ここから本文です

HOME

基礎から学ぶベースレッスン

SOUND HOUSE 基礎から学ぶ Bass Lesson ベースレッスン Introducer BARAKA 依知川伸一先生

「これからベースをはじめたい」そんなあなたに見てほしいレッスン動画!世界を舞台に活躍するベテランバンド『BARAKA』のベーシスト・依知川伸一氏が、基礎の基礎から直々にレクチャー!これまでの経験の中で気が付いた上達するコツなど、他では聞けないスペシャルな指導が盛りだくさん。全部受講してベーシストの土台をガッチリ固めよう!

Profile

依知川伸一
Shin Ichikawa

1961年4月20日生まれ、千葉県横芝光町出身。 成東高校入学と同時に音楽活動開始。成蹊大学在学中にプロデビュー。以後40年、沢田研二をはじめ、様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。自身のバンド『BARAKA』は結成24年、17枚のアルバムをリリース。(7枚目からフランス・ムゼアレコードと契約、世界発売となる) 2021年1月、17枚目のアルバム『Maverick』(UICZ-4491) をユニバーサル ミュージックよりリリース。2000年から毎年海外ツアーを行い、数多くのフェスティバルに出演している。2018年、2019年は世界屈指のプログレフェス『Cruise to the Edge』に出演、YESやFOCUS等のレジェンドたちとの共演を果たす。また、プロベーシストの会『地下室の会』副会長、千葉県の音楽団体『Boso Rockers Union』『0479クラブ』代表として多くのイベントを手がけている。近年は、銚子電鉄『超☆ライブ電車』、佐原「土蔵前コンサート』、調布パルコ『Yoshimi Live』をプロデュースしている。
BARAKA地下室の会Instagram

どんなベースを選んだらいい?

  • Point.1【エレキベースの歴史】

    かつてベースはウッドベース(コントラバス)しかなく、もっと大きな音を出したい、持ち運びをラクにしたい、というニーズからエレキベースが開発されました。フレットがついたことで誰でも正しい音程で弾けるように。これはとても画期的なことだった!

  • Point.2【エレキベースの種類】

    エレキベースの代表的な形として、プレシジョンベースタイプ(プレベ)とジャズベースタイプ(ジャズベ)があります。違いのひとつはピックアップ。音の変化を動画で確認してみよう。

  • Point.3【ベースの選び方は?】

    5弦ベースや6弦ベースなどいろんな種類があるけれど、基本の4弦ベースでしっかり勉強していこう。じゃあ形や色はどんな基準で選べばいいの?意外な答えにビックリするかも!?

今回のまとめ Summary

第1回目のレッスンは、プレイヤーのニーズに合わせて進化してきたベースの歴史、そして現在の主なベースの種類、その選び方についての講義でした。これからどんな曲を演奏したいか、ということも楽器選びの大きなポイントになりそうですね。素敵な相方に出会えますように!

地球のかたちでベースを弾く!

  • Point.1【どうやって音を出す?】

    エレキベースの音を出すには、まず本体とアンプをケーブル(シールド)でつなぎます。アンプとは、生の小さな音を増幅させるスピーカー付きの機械のこと。アンプについているツマミの役割は動画でチェックしてみよう!
    【参考】虎の巻 ベースアンプとは

  • Point.2【手のフォーム】

    ベースを弾くときは、左手でしっかり指板(弦)を押さえることが大前提。ではどういうフォームなら強くしっかりと押さえることができるんだろう?“かたちの力”を利用して効率よくプレイしよう!ヒントは「地球」!

  • Point.3【ベースはミュートが命!】

    1つの弦の音を弾くとき、他の弦は音が出ないように指で振動を抑えます。これを「ミュート」と呼びます。それには②で学んだ手の形がキーポイントに。そしてベースは“無音”を表現することがとっても大切!練習フレーズにトライしてみよう!

今回のまとめ Summary

「自分の音」を作ることはベーシストの永遠のテーマ。依知川氏も自分の音を見つけるのに20年近くかかったそう。ベース単体で良い音ができても、バンドで合わせたときにカッコよくなきゃ意味がない!今回学んだ基本のフォーム、そしてミュートをしっかり習得して、良い音をじっくり探していこう!

ベーススタートガイド ベース初心者セット
お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top