ここから本文です

rondo bell さんのレビュー一覧

ROLAND
JUPITER-Xm シンセサイザー
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:150,000円(税抜)
(税込 165,000円)
参考になった人数:7人(7人中)
(5.0) 机の上の、小さいボディでビッグな音の実験場♡ 2020/09/16
ちいさいボディに音源を凝縮した本機。
自分は完全なる趣味用途で、机の上に置いて、とにかく気軽に使いたくて購入しました。

起動時間:大事な電源ONからの起動時間。起動はとても早く、使いたい時にすぐ起動します。
専用ミニ鍵盤:身長185センチ、ゴリラみたいに手がでっかい自分でも普通に使えます。

内蔵スピーカー:出音も良く、Bluetoothで繋いだスマホの音楽を鳴らすスピーカーとしても十分な音質です。
スピーカーの音で本体が僅かに振動するので、鍵盤から振動が伝わってきて「楽器を鳴らしてる!」感じが心地良いです。
この体感は「スピーカー内蔵、良いな・・」と改めて思った点でした。

音色数:XV5080が入ってるので、聴いたことある音に困る事ない感じです。
XV5080のプリセットにお世話になりながら、他のビンテージシンセをちょいちょいエディットして楽しんでます。
ピアノ音もXV5080に複数ありますし、RDも入ってるので困る事はないです。

音のエディット:Xmでもそれなりに趣味で楽しむ分には十分な変化をつける事ができます。
スライダーは2本しかなく、ほぼすべてをノブを回す事でコントロールしますが、
液晶で編集中の波形をモニターできるので分かりやすいです。
やはり波形が見えるのは良いですね。
ビンテージシンセ音源にはR・M ・Sと各社のフィルターが入ってるので、かなり印象が変化します。
個人的にXmは、このサイズで歴代豪華音源を4つ重ねて使える事に最大の魅力があると思うので、
1つ1つの音色エディットをそこそこに、絵の具を調色・コラージュするみたいにビンテージシンセを組み合わせて、面白サウンドをバンバン作り、頻繁に触りたくなるという事がXmを選ぶ上で最大のポイントのように思います。
スヌーピーにおもちゃのピアノで凄い演奏するシュローダーというコが居ましたけど、気分はちょっとシュローダー♡

iアルペジエーター:正直この機能については必要とは思っていませんでしたが、
「楽しい事故」というか、自分では思いつかない感じのフレーズが手軽に出てくるので、
それに合わせて適当に弾いてるだけでも割とあっという間に時間が過ぎます。

ユーザー同士持ち寄って、エディットを語るのも非常に楽しそうな機種だと思います。

rondo bell さんのプロフィール

レビュー投稿数:1件

住所:千葉県

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top