ここから本文です

サウンドマート

Hungry Robot Pedals ( ハングリーロボットペダルズ ) / The Aether

Hungry Robot Pedals ( ハングリーロボットペダルズ )  / The Aether

  • Hungry Robot Pedals ( ハングリーロボットペダルズ )  / The Aether画像1
  • Hungry Robot Pedals ( ハングリーロボットペダルズ )  / The Aether画像2
  • Hungry Robot Pedals ( ハングリーロボットペダルズ )  / The Aether画像3
  • メーカーサイトManufacturer Site
Hungry Robot Pedals The Aetherは、モジュレーションディレイペダルです。しかし、単なるモジュレーションディレイではありません。Hungry Robotの名作、Wardenclyffeのデザイン哲学をもとに、ディレイペダルを作りました。
The Aetherの中心はPT2399タップテンポディレイです。ディレイペダルの標準的なEcho、Feed Back、Timeコントロールが備わっています。
そして、Color、Saturation、Degradeの特別なコントロールがあります。Colorスイッチを切り替えるとThe Aetherのキャラクターが大きく変わり、アナログの暖かなトーンとブライトなテープトーンを切り替えられます。Saturationはディレイチップをオーバードライブさせるゲインコントロールです。Hungry RobotはPT2399チップは他のどのディレイチップよりもゲインとドライブが優れていると考えています。Degradeスイッチはローファイテクスチャとアーティファクトとディレイに加えます。このスイッチで長いディレイタイムでの安定性を保つ、通常のディレイとして重要なセクションをあえてカットします。それにより、ディレイタイムを長くするとローファイなサウンドが得られます。

The AetherにはWardenclyffeからインスピレーションを得たシンプルながら多用途なモジュレーションLFOコアがあります。これは多くの一般的なモジュレーションディレイとは一線を画します。モジュレーションコアのスピードはRateノブ、タップテンポスイッチ、Syncスイッチで設定できます。Syncを中央の位置にすると、LFOはRateで任意の速度に設定できます。Syncが上のポジションにあるとLFOスピードはディレイタイムと同期し、下のポジションではディレイタイムの半分になります。

Shiftノブはモジュレーションの深さを調整します。Strayスイッチは、LFOをサイン波からランダム波形に切り替えます。The Aetherのモジュレーションセクションは創造的に音を探求することができます。

●コントロール
・Echo:ディレイレベルを調整します。
・Stray:LFOをサイン波とランダム波形から切り替えます。
・Shift:モジュレーションの深さを調整します。
・Time:ディレイタイムを調整します。
・Rate:モジュレーションスピードを調整します。(Syncが中央位置のとき)
・Sync:中央位置のときはRateでモジュレーションスピードを調整します。上ポジションではディレイタイムと同期し、下ポジションではディレイタイムのハーフタイムとなります。
・Feed Back:ディレイの反復を調整します。
・Saturation:ディレイチップのオーバードライブを調整します。
・Color:暖かなアナログディレイとブライトなテープエコーサウンドを切り替えます。
・Degrade:ディレイをローファイにします。
・タップテンポ:ディレイタイムを設定します。タップテンポの反映までに少しラグがあります。
・バイパス:エフェクトON/OFFを切り替えます。
●スペック
駆動:センターマイナスDC9V(電池はお使いになれません)

関連商品

レビューを投稿するWrite a Review

  • この商品のレビューを書くWrite a Review

Hungry Robot Pedals ( ハングリーロボットペダルズ )
The Aether

商品ID:331401

¥40,700(税込)

  • 送料無料

407ポイント(1%)内訳

  • 407Pt

    通常ポイント

  • 407Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram