ここから本文です

サウンドマート

POWER ALL ( パワーオール ) / ISO-PUMP IP-1

POWER ALL ( パワーオール )  / ISO-PUMP IP-1

  • POWER ALL ( パワーオール )  / ISO-PUMP IP-1 画像1
■PA-9S用電圧コンバーター
■DC12V、18V、24V対応
■定格出力(連続):12V(480mA), 18V(320mA), 24V(240mA)
※本製品はPA-9S専用に設計されていますので、他のACアダプターには使用できません。
~メーカーサイト説明より~
18Wまでなら、デイジーチェーンケーブルを利用して複数のIP-1を使用可能です。
電圧の異なるエフェクターにつなぐ場合には必ず消費電力(ワット数)を計算して下さい。
ワット数(W)は、V(電圧)×A(電流)で計算します。
<例> 9V/400mAのエフェクター1台と、18V/100mAのエフェクター1台の場合
9V×400mA(0.4A)=3.6W、18V×100mA(0.1A)=1.8W、3.6W+1.8W=5.4W
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11000(2.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
0件
3
0件
2
1件
1
0件
この商品のレビューを書く

2015/03/25

11もう壊れた

投稿者名Reviewed byplatinum 【山形県】

スタジオで12Vが必要な時だけ使用していたので実質10回も使っていないのに、先月使用してみたら壊れておりエフェクターの電源がつかなくなっていました。
通電していないものだと思われます。
結構いい値段しただけに残念です。
使用頻度少ないのに1年たってから壊れるなんて…
ひどすぎる

レビューIDReview ID:55238

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

POWER ALL ( パワーオール )
ISO-PUMP IP-1

商品ID:179672

¥5,980(税抜)

(¥6,578 税込)

  • 送料無料

65ポイント内訳

  • 65Pt

    通常ポイント

  • 65Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top