ここから本文です

Umbrella Company ( アンブレラカンパニー ) / The Fader Control

Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control

  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像1
  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像2
  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像3
  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像4
  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像5
  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像6
  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像7
  • Umbrella Company ( アンブレラカンパニー )  / The Fader Control画像8
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
■フェーダーボリュームコントローラー、ヘッドホンアンプ

「2モードを自在に操る スタジオ・リファレンス・サウンド。」
Umbrella Companyの「The Fader Control」は総合的な機能をもつフェーダー・ボリューム・コントローラーです。スタジオ・リファレンス品質の「ハイフィデリティ・ヘッドホンアンプ」としての実力も兼ね備えました。

「アウトプットモード」と「インプットモード」の2モードと、マイクロプロセッサーによる柔軟なコントロール、「電子ボリューム」によるピュアな原音再生を特徴とします。

<製品の概要>
The Fader Controlは「アウトプットモード」と「インプットモード」を切替えて使用することができます。「アウトプットモード」ではDAWシステムのモニターコントローラー、またはリファレンス・ヘッドホンアンプとして、「インプットモード」では録音作業時のレベリングをフェーダー操作で行うことが可能です。

フェーダー式の快適な操作性はそのまま、 The Fader Controlは「電子ボリューム」でのコントロールを実現しています。アナログ・ボリュームでは必ず問題となる、可変抵抗器による回路インピーダンスの変化、接触不良によるガリやギャングエラーから解放され、音量による音質変化も皆無です。可変抵抗器の音が全く乗らないため、極めてピュアな原音忠実再生が達成できます。正にリファレンスとして相応しいサウンドを提供いたします。

マイクロプロセッサーによる柔軟なコントロールにより、ボタン操作だけで便利な各機能にアクセス可能、設定のメモリー&リコールも可能です。

■リファレンス音質のアウトプットモード
スタジオ・リファレンスサウンドのモニターコントローラーとしてご利用いただけます。

アクティブスピーカーやパワーアンプに接続して、フェーダー操作のボリュームコントローラー機能を提供します。スタジオリファレンスとして「原音を100%再生する」高い能力を持ち合わせています。位相や波形を全く乱さず、ありのままの原音を再生機へとしっかり届ける「基本性能」にこだわり、完全に「インビジブル」なモニターアンプとしての役割をプロフェッショナルに果たします。「楽曲の表情、動的なパフォーマンス」まで鮮明に描き切る実力をもったリファレンス音質が特徴です。

XLRバランスの入出力を装備し、ライン出力とヘッドホン出力を切替えてモニタリングすることが可能です。マイクロプロセッサー制御のコントロール機能では、フェーダー位置に関わらず、予めユーザーが設定したリファレンスレベルを呼び出せる「REF」や、減衰量をメモリー可能な「DIM」、サウンドを消音する「MUTE」などプロのモニタリング時に不可欠な基本機能を搭載しています。

■ヘッドホンアンプの卓越した写実力
「アウトプットモード」ではThe Fader Controlをスタジオ・リファレンス品質のハイフィデリティ・ヘッドホンアンプとしてご利用可能です。

The Fader Controlは多角的なフェーダー・ボリューム・コントローラーであり、ヘッドホンアンプは機能の一部ですが、ヘッドホンアンプ単体機としての実力はその価格帯を明らかに超越したものです。「電子ボリューム」構成によるピュアなハイエンド・リファレンス・サウンドが特徴です。

滑らかなフェーダー操作で(HPボリュームでの操作も切替可能)ボリュームコントロールできる、珠玉のリファレンス・ヘッドホンアンプは「楽器音だけではない空間の音」まで、芸術の全てを鳴らしきります。

■録音時の入力レベル調整をフェーダーで
「インプットモード」では、録音作業時のリアルタイムのレベルコントロールをフェーダー操作で行うことが可能です。音量レベルは0.125dBステップのデジタル指定(精密なレベルセット)、音量変化はアナログ無段階(滑らかなコントロール)が行えるよう設計されています。エンジニアの指先の情報を正確にとらえ、フェーダーのポジションを音量値として正確に再現します。また変化量を補完し制御する事で、滑らかにフェーダー操作に追従します。プロフェッショナルな基本性能をしっかりと備えました。

モノラル・オペレーション時には、2系統の出力を「可変レベル」と「固定レベル」で同時出力することができ、バックアップ録音に役立ちます。またステレオ・オペレーション時にはL/R間レベル誤差0.05dB未満、ギャングエラーのない完璧なボリュームコントローラーとして機能いたします。

またインプットモード時の全てのファンクションキーは誤動作防止のため、ファンクションキーとの同時押しとなっており、録音時の事故を防ぎます(このモードは設定で解除も可能です)。MONO/STEREOオペレーション切替、MUTE、0dBまたは+10dBでフェーダー位置に対する音量レベルを変更できるSCALE切替え機能を操作可能です。


■正確、かつ滑らかな音量コントロール
The Fader Controlは、アナログ回路をマイクロプロセッサーによりデジタルコントロールすることで、正確にかつ滑らかな音量コントロールを実現しています。

● フェーダーの位置の情報をアナログ電圧として読み取る。
→常に監視し変化があればリアルタイムで動作します。

●変化速度や変化量の情報をマイクロプロセッサーが処理。
→フェードでつなぐようにプログラム、音量変化を滑らかに。

●音量レベルを10bitデジタルデータで出力。
→1024ステップの分解能、実用上無段階。

●DACでデジタルコントロールデータをアナログコントロール電圧に変換。
→0dB付近では0.125dBの違いまで精密に表現。

●VCAを正確に電圧コントロールし音量を決定。
→正確なレベルセット、変化動作は滑らかな音量調整。

関連商品

レビューを投稿する

  • この商品のレビューを書く

Umbrella Company (アンブレラカンパニー)
The Fader Control

商品ID:246350

¥64,000(税抜)

(¥69,120 税込)

  • 送料無料

691ポイント内訳

  • 691Pt

    通常ポイント

  • 691Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top