ここから本文です

HOME

  • SPECIAL SELECTION一覧
  • ハーモニカスタートガイド ~おすすめハーモニカ!種類と選び方~

ハーモニカスタートガイド ~おすすめハーモニカ!種類と選び方~

ハーモニカ初心者にも分かりやすいおすすめコンテンツです。「ハーモニカ」には主に10ホールズハーモニカ(ブルース・ハープ)、複音ハーモニカ、クロマチックハーモニカの3種類があります。まずはこの3種類について紹介します♪

10ホールズハーモニカ(ブルース・ハープ)

1820年代にドイツで発明、製造が始まったハーモニカ。その名の通り、10個の穴があります。もっともポピュラーで初心者におすすめのハーモニカ。ロックやブルース、ポップス曲に使われることが多く、1つの穴に対し吹き吸いで異なる音が鳴ります。 2つの穴を吹き吸いすれば、重音もできます! HOHNER (ホーナー)の人気機種にちなんでブルースハープとも呼ばれています。

10ホールハーモニカの選び方

特に吹きたい曲が決まっていない方はC調がおすすめ。吹きたい曲が決まっている場合は曲に合わせてキー(調子)を選びます。10ホールズハーモニカは1本で様々なキーを演奏できるポジションがあります。ここでは代表的な3種類を紹介します。

▶1st(ファーストポジション)
曲のキーと同じキーでハーモニカを選びます。
メロディックな演奏がしたい方向け。吹く音を多く使います。
▶2nd(セカンドポジション)
曲のキーより完全5度上となるキーでハーモニカを選びます。
ベンド奏法を使う方向け。吸う音を多く使います。
▶3rd(サードポジション)
曲のキーより2度下となるキーでハーモニカを選びます。
マイナーキーの曲を演奏したい方向け。

曲のキーに対して1st、2nd、3rdの音がすぐにわからない人はこちらの表をご参照ください!

曲のキーCC#DE♭EFF#GA♭AB♭B
ハーモニカ1stCC#DE♭EFF#GA♭AB♭B
2ndFF#GA♭AB♭BCC#DE♭E
3rdDmE♭mEmFmF#mGmA♭mAmB♭mBmCmD♭m
ナチュラルマイナーAmB♭mBmCmD♭mDmE♭mEmFmF#mGmA♭m

売れ筋TOP3

クロマチックハーモニカ

♯や♭といった半音階/クロマチックスケールを出すことができ、ジャズやクラシックの楽曲に使われます。スライド式ハーモニカとも呼ばれ、レバーを押すことで半音上の音階を出すことができるモデルが定番となっています。

クロマチックハーモニカの選び方

▶ストレート配列/ショートストローク
穴同士の距離が近いため音の切り替わりがスムーズです。穴が小さいため少ない息でも鳴らせますがダイナミクスをつけにくくなります。
▶クロス配列/ロングストローク
穴が大きいため息がよく入りダイナミクスがつけやすいです。穴同士の距離が遠いので音に繋がりをもたせるために練習が必要となります。

売れ筋TOP3

複音ハーモニカ

トレモロハーモニカとも呼ばれ、唱歌や演歌など情緒あふれるメロディーにおすすめ。 上下2列がピッチを少しずらした音になっていて、これで1音です。 この穴を同時に吹くことで、音程差から美しいトレモロ効果(うねり)が得られます。

ポイント

複音ハーモニカは他のハーモニカと一味違ったサウンドを求める方におすすめです。

売れ筋TOP3

ハーモニカ関連グッズ

ハーモニカホルダー

アコースティックギターなどを弾きながら、手を使わずにハーモニカを演奏できます。弾き語りにハーモニカをプラスすると表現の幅がさらに広がります

おすすめ商品

お手入れグッズ

修理工具セット

リードプレートの交換や、内部の掃除に使います。

おすすめ商品

クロス

ボディの指紋を拭き取ります。

おすすめ商品

ハーモニカ除菌リクーナー

ハーモニカは口で吹く楽器です。常に清潔な状態にしておきましょう!

おすすめ商品

主要メーカー

  • suzuki
  • tombo
  • hohner
  • aria
  • vox
  • fender
  • heringharmonicas

いかがでしたか?ハーモニカの大まかな種類がお分かりいただけたでしょうか?まずは大好きなミュージシャンがどんなハーモニカを使っているかチェックしてみましょう!
もし10ホールズハーモニカなら、曲によってキーも違います。コピーするときは同じキーを使ってチャレンジしてみてください!

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top