ここから本文です

ギターの種類

エレキギターの種類

エレキギターにはいろいろな形がありますが、それぞれに歴史があり、歴史を知ることでギターの存在意義を感じとることができると思います。代表的な形をいくつかとりあげてみました。

  • TLタイプ

    TLタイプ

    ソリッドギターの原点ともいえるスタイル。ボディとネックを別々の工程で製作し、ボルトで固定するボルトオンという方法がとられています。2つのシングルピックアップを搭載し、歯切れの良いサウンドが特徴です。

  • STタイプ

    STタイプ

    ピックアップやコントロール類をすべてピックガードに装着することで生産工程が効率化されました。シングルコイルピックアップが3つあり、センターピックと組み合わせたハーフトーンサウンドと呼ばれる「チャキっ」としたサウンドも魅力。ブリッジにはトレモロアームを搭載。

  • LPタイプ

    LPタイプ

    ネックとボディが接着されたセットネックモデルで。ノイズに強くパワーのあるハムバッカーピックアップを搭載。シングルコイルPUを搭載したモデルもあり。

  • SGタイプ

    SGタイプ

    マホガニーのみを使用した薄いボディを採用。ハイフレットへのアクセスも良くプレイヤビリティの良いモデル。独特な抜けの良いサウンドを持っています。

  • セミアコ

    セミアコ

    セミアコースティックギター(略してセミアコ)といえばGIBSON ES-335が有名。構造としてはホロウ構造のボディ内にブロック材があり、比較的ソリッドに近い感覚で扱うことができつつホロウ独特のニュアンスが出せるため人気があります。対してボディ内が全て空洞になっている構造のものをフルアコースティック・ギター(略してフルアコ)と呼びます。ハウリングなどが起こりやすい欠点がありますが独特の甘いサウンドが魅力。JAZZギタリストがよく愛用しています。

  • フライングV、エクスプローラー、ファイヤーバード等~変形ギター~

    変形ギター
    フライングV, エクスプローラー, ファイヤーバード等

    変形ギターの先駆け的存在はGIBSON。モダーン、フライングV、エクスプローラーの3機種が1958年に生産されるが、いずれも生産本数は少なく、中でもモダーンは最も少ないものでした。また、80年代以降、BC RICHやJACKSON、ESPをはじめとするブランドが、数々の変形ギターを生み出しています。

アコースティックギターの種類

アコースティックギターはボディの素材と形によって様々なサウンドが生み出されます。有名なMARTINやGIBSONのモデルの代表的な形を例に取り上げてみました。

  • ドレッドノートモデル

    ドレッドノートモデル

    もともとイギリス海軍の戦艦の名前ですが、大きなものの代名詞としてドレッドノートという言葉が使われているようです。MARTINギターの中で最も大きいモデル。音量が大きくストリートなどの演奏で使われることが多くストローク、フィンガーピッキングどちらのスタイルにも向いています。

  • OM(オーエム)オーケストラモデル

    OM(オーエム)
    オーケストラモデル

    コンパクトで厚みも薄く、レスポンスの早いサウンド。フィンガーピッキングスタイルに向いています。000(トリプルオー)と同形状ですがスケールはドレッドノートモデルと同じ645.2mm。

  • 000(トリプルオー)オーディトリアムモデル

    000(トリプルオー)
    オーディトリアムモデル

    OM(オーケストラモデル)と同形状だがスケールは632.5mmと短いモデル。エリック・クラプトンの使用でもおなじみです。

  • 00(ダブルオー)グランドコンサートモデル

    00(ダブルオー)
    グランドコンサートモデル

    オーディトリアムモデルよりさらにコンパクトでブルースをつま弾きたくなるような形状。
    鮮やかで透明度のある音はこのモデルならでは。

  • ラウンドショルダー

    ラウンドショルダー

    ドレッドノートの角を丸くしたような形状のボディで、GIBSON J-45やジョンレノンの使用でおなじみのJ-160Eなどが代表的なモデル。

  • ジャンボ

    ジャンボ

    GIBSONのアコギの中でも最も大きいモデル。ジャンボモデルJ-180のほか、さらに大きいスーパージャンボJ-200などの種類があります。

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram