ここから本文です

HOME

バンドマン愛用 推し機材

バンドマン愛用 推し機材

便利すぎて手放せない!持っているだけでテンションが上がる!
そんなお気に入りの機材はありますか?
今回は音魂ぐらんぷり2023入賞バンドに、
日々愛用している“推し機材”を動画で紹介してもらいました!

  1. item-01

    スーパー登山部 ピアノ/キーボード 小田 智之 さん

    X AIR XR18
    使用歴
    半年

    X AIR XR18

    バンドリハや機材を持っていく屋外ライブなどで利用していますが、コンパクトで取り回しがよく操作も簡単なので重宝しています。

    今欲しい機材

    JVC / BN-RB15-C ポータブル電源

    JVCポータブル電源。山の上やストリートで演奏する際に必要なのでほしいです。

    バンドプロフィール

    スーパー登山部

    2023年5月、山岳会会員の小田智之のオリジナル曲を演奏するため結成。現役大学生のHina(Vo)、KADOMACHIやソロ活動もお盛んな いしはまゆう(Gt)、名古屋の殆どのアーティストを支えるベーシスト梶祥太郎(Ba)、中村佳穂BANDなどのドラマー深谷雄一(Dr)に、サポートメンバー小田智之(Key)を迎えてお届けする。

  2. item-02

    AREINT ベース SEIYA さん

    Rusty Box
    使用歴
    2ヶ月

    Rusty Box

    操作が簡単で、各EQの効きが良いので美味しいポイントが直感で素早く見つかる所です。INPUT GAINを上げると、アンプのモチッとした音が残りつつ歪み、ラインでも表現してくれる所もお気に入りです。BOOST機能もありがたいです。ずっと欲しくて、最近ついに手に入れました!

    今欲しい機材

    ORIGIN EFFECTS / Cali76-CB

    宅録りをする機会が増えたので、高級感のあるコンプを探してます。主にピック弾きなので、ピークには気をつけていますが、アンプで鳴らすときのピーキーなギリギリを攻めたニュアンスはラインでも表現したいので、HPFのような性能を求めていました!

    バンドプロフィール

    AREINT

    福岡発ポップ&ロックバンド AREINT(アレイント)
    Vo. Sakuraの力強い歌声に、パワフルかつ、若さと個性溢れるBa. SEIYA、Dr. SHOにより生み出される楽曲は、キャッチーでどこか馴染みのあるロックサウンドが特徴であり、独特なAREINTサウンドを作り出している。

  3. item-03

    Chemical Glitch ベース Yips さん

    BB-1X
    使用歴
    買ったばかりで1ヶ月程度

    BB-1X

    まず見た目がカッコいい。次に音が良い。

    今欲しい機材

    BOSS / BC-1X

    綺麗に音を圧縮してくれるので扱いやすく、見た目がカッコいい。

    バンドプロフィール

    Chemical Glitch

    2019年11月、名古屋を拠点に始動。最初の曲である【Hikari】を始動と同時にYoutubeにて公開。海外も視野に入れたAlternativeなバンド。各メンバーの個性や特性を活かし、ロック、エレクトロ、ブラックミュージックなど様々な要素を取り入れた幅広いジャンルの音楽を展開している。

  4. item-04

    ザ・ラヂオカセッツ ボーカル、ギター 山下秀樹 さん

    EPIPHONE / Riviera 日本製
    使用歴
    約5年

    EPIPHONE / Riviera

    色、見た目、音、弾き心地。そのすべてにおいて自分にぴったり合っています。

    今欲しい機材

    FENDER / Deluxe Series Instrument Cable Black Tweed S/S 3m

    品質がとても良いので愛用しています。年季が入ってきているため、新しいものに買い替えを考えています。

    バンドプロフィール

    ザ・ラヂオカセッツ

    大谷ペン(Dr.Vo)、樋口三四郎(Gu.Vo)、山下秀樹(Vo.Gu)、渡辺ヒロ(Ba.Vo)、沢田レヲ(key.Vo)
    吉祥寺を拠点に活動するロックバンド。メンバー全員が作詞・作曲・メインボーカルおよびコーラスを担当し「歌心」を何よりも大切にしている。タワーレコードが主催するオーディション「Knock’on TOWER’s DOOR」にてグランプリアーティスト、各賞を全て受賞し初の全国流通盤1stミニアルバム「ザ・ラヂオカセッツ」をタワレコプッシュアイテム「タワレコメン」としてリリース。ツアーやワンマンライブなども精力的に行う。

  5. item-05

    Hernia ギター 大谷俊喜 さん

    Realdeal/1962 ES XIII Perfect Reproduction
    使用歴
    4年

    Realdeal/1962 ES XIII Perfect Reproduction

    Realdeal/1962 ES XIII Perfect Reproduction

    何と言っても音が最高すぎる。当時の偉大なギタリストたちが使用していたES355の完全再現という事もあり、感慨深くもあります。中音域の温かみを維持しつつもリードトーンの抜け具合が抜群に良く、また、歪みの乗りや空間系との相性も抜群で本当に使い勝手が良いです。セミアコ最高。ノーギターノーライフ。

    今欲しい機材

    FENDER / American Acoustasonic Telecaster Ebony Crimson Red

    アコギ+テレキャスターという発想がシンプルに面白いです。今所持しているギターともう一本でこういった機材を持つとどんな場面にも対応できる気がしているので、喉から手が出るほど欲しいです。最高。

    バンドプロフィール

    Hernia

    バンド名「Hernia」(ヘルニア)。2021年1月1日活動開始。同年同日にリリースした1st digital aingle「キカザル」のMVが2024年3月12日現在、18万回再生されており、ここからの飛躍がさらに期待される。JazzとPopの融合、従来のバンドサウンドを意識しつつ、かつ枠にとらわれない楽器アレンジ等、様々な要素を取り入れつつ、かつキャッチーに楽曲を仕上げている。曲は全てApple Music等のサブスクリプションにて配信中。

  6. item-06

    Chemical Glitch ギター Minase さん

    HISTORY製のセミアコ
    ESPのAMOROUS
    SUHRのMODERN PRO
    使用歴
    HISTORY製のセミアコは7年くらい。
    他は1〜2年ほどくらい

    HISTORY製のセミアコ
    ESPのAMOROUS
    SUHRのMODERN PRO

    HISTORY製のセミアコ、ESPのAMOROUS、SUHRのMODERN PRO

    HISTORY製のセミアコ:センターブロックやネックがホンマ仕様でこだわり抜いた思入れのあるオーダーギター。
    ESPのAMOROUS:木目が美しくコイルタップ仕様でジューシーなサウンドがラウドと合うので。
    SUHRのMODERN PRO:見た目に惚れて購入。ファイブ・ウェイで、ハーフトーンでタップする仕様になっており、使いやすくRECでもよく使用しています。

    今欲しい機材

    YAMAHA / Pacifica Professional シリーズ

    ボディ、演奏性、サウンドに至るまで従来のPacificaから大きくアップグレードされているということで、多種多様なジャンルを取り込むChemical Glitchの楽曲に合うのではというのが一番大きな理由です。

    バンドプロフィール

    Chemical Glitch

    2019年11月、名古屋を拠点に始動。最初の曲である【Hikari】を始動と同時にYoutubeにて公開。海外も視野に入れたAlternativeなバンド。各メンバーの個性や特性を活かし、ロック、エレクトロ、ブラックミュージックなど様々な要素を取り入れた幅広いジャンルの音楽を展開している。

あなたの“推し機材”をXに投稿しよう!

#サウンドハウス推し機材」をつけてXに愛機の写真を投稿!

サウンドハウスのXアカウントのフォローもよろしくお願いします!

プレゼントキャンペーンは終了しました。

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram