
カラオケ用の小さいスピーカーで試しました。
メリット
低音域から高音域までヌケが良く、かつキンキンしないです。
個人的に高音域のシャウトがすごくクリアかつキンキンしない音で歌っていて気持ちいい。
誰が歌ってもうまく聞こえるというのは納得ですね。これはすごいマイクだと思いました。
デメリット
・低音もくっきりするが、くっきりしすぎて低~中音特有の迫力や温かみが出せない。A、Bメロで低音を使い、サビで高音域を使うボーカルには、素晴らしいマイクになるかもしれないが、声が高くないボーカルはサビで迫力が出せないので考えたほうがいいと思います。自分の歌声をよく知る歌い手によっては、実際の自分の声との違いに戸惑ったり、迫力が思うように出せず、喉を浪費したりすることになりかねません。ただ、空間録音してみると、聞き手にはすごく聞き取りやすい良い音なんですよね。。。そういうジレンマが出てくるマイクかもしれない。
・”作られた音感”は否めない。ボーカルを前面に出すためにイコライザ―でいじったような音です。だからこそ実際の音ではない。歌い手が上達するには弊害があるかもしれません。
・イコライジング環境がないところでハウリングが起こると地獄。周波数特性をご覧いただくと、ある周波数が持ち上げられています。そこの周波数でハウリングがおこりやすく、ゲインやボリュームをかなり落としてもハウり続ける地獄にはまったことがあります。
このマイクを特にお勧めするシチュエーションは、歌に慣れていない方も含めて、いろいろな方が歌う環境です。カラオケとか(ただし、環境によってはイコライザ―などのハウリング対策が必要になることがあります。)。
歌を本格的にやっている方にはあまりお勧めしません。あとは、使ってみてこのマイクと相性が良い方や、相性が良い環境にある方にお勧めするということで、そこは個々で判断されることをお勧めします。

AKG
D5 ダイナミックマイク
在庫状況:在庫あり
価格:5,255円(税抜)
(税込 5,780円)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) バランスが良く、高音域を潰してくれる 2020/06/21
SHURE SM58との比較になります。とあるスタジオのスピーカーで鳴らして比較しました。
男性、低音から高音まで歌う者ですが、Sm58では低~中音域でこもり、高音域でキンキンするという、sm58の欠点をもろに受ける声質でした。
D5は低音でもこもらず、高音域はザラ付いた感じに潰してくれるマイクでした。
SM58で声がこもったりする人や、ヘッドボイスなどのパワーのある高音を使う人で、キンキンした音に悩んでいる方は、安いですし、持っておいて損はないと思います。
ただし、高音域は正直な音ではない、解像度が低い音です。高音域の正直さ、繊細さを求めるボーカル、高音域の持ち上げを期待するボーカル、バンドアンサンブル下で声が埋もれがちなボーカル等は別を考えてもいいと思います。

SHURE
SM58 定番ダイナミックマイク
在庫状況:在庫僅少
価格:9,800円(税抜)
(税込 10,780円)
参考になった人数:5人(5人中)
(3.0) 製造年によって音が全く異なる 2020/06/01
最近サウンドハウスで購入した58と、とあるスタジオの古い58を比較しましたが、
本当に別物といっていいほど音が違いました(エイジングとかいうレベルでない)。
しかも古いマイクの方が癖が少なく声ののりが良かったです。
ワールドスタンダードとか、ド定番、最初の一本と称されるマイクですが、製造年によって生産国等が異なり、音も変化しています。
このマイクを基準としてほかのマイクと比べられているレビューがありますが、基準となる58の音が変わっていては元も子もありません。これだけ変化のあるマイクにこだわる必要はないかなと私個人としては考えました。


あら さんのプロフィール

レビュー投稿数:4件

住所:新潟県

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top