ここから本文です

HOME

CUBASE 製品比較表

CUBASE 製品比較表 steinberg

音楽制作ソフトとして、その名を世界に知らしめるCubase。操作性に優れ、音楽制作に役立つ機能を満載し、最初のDAWソフトウェアとしてもおすすめです。しかしグレードが分かれていてどれを選べばよいか分からない…と悩む人もいるはず。そこで、はじめて音楽制作を始める方から乗り換えを検討する方まで、おすすめグレードの比較表を公開!あなたにピッタリのDAWソフトウェアをお探しください。

※Ver. 12から更新された内容は赤字で表示しています。

Cubase Pro 12 Cubase Artist 12 Cubase Elements 12 Cubase AI 11 Cubase LE 11
Cubase Pro 12 Cubase Artist 12 Cubase Elements 12 Cubase AI 11 Cubase LE 11
OS *1 最新の動作環境は下記ページをご覧ください。
https://japan.steinberg.net/jp/support/system/cubase.html
認証方式 Steinberg LicensingSteinberg Licensingについてよくあるご質問
オーディオエンジン 64bit*2
最大サンプリングレート 192kHz
MIDIトラック数 無制限 無制限 64 48 24
オーディオトラック数 無制限 無制限 48 32 16
VSTインストゥルメント
トラック数
無制限 無制限 24 16 8
付属VST
インストゥルメント数
Halion Sonic SE3
Groove Agent SE 5
Retrologue 2
Padshop 2
Trip for HALion Sonic SE
Flux for HALion Sonic SE
4
Pro / Artist / Basic Set




4
Artist / Basic Set




2
Artist / Basic Set

×
×
×
×
2
Basic Set

×
×
×
×
×
×
×
×
2
Basic Set

×
×
×
×
×
×
×
×
インストゥルメントの
サウンド数
3000以上 2600以上 1000以上 185以上 185以上
オーディオチャンネル
インサートスロット数
16 16 8 4 4
付属オーディオエフェクト
プラグイン数
81 59 45 28 23
エフェクトセンド/
リターンチャンネル数
S:8 - R:64 S:8 - R:64 S:8 - R:8 S:4 – R:4 S:4 – R:4
オーディオワープ
クオンタイズ
× × ×
オーディオアライメント × × × ×
VariAudio 3 × × ×
テンポトラック × × ×
拍子トラック × × ×
移調トラック × × ×
Control Room × × × ×
テンポ検出パネル × × × ×
サイドチェーン × ×
MixConsole
スナップショット
× × × ×
MixConsoleヒストリー × × ×
MPEコントローラー対応 × × ×
VR制作ツールセット *3 × × × ×
高機能なステム書き出し × × - -
オーディオからMIDIコード作成*3
MIDI リモート*3
ADM Authoring for Dolby Atmos*3 × ×
FX Modulator *3 ×
Raiser *3 × ×
Verve *3 ×
必要端子*4 - - - - -
おすすめコメント 最上位版であるCubase Proは音楽制作、編集を快適に行える様々な要素を網羅。さらにバージョン12では、新しいライセンスシステムSteinberg Licensingを採用し、ついにドングルフリーのDAWへ。
視覚的に分かりやすいリミッタープラグインRaiserや、Dolby Atmos®での音楽制作(近日予定)など、今まで以上にプロ仕様に進化し続けています。
Elements以上に付属インストゥルメントや機能が充実したスタンダードグレードです。
バージョン11から付属したVariAudioがバージョン12からスケールアシスタントに対応、さらにピッチ補正が簡単に行えるようになりました。そしてFX Modulatorや特殊なピアノ音源Verveなど、この価格帯で付いているなんて…!といった高機能なプラグインが収録されています。
音楽制作に必要な機能を凝縮したCubase Elements。AIやLEよりエフェクトセンド/リターンの数が多く、より細やかな編集が可能に。
パフォーマンスの向上やApple M1チップのネイティブ対応など、制作環境向上に役立ちます。
Cubase AIはCubase Proの中心とも言える機能を凝縮したバージョンです。オーディオインターフェイスなどのハードウェアに付属するため、お試しにぴったり。 Cubase LEはYAMAHA以外のメーカーにバンドルされているCubaseのお試し版。まずは音楽制作の世界に触れてみませんか。

2022年3月現在

*1 macOSの対応状況については下記URLをご参照ください。Appleシリコン(M1)搭載のMac対応状況につきましても同ページにて掲載しております。

Big Sur (11)
https://japan.steinberg.net/jp/support/support_pages/big_sur.html
Monterey (12)
https://jp.yamaha.com/support/contacts/av_pa/steinberg_notes/production_environment/mac_monterey.html

*2 Cubase 12 シリーズは32ビット環境ではご使用になれません。また 32ビットプラグインにも非対応です。

*3 新機能についてはこちらのページをご覧ください。

より詳細な比較はCUBASEシリーズ機能比較をご確認ください。

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram