ここから本文です

倉川 知也 さんのレビュー一覧

JBL
1 Series 104 デスクトップモニタースピーカー 3年保証
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:14,800円(税抜)
(税込 16,280円)
参考になった人数:10人(27人中)
(1.0) 【初期不良】僕もハズレ引きました 2019/07/25
astralium さんと同じく、
自分もまさに同じ状況に陥りましたw
 
Twitter上で
「100RTあったらレビューする」
という企画をしていたのですが、
 
https://twitter.com/TomoyaJuku/status/1153184931184463873
 
これではレビューどころの話ではないですねwwww
 
今まで様々なものを購入して来ましたが、
これ系のトラブルは初めてで、思わず笑っちゃいました。
https://twitter.com/TomoyaJuku/status/1154119827281178624
サウンドハウスさん、
お手数ですが御対応お願いします。。。


SPL
Track One
在庫状況:お取寄せ
衝撃特価:99,800円(税抜)
(税込 109,780円)
参考になった人数:5人(8人中)
(5.0) AVALON にも引けを取らないであろう隠れた名機の予感 2019/06/24
実は、書くか書かまいか
散々迷ったのですが
『ひとりじめ』はよくないよなぁと思い
レビューすることにしました。
 
すでにクラカワ、
約6ヶ月運用しておりますが
この『SPL Track One』。
 
書きたいことが多すぎて
明らかに1000文字では足りません。
 
 
先日も自分のBlogに書いたのですが
 
https://tomoya.kurakawa.info/archives/2408.html
 
あまりにも長文になってしまうので
一時断念したほどです。
 
 
さて、では何が素晴らしいのか、について
簡潔に述べて行きますが、
 
クラカワのBlogにも書いた通り、
音が素晴らしくクリアなんです。
 
 
残念ながらサウンドはハウスさんのレビュー内に
画像等載せられないのでアレですが
クラカワが今までの音楽人生の中で
最高峰だと思っている
AVALON さんに劣らないような
サウンドだったのです。
 
 
文字制限があるのでここには記載しませんが
周波数特性が AD2022 とすごく似ており、
 
あのサウンド的なものが
この価格で手に入る、とは。。。
 
 
しかも、これはチャンネルストリップ。
 
コンプ、EQ、ディエッサー、Limitter まで付いて居ます。
こんなに盛り盛りの機能が付いて
約11万円。。。
 
 
SPLさん、おそるべし、、、です(笑
 
 
クラカワとしてはプロ・アマ問わず
1台持って居て絶対に損をしない機材だと思います。
 
 
【PS】
説明欄の『S/PDIF 追加カード』が
『96kまで』となっておりますが、
それは旧型のもので現在は192kまで対応しています。
(実際、代理店さんに確認しクラカワも192kで運用しております。)
 
 
クラカワBlogでも更に追記していきますね。
 
https://tomoya.kurakawa.info/archives/2408.html


ANTELOPE AUDIO
Discrete 8 and Basic FX Pack
在庫状況:取扱中止
衝撃特価:179,000円(税抜)
(税込 196,900円)
参考になった人数:12人(15人中)
(5.0) 『好み』とかそういうのも超えて絶対『後悔』しない一品 2019/02/09
昨年末から評判が上がっている
Discreteシリーズですが、
今まで何故このインターフェースが
評価されなかったのか僕的には
「全く理解できない」
と思うほど
『買って後悔しない』
と言い切れる『作品』だと思います。
搭載している機能が豊富なので
何か1つで「失敗した!」と思っても
必ず他方でも使いようがある、
リカバリできる、というインターフェースって
なかなかないと思うんです。
クラカワが注目したのは、
まず『マイクプリアンプ』の性能です。
初めはYouTube上で聴いただけでしたが
「圧縮された動画の音声でこれかよ!」
と思い、実際使ってみて
「自分の目(耳?w)に狂いはなかった」
と思える、いや、それ以上のものでした。
Antelopeの方のお話ですと
プロのレコーディングエンジニアの方からは
ルパートニーヴ氏の手がけていた時代の
Focusrite『ISA110』に似ていると言うご意見を
よく頂くそうです。
ISA110はヤフオクで1チャンネル
15万〜20万とかしますから
それと同一とは言えないにしても
プロエンジニアさんが似てると言うものが
『8基』搭載されているだけで
「この価格は安すぎ!」
だと僕は思いました。
ちなみに我々のスタジオでは
昨年に手に入れましたが、
拡張性を考えても、ここ数年
絶対に手放すことは皆無であろうと思います。
実はそれ以外にも
・クロック
・AD/DA
・FPGA FX
などなど。。。
書きたいことが山ほどですが
サウンドハウスさんでは文字数制限が。。。
詳しくは自分のBlogにも書いてあるので
氣になる方はどうぞ。
https://tomoya.kurakawa.info/archives/1994.html
購入の参考になりましたら幸いです。

ANTELOPE AUDIO
Edge Duo コンデンサーマイク
在庫状況:お取寄せ
衝撃特価:123,000円(税抜)
(税込 135,300円)
参考になった人数:11人(13人中)
(5.0) モデリングマイク、侮れん。。。 2018/08/29
「モデリングマイクなんて、どうせニセモノでしょ?」
 
そう思ってたんです。
 
しかし
『Edgeマイク』について
調べていけば調べていくほど
「これはヤバイ。。。」
と思うようになりました。
 
まず製造元。
 
「どうせ、コスト下げるために
 アジア圏で作ってるんでしょ?」
 
と思っていたら
なんと、ドイツで製造されている。
 
さらに、某有名ライターさんのブログで
「ベルリンの某老舗メーカーの協力を得て開発・生産しています」
とか書いちゃってる。
 
てか、ベルリンの老舗マイクメーカーなんて言ったら
あのメーカーしか。。。
 
レビューでも書きましたが
安価及び高額マイクを散々試してきた中で
MXL 2003 がコスパ&バランスが良く
これ以上を求めるのであれば
その『某メーカー』さんのものを
購入する以外、方法はないと公言していたので
 
私からすれば
あのメーカーが関与しているのであれば
マイク本体は良くて当然。
 
それがこの値段で手に入るのであれば
それだけでも儲けモノではないか、と。
 
最悪、マイクモデリングが使えなくても
いいんじゃないか、と。
 
しかし、実際使ってみて
良い意味で期待を大きく裏切られます。
 
マイクモデリングプラグインが
余りにも優秀なのです。
 
単に、単体で聴いて
『似ている』
という次元ではなく
オケに埋もれない、負けないんです。
 
レコーディング時にマイク選定に悩む、
ということが皆無になりました。
 
だって、後からモデリングで変えられるんですもの(笑
 
そして、マイクの種類だけでなく
指向性までもソフトウェア上で変更でき、
往年の名機、ビンテージマイクに等しいサウンドが
いとも簡単に手に入り、しかも選びたい放題。
 
もう宅録レベルではこれ一本で十分、
いや、スタジオ使用にも
耐えうる可能性を秘めていると感じるほどでした。
 
文字数の関係もあり
詳細に付いてはコチラに記せませんでしたので
ご興味のある方は自分のレビュー記事をどうぞ。
https://tomoya.kurakawa.info/archives/2019.html

PRESONUS
BlueTube DP v2
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:27,210円(税抜)
(税込 29,931円)
参考になった人数:3人(3人中)
(3.0) 思った以上に『飛び道具』です(笑 2018/04/20
以前、前面が青いパネルだった
初代『BlueTube』を使っていましたが、
印象が全く違う感じです。

『真空管マイクプリアンプ』
という印象で購入すると
明らかに期待を裏切られると思います。

基本は『非真空管通常回路』にて増幅し、
真空管はあくまでもサチュレーション的味付け、
という感じの使い方のようです。

『真空管のふくよかなサウンド』
というよりも、単に歪んでいく感じで
真空管はあくまでエフェクティヴにするためのもの、
という印象でした。

通常の増幅回路の音は割と硬めで、
クラカワの印象ですと
2kHz〜5kHzあたりの中高域にクセがある感触で
声を張るなどして入力を高くすると
ちょっと『痛い』という感じでした。

ダイナミックマイクと
コンデンサマイクでの印象も
通常のプリアンプ系のものとは違い、

ダイナミックマイクよりも
コンデンサマイクのほうが
柔らかいような印象でした。

ボーカルやアコギ、
ジャズやクラッシックなど
ナチュラルなジャンルやサウンドよりも

ロックなどラウドなサウンドで
ギターやビンテージキーボード系の
インストゥルーメントを繋いで
積極的に音作りする、
という用途に特化すれば
面白い製品だな、という個人的見解です。

最近はオーディオインターフェースの
マイクプリアンプが相当に進化していて
サウンドクオリティが高くなってきているので

その『上位』という位置付けではなく、
あくまで『エフェクター』という用途が
適しているのではないか、という私感です。

個人的にはドラムのスネアなどを
これで歪み成分を加えたりして
『ザラッ』とした味わいを加えて行ったら
楽しそうだと思いました。

まだ使い込んで居ないので
追って自サイトにて追記していきたいと思います。
https://tomoya.kurakawa.info/
(こちらで更新すると参考になった数値等がクリアされてしまうため)

PRESONUS
Studio 192 オーディオインターフェイス
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:99,800円(税抜)
(税込 109,780円)
参考になった人数:12人(23人中)
(5.0) これは、いいものだ!!! 2017/02/17
僕のパーマネントバンド
『スマッシュドライヴ』のスタジオへ導入しました。

感想は。。。

「メッチャいい!」です(うふふw


アナログ入力が8つ、
しかもADAT2系統、
S/PDIFも装備で拡張性バッチリ。

アナログ入力には
8基マイクプリアンプがついていて、
このプリアンプのサウンドも
クリアで素直なサウンドかつ、
すんごくローノイズ。

さらにはDSPも装備。

それでこの価格は
コスパ的に素晴らしいと思います。

僕の周辺のアーティストさんは
メインDAW が StudioOne なので
連携がシームレスでこちらも素晴らしい。

っと、ココまでべた褒めしておいて
言うのもなんですが、幾つか氣になるところも。。。


●USB3.0の割にレーテンシーが...
ウチのスタジオではメイン機が
Winのタワー型自作デスクトップなので
未だにPCIの MOTU 2408mk3 を
メイン I/O として使っているのですが、
なんか、安定感的に PCI のほうが良さげなんですね。

規格上、圧倒的に USB3.0 の方が
転送速度が速いはずなので
ちょっと期待はずれでした。。。

ま、USB2.0よりは当然段違いだし。。。

ファームウェアで対応してくれるかと。。。(期待

●マイクプリがクリアすぎる(笑
良い意味でも悪い意味でも
マイクプリアンプがクリアで綺麗なんですw

楽器類、特に
レンジの広いアコギやベース、ドラムなどを
収録しようと思う時にはめっちゃ良いのですが、

歌を収録しようと思うと変にクリア過ぎて
ジャンルを選ぶというか。。。

ま、収録時やミックス時に中で
ビンテージコンプのモデリングとか
掛けてあげれば良いことなのですが。。。

ま、これ一台に何もかも求める僕が
単に欲張りなだけなんですけどねw


クラカワ個人的に
価格、機能、パフォーマンス。。。
総評的には申し分ないと思いますし、
自信を持ってオススメできる1品です。


MOGAMI
2534-50 RED
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:7,480円(税抜)
(税込 8,228円)
参考になった人数:3人(4人中)
(5.0) 嘘!?色違いで音が変わる?! 2017/02/17

僕の私設音楽塾『知也塾』の生徒さんが

「変わりダネのギターシールドが欲しい」

とのことで、この色を発注。


プラグをハンダでつけ、音を出してみると。。。

「あれ???」

以前知っている2534の音ではないんですね。


「まさか。。。
 皮膜のカラーで音がかわるはずが。。。」

と思って、Facebookに書き込んだところ、
知人のレコーディングエンジニアの方に

「あ、それ色で音が変わるらしいよ」

というコメントが。


「ええええええー!!!」


確かに、物理的に考えて皮膜の色素が変われば
若干サウンドが変わっても不思議てはないのですが
ここまで歴然に違うとは。。。(ビックリ


「ホントかよー」

と半信半疑だったので
僕のパーマネントバンドである
スマッシュドライブのメンバーや
その他仲間に比較してもらっても
やはり音の印象が違うらしく。。。


さらに驚いたことに、メンバーが

「これ、1本欲しいんだけど。。。」

なんてことになり。。。


久々にドッキリする事件でした。


次は別の色の2534も試してみようかなぁ。。。


PLAYTECH
EG-Bag Red
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:3,280円(税抜)
(税込 3,608円)
参考になった人数:2人(2人中)
(4.0) なかなかのものです。 2017/02/17
見栄え的に

・IBANEZ ( アイバニーズ ) / IGB541-WR

コチラと迷いましたが、
「どうせ消耗品だし」
と思って、さらにお財布に優しいこちらにしました。


本日届いたばかりなのでザックリですが
現時点でのレビューを。


【良かったところ】
・軽い!
・現時点では割と頑丈。
・チャックの持ち手が大きくて扱いやすい
・様々なサイズのギターが入りそう。
・ポケットが多く、色々収納できる。
・取っ手がいくつもあり、様々な持ち方が可能。
・リュック的なところが不要な際、
 留めておけるマジックテープがついている。
・ボディ前面用の当てマットが仕込んである


【イマイチなところ】
・素材と色が安っぽいw
・素材的に雨などに弱そう。
・素材と縫製的に耐久性が怪しそう。
・背負うところの長さ調整の際に
 余分なところがビラビラして邪魔。
 (留め具的なものがあったら良かった)
・ヘッド部の弦先で穴が空かないように
 なっているところが若干短い。
 (ミディアムスケールとかだと足りない)
・ボディ下部を守るマットが短い。
 (どうせつけるのならボディ下部全体を守ってほしい)


と、色々と記載して参りましたが、
実はかなり厳しめ採点です。

3.5千円ぐらいでこのQualityであれば
あり得ないぐらいコスパ高いと思います。


僕的に現時点では概ね満足です。



ちなみに、上記しましたが
本日届いたばかりなので耐久性などは不明です。


追って追記していきたいと思います。


TOMOCA
AKG-SHURE
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:170円(税抜)
(税込 187円)
参考になった人数:4人(5人中)
(5.0) 良いです。 2017/02/17
K&M 217と迷いましたが、
みなさんのレビューを拝見して
こちらにしました。

文句ない出来です。

以前、サイズを間違って買ってしまって
無用の長物になってしまったので
今回はちゃんと調べて購入しました。

SHURE規格 (5/8ホルダー) と
AKG規格 (3/8スタンド) と言われても
なかなかわからないと思いますが、
日本で一般的に使われてるものが
これでドンズバだと思います。

僕の使用環境はTAMAさんのスタンドですが
もちろん、コチラでバッチリでした。

オススメですw


YAMAHA
MSP3 ペア モニタースピーカー
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:26,160円(税抜)
(税込 28,776円)
参考になった人数:37人(40人中)
(5.0) 結局、手放せなくなりました。 2017/01/12
今まで約10数年、国内外問わず
モニタースピーカーを幾つも試して来ましたが、
費用対効果として考えて
こんなに納得のいく以上のものは初めてです。

私のモニタースピーカー歴は割と特殊で
知人のエンジニアさんに薦めて戴き
初めて購入したのがTANNOYのSYSTEM600A。

それから同軸スピーカーの
定位感の良さに魅了されましたが、

「もっと良いものがあるのではないか」

という探究心は留まらず、
YAMAHA MSP3に辿り着きました。

ヤマハさんのモニターと言えば
80年代のスタンダードと言われた
NS−10M(テンモニ)の
『紙っぽく硬い無機質な音』
というイメージが強かったのと、

ブランドイメージが堅実な印象でしたので、
「期待して居なかった」
というのが正直なところでした。

大きさ的に低音は出ないであろう
とは予想できましたが
ペアで3万未満。。。
「ま、失敗だったら売ればいいし」
という感じで実験的に購入。

正直、価格と音のバランスにびっくり致しました。
(YAMAHAさんゴメンナサイ。。。)

上記したとおり、
私は現在ディスコンとなっている
SYSTEM600Aを
メインで使用して居たのですが、

その同軸と比較しても
定位感に引けをとりません。

強いて言うのであれば、
当然といえば当然なのですが
600Aよりも低音の帯域が
若干足りない。。。程度の印象。

そして、モニタースピーカーには
重要な要素でもある
『色付け感の無い冷静な音』
です。

逆にMixをする際には
600Aだと良くも悪くも音楽的だったり、
部屋の環境によって低域が出過ぎてしまったりして、
コンシューマーの方の再生環境を想定したmixがしづらく、
諸刃の剣状態だったものが
MSP3のおかげでMixしやすい環境になりました。

600Aが当12万から15万しましたので
1/4から1/5の価格でこの音であれば、と
充分過ぎるほどの満足感を得られています。

初心者さんからプロの方まで
音楽制作だけでなくリスニングまで
幅広く使う事が出来るモニターだと思います。

僕、個人的に超オススメです。

FOCUSRITE
ISA One Analogue マイクプリアンプ
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:51,300円(税抜)
(税込 56,430円)
参考になった人数:16人(37人中)
(2.0) 【注意】フォーカスライトのイメージで使うと。。。 2016/09/01
過去、先輩のスタジオで
フォーカスのプリアンプの音を聴いて居たので
そのイメージでISA Oneを購入したのですが、
やはり値段相応、という感触でした。


このあたりのクラスを狙う方は
ホームレコーディングを始めて

「いつまでもオーディオインターフェースの
 マイクプリじゃ味気ないよなぁ~」

とか

「ARTやベリンガーなどの
 安価なマイクプリから卒業したい!」

というような方ではないかと思うんですね。


結論から言えば、

「もうちょっと頑張って
 1ランク上のマイクプリを購入すべき」

というのが僕の個人的な意見です。


よく言えば『味付けのない音』。

悪く言えば『可も無く、不可もない音』。


ウォームと言えばウォームですが、
抜けが悪いと言ったら抜けが悪いとも言えます。


ここで約4万円~5万円を出すのであれば
グッとこらえて10万円台以上を狙うべきだと思います。


ちなみにですが、
フォーカスライトさんがダメなのではなくて、
名のあるブランドさんですから

『安いものはそれなりに』

という印象ですね。


過度な期待をすると裏切られることになります。


ちなみに僕は購入してすぐ、
ヤフオクで里子に出してしまいました。。。


外見はカッコいいんですけどね。。。涙


BEHRINGER
UCG102 Guitar Link オーディオインターフェイス
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:3,250円(税抜)
(税込 3,575円)
参考になった人数:0人(1人中)
(1.0) 思った以上にいいですよ。 2016/12/06
【2016年1月現在|追記&評価訂正】
円安の影響なのか、
まさか5千円超えるとは思いませんでした。
(僕が購入したときは1980円ぐらいだったと思います)

この値段であれば他の
インターフェースをオススメしますね。。。涙

-------------

正直言って、この価格でここまで出来るのは脅威ですね。

コストパフォーマンス高すぎです。

マイク入力を考えなければこれで充分かなと思うほどです。


もちろん、音はそれなり。


無音部分等のS/Nがちょっと気になりますが、
ラインものであれば波形切ったりゲート掛ければ
充分ホームレコーディングにも耐えうると思います。


ただ、現状で気をつけなければならない点が一点。

Mac&StudioOne Free環境で使う際に、
何故か入力が認識されないという現象がミュージシャン仲間で頻発してます。

AudioMIDI設定で『機器セット』の設定をしても
何故かうまく行かないという状況が数件ありました。

ちなみに、StudioOne2 Producer環境では
AudioMIDI設定で『機器セット』の設定をすれば問題なく動きます。

ちなみに、StudioOne Freeはサポートして戴けないので
この環境の方は気を付けてご購入してください。
ひょっとしたら未来的に改善しているかもしれませんが...


他の方がおっしゃっていましたが、
GarageBandやLogic Proでは難なく使えるんですけどね。。。

不思議です笑


ちなみに、記憶は定かではないですが
Win版のStudioOne Freeでは動いた気がします。


音と値段とのコストパフォーマンスを考えてこの評価で!!!


MXL
MXL2003A コンデンサーマイク
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:18,000円(税抜)
(税込 19,800円)
参考になった人数:10人(14人中)
(4.0) 結局、これがメインになりました。 2015/08/27
私は主にヴォーカルRECに使用しています。

持っているのが前のモデルMXL2003になるので
MXL2003Aになって音がどれだけ変わったのかは不明ですが、
名機と呼ばれるRODE NT2初期型・当時約5万前後や
BLUE MOUSEトランスレス・当時約15万前後と比較しても
このマイクはかなり出来が良いと思います。

私感ですがNT2は高域が痛く、MOUSEは低域にクセがある感じで
割とレコーディングしてから後悔する事が多かったのですが
2003は周波数特性的に高域が伸びているのにも関わらず
高域が痛い感じではなくコンプしても埋もれることなく
オイシイ倍音がちゃんと出てくれていて歌の息づかいなど、
しっかり活かしてくれるような感じがします。

当時、アウトボードに凝っていた私はAVALON2002と
UREIの1178+MXL2003が一番のお気に入りでした。

これ以上のコンデンサマイクを買うとしたら次は
ノイマン以外選択肢がないのではないかと思うぐらいです。

評価4つにしたのは指向性もあると思うのですが
アコースティックギターだと周囲の音、特に高域を拾って
音が若干散った感じがしてしまうのと、
(毛布等で囲んで吸音するなどかなりデッドにすればOKです)

比較してはいけないと思うのですがノイマンと比較したときに
これ一台でオールマイティーに使うのが難しいこと、
S/Nの問題で指向性スイッチが付いてないこと、
若干中低域が弱いことなどが理由です。辛口評価です

値段を考えれば凄まじいQualityだと思います。

初心者からプロの方まで
『持っておいて損をしないマイク』だと思います。



【2015年8月27日追記】
僕が購入したころは
13,000円~14,000円で購入出来たので
大変お買い得だったのですが
円安のせいも相まってか2万近い価格...。

MXLの最大の売りであったはずの
『コストパフォーマンスが高い』と言うところが
若干失われてしまって本当に残念です。








NEUTRIK
NP2X-B
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:430円(税抜)
(税込 473円)
参考になった人数:0人(0人中)
(4.0) すっごいいいですが・・・ 2011/09/23
値段上がりました?

倉川 知也 さんのプロフィール

レビュー投稿数:14件

住所:埼玉県

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top