ここから本文です

HOME

定番DAWソフトウェア CUBASE

ビルボードチャートのプロデューサーから初心者に至るまで 幅広く使用される定番DAWソフトウェア

CUBASE

国内では最定番ともいえるDAWソフトウェアのCubase(キューベース)。今回はSteinberg / Cubaseがどんなソフトなのか、その魅力に迫ります。

Cubaseってどんなソフト?

Steinberg Cubaseは世界をリードし続ける音楽制作ソフトウェアと言えます。
MIDI打ち込みによるシーケンスソフトとしても、高解像度な録音/再生によるレコーディングソフトとしても活躍。バンドのスタジオレコーディングから自宅DTMまで幅広いニーズに対応し、それぞれの段階をスムーズに繋げるワークフローが魅力です。

古くは1989年にAtari向けに発売されたソフトウェアを基に、それまでのシーケンサーソフトウェアの常識を変えてきました。
今では一般的なプラグインの共通規格VSTも古くはSteinbergが開発したもの。さらにオーディオドライバのASIOもSteinbergが開発した規格。このようにSteinbergは古くからDTMのテクノロジー開発に携わり、その恩恵を直接受けるDAWこそがCubaseなのです。

Steinberg Licensing

Cubaseはバージョン12から新しいライセンスシステムである『Steinberg Licensing』を採用。
従来のUSB-eLicenserもしくはSoft-eLicenserシステムではない、IDに基づく新しいライセンス管理システムです。
新しいSteinberg Activation Managerソフトウェアを用いて、ライセンスのアクティベーション/状態の確認を行うことが可能。
※これにより、製品の初回起動時にはインターネット接続が必須となりました。一度アクティベーションを完了させたあとは、ネットに接続しない状態でも製品をご利用いただけます。
※今後外部ドライブ(USBメモリなど)へライセンスを保管できるよう仕様変更がある予定ですが、2022/03時点では未提供になります。
さらに詳細な仕様等につきましては、下記メーカーサイトをご確認ください。

Steinberg Licensingについてよくあるご質問

Cubase 12からの新機能

オーディオからのコード検出

オーディオファイルをコードトラックにドラッグ&ドロップすることで、コード検出が可能となりました。
検出時、コードトラック上にCubase が最も可能性が高いと判断したコードイベントが配置されますが、その他考えられるコードについて、コードエディターで一覧を表示し、その中から最適なものを選び直すことも可能です。

  • Pro
  • Artist
  • Elements

オーディオワープ機能の向上

これまでサンプルエディター上でしか、作業できなかったフリーワープがプロジェクトウィンドウ上で行えるようになりました。また、複数トラックを同時に作業できるようになったことに加え、同フォルダ内のオーディオの位相を同期する機能が追加されました。

  • Pro
  • Artist

スケールアシスタント

VariAudio にスケールアシスタント機能が搭載されました。キーエディターのものと同様、エディター全体で単一のスケール、もしくはコードトラックに沿ったスケールノートガイドの表示、指定したスケールに沿ったピッチ編集のスナップが可能です。

  • Pro
  • Artist

FX Modulator

素材に対して、様々なエフェクトチェーンを適用することができるモジュレーションプラグインです。
デフォルトで14 種類のエフェクトモジュールと、ファクトリーエンベロープカーブのセットが搭載されており、エンベロープカーブは自由に変形することも可能です。

  • Pro
  • Artist

Raiser

掛かり具合が可視化された多機能リミッタープラグインです。
多様なリリースタイム設定により、パーカッシブな素材に対するアグレッシブなリミッティングや、フルミックスの自然な音圧上げなどに柔軟に対応します。

  • Pro

Cubaseを使いこなそう

Cubaseでの音楽制作を楽しむために、Steinberg公式のコンテンツを活用しましょう。

■ Yamaha Music Japan MPP 公式チャンネル

Cubaseの使用方法を、実践を交えながら解説しています。著名なクリエイターによる生の使い方を学ぶことが可能です。

https://www.youtube.com/user/SteinbergJapan/videos

■ YAMAHA よくあるお問い合わせ(Q&A)ページ

Steinberg製品のよくあるお問い合わせをまとめたページです。インストール方法やいざという時のトラブルシューティングなどに活用いただけます。

https://yamaha.custhelp.com/app/answers/list/c/153

■ Steinbergの各SNSでは、最新情報からチュートリアルまで幅広く発信中です。

Steinberg Twitter (英語) → https://twitter.com/SteinbergMedia?s=20&t=addYA8BK3VIq7BjLtkmaTA

Steinberg JP → https://twitter.com/SteinbergJP?s=20&t=addYA8BK3VIq7BjLtkmaTA

Cubaseは3つのグレード(+無償版)をラインナップ

Cubaseは3つのグレードと2つの無償版をラインナップしています。これからDTMを始めるアマチュアからハリウッドサウンドを作り上げるプロまで幅広く愛用されているフラッグシップモデルのPro。機能が若干制限されるものの、使いやすい機能はそのままにインストゥルメントや機能が充実したスタンダードモデルのArtist。予算を抑えつつ音楽制作に必要な機能を凝縮したエントリーモデルのElements。あなたにピッタリのグレードをお探しください。

Cubase Pro

Cubase Pro

Cubaseシリーズのフラッグシップモデル。直感的かつ正確なミックスを可能にするVSTプラグイン・オーディオエフェクトや、スコアエディットなど、最上位版にふさわしい機能が満載。快適なMIDI打ち込みによる楽曲制作や、卓録に活躍します。これからDTMをはじめる初心者から、チャートのプロデューサーに至るまで幅広く可能性を引き出す、オールマイティなソフトウェアです。

Cubase Artist

Cubase Artist

アマチュアからプロまで幅広く愛されるCubaseのスタンダードグレード。音楽制作に必要な機能を数多く搭載しています。テイクコンピング、ワープクォンタイズなど録音に適した機能も取りそろえ、自宅レコーディングでも十分にご使用いただけます。
Elementsグレードよりも録音や編集プラグインが多く搭載されており、よりプロ志向の音楽制作を可能にしています。

Cubase Elements

Cubase Elements

初心者からプロまで幅広く愛されるCubaseのエントリーモデル。DTMの打ち込みにも嬉しいスケールアシスタント機能など、曲作りに便利な機能を多数搭載。再生/停止中に入力された音を裏で録音できるプリレコード機能も備え、ギターやボーカル録音時にアイデアを逃しません。EQ/コンプレッサーなどのプラグインも付属し、音楽制作に必要な機能が凝縮されたDAWです。

Cubase AI / LE

Cubase AI / LE

Cubase AIは、Steinberg製オーディオインターフェイスなどのハードウェアに付属する無償版。
Cubase LEは、YAMAHAおよびSteinberg以外のメーカーにバンドルされている無償版。それぞれCubaseのベーシックなワークフローを体験できます。

▼ 各グレードの詳細な比較はこちら

CUBASE 製品比較表

▼ アカデミック版やクロスグレード版に関する詳細はこちら

STEINBERG アカデミック版 お申込み方法はこちら STEINBERG クロスグレード版 お申込み方法はこちら

その他お役立ち読みもの

サウンドハウスでは、SteinbergのオーディオインターフェイスやDTMに必要なアイテムなど、音楽制作において必ず役に立つ読みものを多数掲載!
ぜひ以下のページもご覧ください。

Steinberg FAQ
Steinberg 特集

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram