ここから本文です

mazda9708 さんのレビュー一覧

REMO
ST-114 スキントーン 14インチ
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:1,380円(税抜)
(税込 1,518円)
参考になった人数:5人(7人中)
(5.0) 暫定No.1 2017/10/29
今のところ、クラシックのスネアに張るヘッドとしてこれ以上のものを知りません。もちろん、少量生産の本皮ヘッドまで含めれば、全く評価も変わるのでしょうが、「REMO」という、この価格や入手難易度も含めて考慮すれば、間違いなく「ダントツNo.1」だと思っています。

この手のヘッドのツボ…と言いますか、何が他と違うのか?は、ズバリ「不均一性」だと思います。シンバルでもハンマリングが織り成す倍音がジャズやクラシックで好まれますが、スネアのヘッドでも同じだと思うんですよね。発音部(打楽器であれば打面)が均一であればあるほど、そこから生まれる空気の振動も均一です。ですが、打面が不均一であるほど、そこから生まれる振動も不均一になり、その結果、複雑な空気の振動が発せられます。その複雑な空気の振動が俗に言う「ふくよかな音」に繋がるんじゃないかと。ただその分、様々な周波数帯にエネルギーが分散するので、聴覚上の音量も下がってしまうわけです。この辺り、善し悪しというよりも好みの問題なんですがね。ただ「無い」周波数はコントロールできませんが、「有る」周波数は(ミュートやチューニングで)ある程度コントロールできますからね。コントロールする腕さえあれば、材料は多い方がいいと思います。

このヘッドは、その辺りの「不均一性」の処理がホント絶妙で、「美味しいなぁ〜」と思ってしまうわけです。もちろん好みの問題はあるとは思いますが、奏者自身の歴としたコンセプトを持って、積極的に選ぶべき「攻めた」ヘッドだと思います。

残念ながら、数ヶ月も経つとすぐ音が変わるので、寿命…というか「旬」は短いヘッドです。ですので、その短い美味しい時期に最大限の煌めきを放つ「本番用」ヘッドでしょう。

REMO
RA-114SA [SA-0014-SS]スネアサイド ルネッサンス 14インチ
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:1,480円(税抜)
(税込 1,628円)
参考になった人数:2人(4人中)
(5.0) ダイナミックレンジ 2017/04/15
ドラミングのダイナミックレンジを広げてくれるヘッドです。特に弱奏。私みたいな、クラシックからジャズ、フュージョンまでイロイロ手を出したくなるような人間にとっては、この手の汎用性は一度ハマったら抜け出せません。ただ、チューニングはシビアになります。

スネアのキャラクターを決める要素は様々存在するかとは思いますが、スナッピーは間違いなくデカい要素の一つだと思います。ですが、スナッピー自体は「直接的な打撃」を与えられるものではなく、バターサイドへの打撃→(空気+胴)→スネアサイドのヘッドを通じた「間接的な振動」を与えられます。ということは、そのような間接的な振動をスナッピーに与える媒介役である、スネアサイドのヘッドを積極的に選ぶことは、スナッピーひいてはスネアのキャラクターを立てる上で、非常に重要なんじゃないか?と思うわけです。

経験上、特に中学〜高校の吹奏楽部では、ヘッドやスナッピーで積極的にサウンドのコントロールを行うことも無く、買ったまんまの楽器で「自分てppのロールが下手なんだよね」なんて悩んでいる学生さんは少なくないのでは、と思っています。弱奏でもレスポンスのいいヘッドとスナッピーの組み合わせを試すことで、多くの悩みを解決できるんじゃないかな、と思います。ドラミングの技術だけで解決できないことも世の中にはたくさんありますしね。

幅広いダイナミックレンジを要求させる吹奏楽やオーケストラでこそ、このような素晴らしいヘッドが積極的に選ばれることを期待したいと思っています。

PLAYTECH
EBFS45100
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:980円(税抜)
(税込 1,078円)
参考になった人数:4人(6人中)
(3.0) フラットワウンドって?? 2016/08/10
フラットワウンドって、コアに巻き付けた時に平らになるような形状の巻弦でできているものだと思ってました(コントラバスは少なくとも…)が、この弦はまるで「元ラウンドワウンドをヤスリで削り落とした」ような不思議な巻弦だなぁ…というのが第一印象でした。

金属をコンパウンドや耐水ペーパーで加工すると、元の金属の如何に関わらず黒ずんだ付着物が残りますが、この弦の「黒ずみ」はもしかしてソレか!?と思わせます。

ベース本体へと張る前に、ホームセンターなどで売っているパーツクリーナー(車コーナーなどに売ってます)を数回吹き付けると、この黒ずみは一通り落ちてくれました。

私の元に届いた商品は、2〜4弦の音はまぁまぁフラットワウンドしてますが、1弦だけはラウンドと変わらないような気がします。たまたまハズレたのか、仕様なのかは判断できませんが、1弦だけ音がブライトなので、必死に紙ヤスリでゴシゴシした結果、ある程度他の弦の音に近づけることができましたwww

どうにも評価が難しい商品ですね。音は決して悪くないと思うんですけど、「フラットワウンド」という種類の弦とは別物の種類な気がします。

PLAYTECH(旧ZENN)
ZCL18
在庫状況:取扱中止
衝撃特価:5,780円(税抜)
(税込 6,358円)
参考になった人数:9人(9人中)
(5.0) いわゆる「ゴミ箱」のようなサウンド。 2012/07/02
一時期、ジルジャンのカタログによく見られた「ゴミ箱のような音」を地で行く音色だと思います。この「ゴミ箱」て言い回しも絶妙なモノで、要するに「大きな金属のくずかごを思いっきり蹴っ飛ばした」ような炸裂音、てことなんでしょうか?このZCL18は、まさにそんな音色です。
昔、吹奏楽部の部室にこれと似たチャイナが転がっていました。確かKMKのチャイナでしたか…。KMKといえば、世界中のオーケストラで愛用されているシンフォニックゴングの有名ブランドですが、そのKMKのチャイナならまさに本場物。ZCL18は、そのKMKのチャイナに見た目、音色、ともにそっくりです。カップの中が真っ黒になっていることまで全く一緒。もしかして同じ工場で作ってる?てくらい。
自分は、そのKMKのチャイナしか知らなかったんで、チャイナシンバルと言えば「ゴミ箱の音」だったんですけど、その後AジルジャンのChinaBoyLow20を買って、その上品な音に幻滅するわけです。「自分の知ってるチャイナシンバルの音じゃない」って。
今回買ったZCL18は、自分の知ってるチャイナサウンドが戻ってきたかのような気分でした。サウンドは文句の付けようがありません。これこそ「正統派チャイナシンバル」でしょう。とにかく高音域が目立ちますが、よーく聴くとものすごい低音成分が含まれてます。ただ低すぎて、バンドやアンサンブルでは聞き取れないですね。
ジルジャンやパイステなどのサウンドをイメージして買うと、そのあまりの差異にビックリするでしょうが、過激なサウンドとは裏腹に、意外とどんなアンサンブルにも溶け込みます。ただし使いどころを誤るとやかましいだけなので要注意ですが。。。柔らかいフェルトのマレットでフチを叩くと、銅鑼みたいな音も出せます。
結論としては、素晴らしい楽器です。4800円は安い!

PLAYTECH(旧ZENN)
ZCF16 THIN CRASH
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:5,280円(税抜)
(税込 5,808円)
参考になった人数:15人(16人中)
(5.0) いいね 2012/06/29
いわゆる「薄手のシンバル」の音がします。振り抜き方によって、音量・音色どちらも程よい表情を持っています。
音量については、スティックワークに程よく食い付いてきます。どんなに強く叩こうとも、音量はあまり出ません。薄手の16なので、その辺りは仕方ありませんし、その点はどんな高級なシンバルだって同様です。
音色に関しては、こちらも強弱によって様々な表情を覗かせます。決して画一的な音色ではありませんね。個人的な主観ですが、このシンバル以外Kジルのセットに、何の問題もなく馴染みました。KのDarkCrashThin16に近い音色に感じます。残念ながらK Customには及びませんが…。
耐久性については、使い込んでみないと何とも言えません。しかしながら、シンバルは元々が消耗品みたいなモノなので、割れたら割れたで自分のスティックコントロールの未熟さを後悔しつつ、また同じモノをポチッちゃうんだろーなー、と思います。
間違ってもロックに合うような音色ではありません。しかし、ジャズやフュージョン系にはよく馴染む音色のように思えます。目的さえよく考えてこのシンバルを選ぶなら、4800円という値段設定も考慮して、1枚試しに買って損はないのではないでしょうか。個人的には、買って大正解でした。

PEARL
S-041
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:2,340円(税抜)
(税込 2,574円)
参考になった人数:13人(15人中)
(5.0) 至高 2012/06/17
文句の言いようがありません。素晴らしいスナッピーです。当方、オーケストラで打楽器を担当する傍ら、たまにジャズ・フュージョン系のバンドでドラムを叩くのですが、そのどちらにもバッチリです!金属胴よりは木胴の方が相性が良いかな?ヘッドとチューニングさえ決まれば、胴の素材をそのまま引き出してくれます。自分が勝手に理想としていた、ウィーンフィルのニューイヤーで聴ける「こうもり」ラストの8拍のロール音(て言って分かる方いらっしゃるかな…)にかなり近づきました。
スナッピー自体の鳴りは弱いので、スネアサイドには弱奏でもレスポンスの良い薄手のヘッドを張るのが良いかと思います。バターサイドには、やはり本皮系のヘッドが合うでしょうね。私はスネアサイドにレモ・ルネッサンス、バターサイドにレモ・スキントーンを張りました。結果、今までの音は何だったの?てくらい激変しました。もちろん、いい方に。
残念ながら、ツブしの利かないサウンドなので、活躍の場はアコースティックな音楽に限られるでしょう。けれども、この手の音が好きな人には堪らないでしょうね。実際に使ってみるまでは「Pearlかよ」なんて少々軽く見ていたフシもありましたが、このような逸品が日本のメーカーで発売されてるって事実は素晴らしいですね。
万人にお薦めできるものではありませんが、クラシックやジャズなどのアコースティックな音楽をやられている方は検討してみる価値はあるのではないでしょうか?

PLAYTECH(旧ZENN)
DTM1314 ティンバレス
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:9,980円(税抜)
(税込 10,978円)
参考になった人数:35人(36人中)
(3.0) シェルを安く買ったと思えば 2012/04/18
楽器が届き、練習期間を経て演奏会で使用したまでの感想を綴らせて頂きます。
まず、ヘッドがプラスチックヘッドで、残念ながらすぐに破れました。私のところに届いたものは、叩きはじめて3秒で破れました。そこそこ張ったつもりでしたが…。ですので、ヘッドは交換前提で購入される覚悟を。
スタンドも非常に不安ですね。ステンレスシェル2つを支えるだけの安定感があるとは到底思えません。叩くたびに揺れます。ですので、これは我慢するかうまく改造するかの2択でしょうね。
カウベルはオマケです。音質は期待しない方がいいでしょう。マウントのアタッチメントも微妙です。ただ、ロッド径は一般的なものとほとんど同じ径ですので、どんなカウベル、ブロック類も取り付け可能です。
最後にシェルですが、これは良いものだと思います。当然、細部の仕上げを気にしたらキリが無いですが、この価格でステンレスシェル2つを手にできると考えれば、ある意味「安い」と言えるのではないでしょうか。パイラ奏法も問題なく行えます。私は破れたヘッドをRemoコーテッドアンバサダーに交換しましたが、非常に乾いた、ティンバレスらしいオープンな響きであるように感じました。アンバサダーだと厚すぎるかな?重い感じです。もう少し薄いヘッドの方が良かったかも。一つ難点を上げれば、テンションボルトが何やら怪しく、キーでの締め込みにそこそこの力が必要なので、すぐに山が潰れてしまわないか…ということくらいです。ワッシャを変えてグリスを塗れば解決できるのかな…?まだ試してないですけど。
結論としては
・ヘッドは交換前提
・スタンドは不安定
・カウベルはオマケ
・シェルはそこそこ
こんなところでしょうか。全体としてはイマイチかと思いますが、楽器との出会いは一期一会。こうして出会ったのも何かの縁でしょうから、手入れをして大事に使っていこうと思います。ありがとうございました。

mazda9708 さんのプロフィール

レビュー投稿数:7件

住所:神奈川県

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top