ここから本文です

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / ELX118

Electro-Voice ( エレクトロボイス )  / ELX118

  • Electro-Voice ( エレクトロボイス )  / ELX118 画像1
  • Electro-Voice ( エレクトロボイス )  / ELX118 画像2
  • Electro-Voice ( エレクトロボイス )  / ELX118 画像3
  • Electro-Voice ( エレクトロボイス )  / ELX118 画像4
5
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル

バリエーションを選ぶ

▼ もっと見る

パッシブローパスフィルターが内蔵された大口径18インチ・サブウーハーELX118。ELX112、ELX115とパラレル接続するだけで、迫力のあるパンチの効いた重低音サウンドを得ることができます。別売りのディスタンスロッドを使用して、各スピーカーをサテライトマウントすることが可能です。
ELX 118 はELX112 とELX115 との組み合わせで最適な性能が得られ、重厚感のある低音を付加し、迫力を体感できます。
■EVS-18K 18 インチ (457mm) ウーファが広がりのある低音を響かせます
■周波数レンジ: 35 Hz - 200 Hz
■最大 SPL は134 dB
■許容入力は 400 W (連続)、1600 W (ピーク)
■ポール・マウント取り付けまたは Live X スピーカーに積み重ね
■15mm 合板筐体、内部補強、テクスチャーペイント塗装

■周波数特性
 50 Hz - 100 Hz(-3dB)
 35 Hz - 200 Hz(-10dB)
■最大測定SPL:134 dB
■推奨HP 周波数:30Hz
■指向性 (水平? 垂直):無指向性
■許容入力:400W (連続)、1600W (ピーク)
■LF トランスデューサー:EVS-18K、18 インチ (46cm)ウーファー x 1
■クロスオーバー周波数:NA
■公称インピーダンス:8Ω
■コネクター:NL4x2
■筐体の素材: 9層、15mm 合板、内部補強、テクスチャーペイント塗装
■グリル: 18GAスチール、黒パウダーコート塗装
■サイズ:幅50.7x高さ66.1x奥行57.4cm
■重量:30.6 kg
■適合アクセサリー: ASP-1サブウーファー・スタンド

※1本単位での販売です。ペア販売ではありません。


■ELX シリーズ
あらゆるステージに対応するスピーカーとして誕生したELXシリーズは、パフォーマンスが重視されるあらゆる場面で、本格的なサウンドを実現します。アーティストやエンジニア、ライブサウンドに携わるプロフェッショナル達も納得する、Electro-Voice最高品質のコンポーネントをもっと身近に利用できるスピーカー、それがELXです。あらゆるポータブルサウンドのニーズに応えられるよう、緻密な設計が施されています。
スピーカースタンド 種類で選ぶ

関連商品

スタッフレビュー

PA用スピーカーのおすすめならElectro-Voice(エレクトロボイス)のELX(Live X)シリーズで決まりです。豊富なラインナップでスピーチ、各種イベント、バンド演奏のあるライブまで様々な用途に応えてくれます。木製で耐久性のあるエンクロージャーの12インチ、15インチモデルは、メインスピーカーとしてもフロアモニターとしても高いパフォーマンスを発揮してくれる左右非対称の形状をしています。18インチのサブウーハーを組み合わせればロックバンドにも対応する迫力のライブシステムを構築できます。15インチ×2発のELX215は、サブウーハーなしで、最大級の音圧を確保したい人にオススメです。
パワードモデルは、2系統の入力チャンネル、XLR、フォン、RCAと多彩な入出力端子が用意されており、あらゆる機器の接続が可能です。リンク出力もあるのでシステムの増設も簡単にできます。搭載されたEQモードは、フルレンジの高域と低域を強調するドンシャリモード、サブウーハーでは、厚いビートを刻む低域強調モードを備えています。またELXシリーズのフルレンジとサブウーハーを組み合わせる時には、複雑なクロスオーバー設定をしなくとも、スライドスイッチ1つで最適な2ウェイシステムができるので誰でも簡単にセッティング可能な点も一押しポイントです。

営業部 / 河西 政佳営業部 / 河西 政佳

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2017/10/19

11111非常に結構!

投稿者名:名無しでお願いします。 【東京都】

 3Way+サブウーファーをマルチアンプ駆動で聴いていましたが、完全4Wayにする為購入しました。 6畳間のホームオーディオ用です。

到着後先ずはウーファーを取り外し中を確認。 内部補強となっていますが、ちょっと心もとない感じだったので独自に手を加えました。

吸音材は内壁の下半分にフェルトが貼ってあるだけ。ちょっとしまりのない音がしそうでしたのでグラスウールを上半分のなにも貼ってない面に貼りました。バスレフダクトが15cmパイととっても大きいので、後から手を突っ込んで、いかようにも弄れます。

スピコンボックスの内側にはハイカット用のコイルが張り付けてありますが、鉄心コイルなので歪的にはよろしくないかと思いますので、サブウーファーとしてポン付けする場合以外は取ってしまった方が良いです。
これらの改造は音が出る事を確認してから、自己責任で行って下さい。 返品利かなくなりますので(笑)。

実際の周波数特性はカタログデータとは大違い。180Hz~70Hz位まではほぼ平坦なのですが、それ以下ではなだらかに下降し始め、60Hzで約10dB、そのあと急峻に低下し50Hzでは15dB以上低下します。 これはオリジナルの状態で、グラスウールを追加すると、80Hz以下でさらに1dB下がります。

これは交換前のスピーカーと同じようなものだったのでかなりがっかりしたのですが、この後実際に音出しをしてみてちょっとびっくり。
元々低音があまり入っていない音源だと昔と変わらないのですが、低音が入っている音源の場合、驚くほど音量がアップし、音域も下の方に広がったように聴こえます。 更に1週間ほどエージングした後はすさまじい迫力の音が出てくるようになりました。時にはもうボディーソニック状態です。
音量が上がっても音が崩れる様な事はなく、がっしりした骨格はそのままで塊になって飛んできます。その分解能には大満足です。

但し、うちの場合、このウーファーとミッドバスはステレオアンプをBTL接続にしてモノラルアンプとして使っていますので、このアンプの差がもろに出ているのだと思います。46cmスピーカーの場合、相互干渉による逆起電力が帰還ラインに影響を及ぼさないBTL接続アンプが必須かもしれません。

レビューID:76604

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/01/24

11111いいバランスです。

投稿者名:H2 【岡山県】

SX300とセットで使用してみました。直接ではなく80Hz程度のクロスオーバーにて設定。
上下のつながりが心配でしたが、同じメーカーの音質?なのか、予想以上に綺麗につながってます。キックドラムやベースの音圧もガツンと出て気持ちの良い音場になりました。ローがきちんと鳴ってると、相対的な音量も下げてOKなようで、かなりのメリットがあります。ただし、持ち運びは結構大変です。比較的軽量ですが、大きいので一人では危ないでしょう。

レビューID:69621

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

Electro-Voice (エレクトロボイス)
ELX118
サブウーファー

商品ID:161111

通常価格:¥60,800(税抜)

¥50,500(税抜)

(¥54,540 税込)

  • 送料無料

2,725ポイント内訳

  • 545Pt

    通常ポイント

  • 2,180Pt

    ポイント5倍

  • 2,725Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

ASK

祝・新元号 令和セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
flumpool 阪井一生さんの作曲・アレンジ大公開 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top