ここから本文です

API ( エーピーアイ ) / 525

API ( エーピーアイ )  / 525

  • API ( エーピーアイ )  / 525画像1
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
■コンプレッサー/リミッター
■入力インピーダンス:>30kΩ(バランス)
■出力インピーダンス:<100Ω(トランスフォーマーバランス)
■動作レベル:-15dBu~+20dBu
■ノイズ:<-98dBu(+10dBu出力 @ 10dBコンプレッション)
■周波数特性:30~20kHz(±0.5dB)
■歪み率:0.5%(30~20kHz)
■最大ゲインリダクション:25dB
■アタックタイム:15μs
■リリースタイム:0.1, 0.5, 2.0, 2.5s
■コンプレッション:2 : 1
■リミット:2 : 1
■サイズ:W38×H133×D152mm
■重量 : 800g

525は1970年代にすでにリリースされていましたが、タイプとしては1176や660のような「フィードバック」方式のコンプレッサーです。インプット(スレッショルド)コントロールとアウトプット(ゲイン)コントロールの設定でコンプレッションを実行します。加えて「CEILING」コントロールで出力を変化させることなくスレッショルドとゲインを微調整します。コンプレッション/リミットスイッチは、2:1または20:1のどちらかに圧縮比を設定します。アタックタイムは15μsec以上です。2個のスイッチの組み合わせによって、0.1、0.5、1.5、および2.0で4タイプのオートリリースモードを提供します。ディエッサー機能はボーカルに対して逆のエネルギー曲線フィルターをシビランスおよびポップ音減少のために挿入します。525は今まででもっともポピュラーなAPI製品の完全復刻版です。525はおそらく誕生から現在に至るまでもっとも理想的なソリッドステートのフィードバックコンプレッサーです。それは現在一般的なVCAコンプレッサーとは異なり、ダイナミックコントロール方式によるものだからです。出力レベルを上げている間「CEILING」コントロールがゲインリダクションを増加させることができるので、ユーザーはサウンドレベルを安定して管理することができるのです。この製品の復刻にあたっては当時の設計図面や仕様などを忠実に守って再現することに成功しています。自然な音の余韻を維持するためには、低域よりも高域成分を検知しながらリリースタイムを決定しています。アタックタイムは固定で、ポンピング現象を起こすことなく急峻なピークを抑えます。このように525はトラッキングからミックスダウンまで広範囲な用途に非常に効果的なコンプレッサー/リミッターといえます。「ビンテージ」ダイナミクスコントロールや操作しやすいマルチファンクションコントロールセット、また幅い利用が可能な500シリーズ用ケースの相乗効果によって、525はどのような厳しい条件下でも抜群のパフォーマンスを発揮することができます。加えてハードワイヤータイプのバイパススイッチ、バランス入力、他の500シリーズと同様のピン出力タイプなど、API525は25年の時を経てなお「525の音」として評価されつづけているのです。さらに複数の525をリンクしてマルチチャンネル仕様にすることも可能です。525フィードバックコンプレッサー/リミッターは、APIオリジナルオペアンプ2510および2520を採用しています。これによりAPI製品特有の信頼性、ロングライフ、および常に安定した動作を誇っています。

関連商品

レビューを投稿する

  • この商品のレビューを書く

API (エーピーアイ)
525

商品ID:10938

¥120,800(税抜)

(¥130,464 税込)

  • 送料無料

1,304ポイント内訳

  • 1,304Pt

    通常ポイント

  • 1,304Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top