ここから本文です

HOME

CUBASE 製品比較表

CUBASE 製品比較表 steinberg

音楽制作ソフトとして、その名を世界に知らしめるCubase。操作性に優れ、音楽制作に役立つ機能を満載し、最初のDAWソフトウェアとしてもおすすめです。しかしグレードが分かれていてどれを選べばよいか分からない…と悩む人もいるはず。そこで、はじめて音楽制作を始める方から乗り換えを検討する方まで、おすすめグレードの比較表を公開!あなたにピッタリのDAWソフトウェアをお探しください。

※Ver. 11から更新された内容は色付きで表示しています。

Cubase Pro 11 Cubase Artist 11 Cubase Elements 11 Cubase AI 11 Cubase LE 11
Cubase Pro 11 Cubase Artist 11 Cubase Elements 11 Cubase AI 11 Cubase LE 11
OS *1 最新の動作環境は下記ページをご覧ください。
https://japan.steinberg.net/jp/support/system/cubase.html
オーディオエンジン 64bit*2
最大サンプリングレート 192kHz
MIDIトラック数 無制限 無制限 64 48 24
オーディオトラック数 無制限 無制限 48 32 16
VSTインストゥルメント
トラック数
無制限 無制限 24 16 8
付属VST
インストゥルメント数
Halion Sonic SE3
Groove Agent SE 5
Prologue
Retrologue 2
Padshop 2
Spector
Mystic
LoopMash 2.0
Trip for HALion Sonic SE
Flux for HALion Sonic SE
8
Pro / Artist / Basic Set








8
Artist / Basic Set








3
Artist / Basic Set


×
×
×
×
×
×
×
2
Basic Set

×
×
×
×
×
×
×
×
2
Basic Set

×
×
×
×
×
×
×
×
インストゥルメントの
サウンド数
3000以上 2600以上 1000以上 185以上 185以上
オーディオチャンネル
インサートスロット数
16 16 8 4 4
付属オーディオエフェクト
プラグイン数
79 60 47 28 23
エフェクトセンド/
リターンチャンネル数
S:8 - R:64 S:8 - R:64 S:8 - R:8 S:4 – R:4 S:4 – R:4
オーディオワープ
クオンタイズ
× × ×
オーディオアライメント *3 × × × ×
VariAudio 3 *3 × × ×
テンポトラック × × ×
拍子トラック × × ×
移調トラック × × ×
Control Room × × × ×
テンポ検出パネル × × × ×
サイドチェーン × ×
MixConsole
スナップショット *3
× × × ×
MixConsoleヒストリー × × ×
MPEコントローラー対応 *3 × × ×
VR制作ツールセット *3 × × × ×
高機能なステム書き出し × × - -
サンプラートラック – スライス/ムーブ/グライド *3 - -
スケールアシスタント *3 - -
Frequency 2 *3 × × - -
Squasher *3 - -
Imager *3 × - -
SpectraLayers One *3 × - -
SuperVision *3 × - -
VST Connect SE 5 *3 × × - -
必要端子*4 USB-A
(USB-eLicenser接続用)
USB-A
(USB-eLicenser接続用)
- - -
おすすめコメント 最上位版であるCubase Proは音楽制作、編集を快適に行える様々な要素を網羅。さらにバージョン11には、今まで以上に効率化できる高度なステムの書き出しから、今まで想像もしなかったアイディアの閃きを助けるスケールアシスタント機能などを追加。ミキシングにおいても、レベル / 周波数分布 / 位相 / 波形解析を行えるツールSuperVisionを搭載。初心者でもプロレベルの環境で作品制作が可能です。 Elements以上に付属インストゥルメントや機能が充実したスタンダードグレードです。バージョン11からついにArtistグレードにもVariAudio 3機能が追加され、録音したボーカルのピッチ補正を簡単に行えるようになりました。さらにImagerやマルチバンドコンプレッサーのSquasherなど、この価格帯で付いているなんて…!といった高機能なプラグインが収録されています。 音楽制作に必要な機能を凝縮したCubase Elements。AIやLEよりエフェクトセンド/リターンの数が多く、より細やかな編集が可能になります。USB-eLicenserを必要とせずに手軽に扱える点も魅力です。もちろんバージョン11から追加されたサンプラートラックにも対応。取り込んだ音を自由に切り貼りして、自分だけのトラックを作成してみましょう。 Cubase AIはCubase Proの中心とも言える機能を凝縮したバージョンです。オーディオインターフェイスなどのハードウェアに付属するため、お試しにぴったり。 Cubase LEはYAMAHA以外のメーカーにバンドルされているCubaseのお試し版。まずは音楽制作の世界に触れてみませんか。

*1 最新の動作環境はこちらのページをご覧ください。

*2 Cubase 10 シリーズは32ビット環境ではご使用になれません。また 32ビットプラグインにも非対応です。

*3 新機能についてはこちらのページをご覧ください。

*4 USB-eLicenser接続に必要

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram