ここから本文です

HOME

YAMAHA DHR/CHR シリーズ

YAMAHA DHRシリーズ CHRシリーズ

ヤマハ・パワードスピーカー「DHRシリーズ」、パッシブスピーカー「CHRシリーズ」は、サウンドリインフォースメントを新たな精度と性能を備えたプロフェッショナル品質へとステップアップさせる理想的なソリューションです。強固なポリウレアコーティング仕上げのプレミアム合板キャビネットは、このクラスでは類を見ない耐久性を実現しました。シリーズの各モデルは、厳選された専用のトランスデューサーを搭載しています。両シリーズ共に10インチモデルは固定設備や様々な用途に対応し、12インチモデルはフロアモニター用途に、15インチモデルはFOHメインシステム用に最適化され、多様なSRアプリケーションの要件を満たします。「DHRシリーズ」はDSP内蔵のClass-Dアンプを搭載し、スタンドアローンで優れた音質と明瞭性を実現します。「DHR/CHRシリーズ」は、具体的なアプリケーションに適した実用的な機能を持ち、様々な音響環境に最適なスピーカーを柔軟に選択いただけます。

DHR/CHRシリーズ紹介動画

シリーズ共通の特長

このクラスには無い木製合板製キャビネット

キャビネットにはヤマハスピーカーのフラッグシップモデルDZR/CZRシリーズと同様の合板を採用し、不要な振動を最少に抑え、クリアなサウンドを実現しています。強固なポリウレア塗装の仕上げは剛性を高め、スリ傷などにも強い堅牢性も備えています。

ヤマハ DHR/CHRシリーズの木製キャビネット
ヤマハ DHR/CHRシリーズのウーファー、ドライバー

専用設計のトランスデューサー

高出力ウーファーは、精確でパワフルな低域を最少の歪みで出力し、精密な1.4インチコンプレッションドライバー*は精確な中~高周波数域を生み出します。

* DHR/CHR12Mは1.75インチ同軸コンプレッションドライバーです。

様々な音響環境に最適化したキャビネット設計

両シリーズ共に、10インチモデルは、回転可能な高域ホーンを備え、リギングポイントを装備し、専用のUブラケット、UB-DXRDHR10も用意していますので、固定設備をはじめ多様な用途に対応します。12インチモデルはヤマハスピーカーでは初の同軸ドライバーを備えており、フロアモニターとして、よりスムースな周波数特性を実現し、明瞭性を向上させました。シリーズ最大の15インチモデルは、2つの設置角が選べるスタンドソケットと固定設備や仮設システムで使用する際のリギングポイントを装備しています。

DHR10CHR10

回転可能な高域ホーンとオプションのUブラケット(UB-DXRDHR10)

DHR12MCHR12M

一体型同軸ドライバーを採用

DHR15CHR15

別売アイボルト取付用リギングポイント、0°と-7°のスタンドポールソケットを装備

同軸型の利点

ヤマハのPAスピーカーでは初となる「DHR/CHR12」に搭載されている同軸ドライバーは、特に足元に置いて使用する「フロアモニター」使用時に幾つかのメリットがあります。

  • 低域・高域の音の音源位置がリスナーに対して等しいため、リスニング時、特にクロスオーバー周波数近辺の到達時間(位相)が等しくなり、時間(位相)差が原因の聴感歪が発生しづらく、音の明瞭性が向上します。

  • 低域・高域が独立したバイアキシャル型と比較して、フロアモニター使用時にL/R関係なく対称に設置ができます。また高さが低い構造にできるためステージの見栄えが向上します。

  • ウーファー部分のコーン紙が、ホーンフレアのような働きをするため、ホーンが無くても円錐状の放射パターンが可能になります。

バイアキシャル型の利点

「DHR/CHR15」、「DHR/CHR10」が採用している低域と高域の音源が分離している「バイアキシャル型」のメリット

  • 低域・高域が分離しており、ホーンを搭載している「DHR/CHR10」では、構造上ホーンの向きが回転できるため、設置環境に応じて高域指向角度の変更が可能です。

  • 一般的なホーンを搭載した商品の場合、能率が上がるため最大音圧レベルが高くなります。

  • 固定設備使用において、ホーンを下にすることで反射物を避けるような設置が可能になります。

DHRシリーズの特長

高効率1000WのClass-Dアンプ搭載

DHRに搭載している軽量で高性能なClass-Dアンプは最大1000W*の出力で、優れた明瞭度と動的特性により、最大131dB(DHR15)の音圧レベルを生み出します。

* DHR10は出力レベル700W

簡単に使用可能な2チャンネルミキサーを内蔵

DHRシリーズのスピーカーは、2つの入力チャンネルを備えています。CH1は、XLRとTRSフォーンのコンボジャックを装備しており、マイクやライン入力信号のどちらも入力が可能です。CH2はXLRとTRSフォーンのコンボジャックの他にCDプレーヤーのようなステレオラインレベルの入力ソース用にペアのRCAピンジャックを備えています。

内蔵のミキサー機能により、CH1とCH2をミックスする「CH1+2MIX」と信号をCH1のみに制限する「CH1 THRU」を選択できます。

CHRシリーズの特長

既に所有されているアンプが使用可能

パッシブスピーカーの「CHRシリーズ」は、パワーアンプを搭載していませんので、既にパワーアンプをお持ちの場合は、そちらをご使用頂くことが可能です。

DHRシリーズ主要規格

DHR15DHR12MDHR10
アンプ内蔵
再生周波数帯域(-10dB)44 Hz-20 kHz55 Hz-20 kHz52 Hz-20 kHz
公称指向角度(水平x垂直)90°x60°90°円錐90°x60°(回転可能)
最大音圧レベル(1m)131 dB SPL129 dB SPL128 dB SPL
コンポーネント(LF/HF)15インチ/1.4インチ12インチ/1.75インチ10インチ/1.4インチ
定格出力(最大/連続)1000W/465W1000W/465W700W/325W
入出力コネクターINPUT1: Combo x 1, INPUT2: Combo x 1, RCAピン x 2(アンバランス), OUTPUT: XLR3-32 x 1(CH1パラレルスルーまたはCH1+CH2ミックス)INPUT1: Combo x 1, INPUT2: Combo x 1, RCAピン x 2(アンバランス), OUTPUT: XLR3-32 x 1(CH1パラレルスルーまたはCH1+CH2ミックス)INPUT1: Combo x 1, INPUT2: Combo x 1, RCAピン x 2(アンバランス), OUTPUT: XLR3-32 x 1(CH1パラレルスルーまたはCH1+CH2ミックス)
電源電圧100V, 50/60Hz100V, 50/60Hz100V, 50/60Hz
消費電力74W74W60W
外形寸法(W x H x D)432mm x 692mm x 405mm500mm x 343mm x 454mm305mm x 494mm x 300mm
フロアモニターアングル-57°-
ポールマウントソケット35 mm x 2(水平0°と-7°)35 mm x 135 mm x 1
吊金具取付ポイント上面 x 2, 背面 x 1(M10 x 30-50mmアイボルト取付用)-上面 x 2, 背面 x 1(M10 x 30-50mmアイボルト取付用)
質量24kg16.5kg15.0kg
オプション(別売品)--Uブラケット:UB-DXRDHR10

CHRシリーズ主要規格

CHR15CHR12MCHR10
アンプ内蔵XXX
再生周波数帯域(-10dB)49 Hz-20 kHz61 Hz-20 kHz55 Hz-20 kHz
公称指向角度(水平x垂直)90°x60°90°円錐90°x60°(回転可能)
最大音圧レベル(計算値、1m)125 dB SPL123 dB SPL122 dB SPL
コンポーネント(LF/HF)15インチ/1.4インチ12インチ/1.75インチ10インチ/1.4インチ
許容入力(NOISE/PGM/MAX)250W/500W/1000W250W/500W/1000W175W/350W/700W
入出力コネクターspeakON NL4MP x 2(パラレル)speakON NL4MP x 2(パラレル)speakON NL4MP x 2(パラレル)
外形寸法(W x H x D)432mm x 692mm x 405mm500mm x 343mm x 454mm305mm x 494mm x 300mm
フロアモニターアングル-57°-
ポールマウントソケット35 mm x 2(水平0°と-7°)35 mm x 135 mm x 1
吊金具取付ポイント上面 x 2, 背面 x 1(M10 x 30-50mmアイボルト取付用)-上面 x 2, 背面 x 1(M10 x 30-50mmアイボルト取付用)
質量22 kg15.6 kg13.7 kg
オプション(別売品)--Uブラケット:UB-DXRDHR10

関連コンテンツ

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram