ここから本文です

ART ( エーアールティー ) / PDB

ART ( エーアールティー )  / PDB

  • ART ( エーアールティー )  / PDB 画像1
  • ART ( エーアールティー )  / PDB 画像2
  • ART ( エーアールティー )  / PDB 画像3
  • ART ( エーアールティー )  / PDB 画像4
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
■ダイレクトボックス
■パッシブタイプ
■入出力:50kΩインスト入力、50kΩパラレルリンクジャック、600ΩXLR出力ジャック
■アッテネーター:0dB、-20dB、-40dB切替
■サイズ:126W×45H×75Dmm、550g
■ART PDBは、さまざまな楽器(またはオーディオ・ソース)のアウトプットをミキサー卓のバランス・インプットに接続できるようにするためのものです。このへヴィデュティーなDI BOXを使えば、楽器からのアウトプット信号をミキサーに送ると共に、それぞれお使いのアンプへも同時に送ることができます。

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.4)
  • レビュー数:11

2015/05/31

1111充分です。

投稿者名:FS yone 【青森県】

まず、最初に言っておきます。
価格に対しての、商品性能の感想です・・・
買いです。
当方、KEY、BASS、AG、Guで試してみました。
結果、KEY、AGでは問題なく使用しています。
BASS、Guでは、やはりアンプをマイクで拾うのが1番かなと感じました。
BASS、Guで使用するなら、音色の調整が必要です。
価格から、買いの商品です。

レビューID:56414

参考になった人数:1人(1人中)

参考になりましたか?
Yes
NO

2014/09/16

11突然死にました

投稿者名:kazu 【鹿児島県】

調子よく使用してましたが、突然動作しなくなった。
パッシブなので安心してましたが、突然の不具合には困ります。

レビューID:51456

参考になった人数:0人(0人中)

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/08/24

11ネジが切れてる・・・

投稿者名:波乗り星人 【群馬県】

2台購入し、1台は問題無なかったですが、先日もう1台を箱から取り出し使おうとした際、キャノンコネクターがささりにくい感触。よく見たら、XLRコネクターが陥没していて、ネジが緩んでいるだけかと思いきや、完全にネジが切れた状態で、飾りで付いている程度。機能的には問題なかったので仮の木ネジで本番は乗り切りましたが・・。工場でケーブル挿してチェックしていれば、気付くと思いますが、大陸産だし、この値段では文句言えないですよね。

レビューID:43205

参考になった人数:6人(6人中)

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/04/14

11111素直な音です。

投稿者名:mic586 【大阪府】

アマチュアでPAをやっております。
高校でアコースティックバンドをしている息子から相談があり、DIの検討を行いました。クラブでの購入なので予算がなく3000円以下で検討しました。
BEHRINGER DI20 Ultra-DI
BEHRINGER GI100 ULTRA-G
BEHRINGER ADI21 V-Tone Acoustic
BEHRINGER BDI21 V-Tone Bass
自作DI
ART / PDBを比較しました。
条件はパッシブタイプもしくは電源アダプターが使えるもの。
ADI21やBDI21はDIとしては音やせがあるがおもしろい音作りができる。
GI100 ULTRA-Gは、息子いわく音は好みだが電池でないと使えないので候補外。
自作DIも悪くはない。
DI20 Ultra-DIはノイズが出たり、音やせがひどい。
ART / PDBは全く色づけのない素直な音。素晴らしい。良いものを見つけました。学校で使用もこれで決定です。

レビューID:40078

参考になった人数:21人(39人中)

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/09/29

11111tankovsky

投稿者名:tankovsky 【東京都】

これは素晴らしいの一言です。
他社の製品を使ったことがないので比較での感想ではありませんが、色付けのない素の音をそのままMixerに送れるのはありがたい。
エレキギターをPBD経由でMixerに送ると、エレキギター本来の音の確認ができますし、その音色は意外と音楽的だと個人的には思います。
下手なギターアンプでエレキギターのクリーン・トーンを出すよりも癖のない綺麗な音なので、最近はギターアンプはいらないような気持にもなっています。
ライブやスタジオでのバンド練習の時も、ギター・ベースアンプにつながずに、PBD経由でMixerに通すことで、全体の音量バランスもとりやすくなりました。
エレキギター・ベースなどのHi-Zレベル、ラインレベル、ギターアンプなどのスピーカーレベルをPBDを通してMixerに送ることができるのと、パッシブ回路で電源を必要としないので、現場での適用が非常に楽です。

レビューID:35290

参考になった人数:4人(7人中)

参考になりましたか?
Yes
NO

この商品に関連するセレクション

ASK

カテゴリーから選ぶ

LINE スタンプ配信中!
saleOutlet
サウンドハウスの最短スピードお届け

特集特集・コラム 特集一覧

ブログ

ブログ アコギ de 対決!ZENN vs RECORDING KING!!

サウンドハウスが提供するアコー…続きを読む

特集

特集
簡易PAセットとは

誰でもが簡単に扱えるシンプルな設計、持ち運びが簡単…続きを読む

Special Selection

虎の巻 ヘッドホンの選び方

ヘッドホンのタイプや特徴を掴んで、数多くあるブランドの…続きを読む

サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~19:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top