ここから本文です

DTMセール情報まとめ

DIGIGRID ( デジグリッド ) / DiGiGrid [D] Impact Powered

DIGIGRID ( デジグリッド )  / DiGiGrid [D] Impact Powered

  • DIGIGRID ( デジグリッド )  / DiGiGrid [D] Impact Powered画像1
  • DIGIGRID ( デジグリッド )  / DiGiGrid [D] Impact Powered画像2
  • DIGIGRID ( デジグリッド )  / DiGiGrid [D] Impact Powered画像3
  • DIGIGRID ( デジグリッド )  / DiGiGrid [D] Impact Powered画像4
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
コンパクトなオーディオインターフェイスDiGiGrid [D]に、超低レイテンシーでのプラグイン処理が可能となるWaves SoundGrid Impact Serverをバンドルした、ホーム/プロジェクト・スタジオに最適なセットです。 安心のサウンドハウス3年保証付き!
■オーディオインターフェイス・バンドル

デスクトップはもちろん、モバイル・レコーディングにも最適な頑丈でコンパクトな筐体、DiGiCo譲りの高品位なマイクプリアンプとアナログ・ボリューム回路を備えた4 IN/6 OUTのオーディオ・インターフェイスDiGiGrid[D]と、300個以上のプラグインをリアルタイムで処理するWaves SoundGrid Impact Serverのセット商品です。

■主な特徴
・コンパクトな4イン/6アウト 96kHzオーディオ・インターフェイスに、強力なプラグイン処理能力を追加。
・英国で設計、音質にこだわったアナログのプリアンプとボリューム・コントロール
・Waves、Flux::など、SoundGridに対応したプラグインを、Imact Server上で処理、コンピューター本体のCPU負荷を軽減。
・レコーディング時にも、Wavesのプラグインをかけたまま遅延なくモニター可能。
・WindowsとMac OSコンピューターを複数台DiGiGrid [D]に接続して同時に使用可能。
・合計8台まで、任意のDiGiGrid I/Oを追加して拡張可能。

*DiGiGrid [D] Impact Poweredのご使用には1Gbps以上のLANポートとTP-Link TL-SG108のようなアンマネージ・ネットワーク・スイッチが必要です。

※こんな方におすすめです!

◎高品位なマイクプリアンプでレイテンシーの小さいI/Oが必要。
十分な帯域を持つ1Gbps以上のネットワークを使用し、パケットでオーディオ・データを送受信するDiGiGrid [D]は、ネットワーク内のレイテンシーは0.8ms、ASIO/CoreAudioドライバーのバッファサイズを低く設定してもCPUにかかる負荷は最少に抑えられています。

◎WavesやFluxなどのプラグインを多用しており、コンピューター本体のCPU負荷を分散したい。
使い慣れたネイティブDAWを変えることなく、今までCPUで処理していたプラグインをImact Server上で処理することができます。これによりコンピューター本体のCPUをより負荷の高いソフトウェア・インストゥルメントに割り当てるなど、お使いのDAWとコンピューターの能力を存分に使いこなすシステムを構築できます。また外出先でノートPCだけを持ち運んでいる場合など、Imact Serverが接続されていない状態でも、DiGiGrid [D] Impact Powered環境で作成したセッションとプラグインはそのまま、コンピューター本体だけでも編集を続けることが可能です。

◎レコーディング時にも、Wavesのプラグインをかけたまま遅延なくモニターしたい。
Impact Serverで動作するプラグインを使用する際に使うStudioRackプラグイン・シェル。このStudioRackには「PLAYBACK」と「INPUT」のモード切替が備わっており、「INPUT」を選択するとStudio Rack内のプラグインをDAWからバイパスし、超低レイテンシーでこれらのプラグインがかかった音をDiGiGrid [D]のヘッドフォン出力に返します。これにより、DAWの画面を離れることなく、レコーディング時にもミックス時に使いたいプラグインを使い続けることができ、ネイティブDAWの弱点だったプラグイン使用時の「モニター音の遅れ」の問題を解決しています。

◎コンピューターから離れた場所や別の部屋にオーディオI/Oを設置する必要がある。
Ehternetケーブルを使用してコンピューターと接続するDiGiGridのI/Oは、Cat 6ケーブルを使用すれば最大70m先(メーカー推奨値)にI/Oを設置することも可能です。

◎MacとWindow PCで複数のDAWを使い分けている。
複数のMacまたはWindowsから一台のオーディオI/Oを共有して、同時に入出力できるのも、ネットワークならではの機能です。一台のI/Oから複数のDAWに同時に録音する、DAWからDAWにマルチトラックでオーディオを流し込む、ソフトシンセ用と録音用のコンピューターを同時に走らせるなど、DAWシステムの可能性が広がります。

■仕様(DiGiGrid[D])
・マイク入力
入力インピーダンス:1K5Ω
ゲイン幅:0 To +70dB
周波数レスポンス:-3dB <10Hz To 100kHz
(アナログ-アナログ)
高調波歪み率:0.005% (ゲイン40dB)
入力換算ノイズ(EIN):typ. -127dB(ゲイン70dB)
ハイパスフィルタ:-3dB 100Hz 18dB/Octave

・ライン入力
入力インピーダンス:1MΩ/10KΩ
ゲイン幅:+6 To +30dB
周波数レスポンス:-3dB <10Hz ? 100kHz
(アナログ-アナログ)
高調波歪み:0.005%
ノイズ 最小ゲイン:-82dBu 最大ゲイン:-73dBu

・モニター出力
最大出力レベル:+22dBu
残留出力ノイズ:<92dBu
出力インピーダンス:50Ω
高調波歪み率:0.005%

レビューを投稿するWrite a Review

  • この商品のレビューを書くWrite a Review

DIGIGRID ( デジグリッド )
DiGiGrid [D] Impact Powered

商品ID:236672

¥172,944(税込)

  • 送料無料

24,210ポイント(14%)内訳

  • 1,729Pt

    通常ポイント

  • 6,917Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 15,564Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 24,210Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram