ここから本文です

HOME

ユーフォニアム・アルトホルンとは

特徴や成り立ち

ユーフォニアムやアルトホルンのようにベルが上を向いた巻き管の金管楽器はサクソルン属と呼ばれ、サキソフォンの生みの親アドルフ・サックスによって発明されました。

主に吹奏楽や金管アンサンブルで使用され、中低音を担当します。音色が柔らかいため、ソロだけでなくオブリガードにも多用されます。3つまたは4つのピストンで音の高さを変える点はトランペットと同じです。現代ではベルが前向きに改良されたマーチング用の楽器も存在します。

サクソルン属の楽器にはテナーホルン、バリトンも含まれます。

各部名称

ユーフォニアム・アルトホルンの各部名称

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top