ここから本文です

Paul Kossoffは最高! さんのレビュー一覧

MXR
CSP036 il diavolo Overdrive
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:12,800円(税抜)
(税込 13,824円)
参考になった人数:1人(3人中)
(5.0) 使いやすいOverdriveです。 2018/08/25
MXR系の歪み系というとRandy RhoadsのCustomizeされたMarshall+Distortion plusというFuzzに近いバリバリとした粗い感じの歪みというImageがありましたが、これはどちらかというとBossのOD-1、OD-2、SD-1に近い中域を強調した角の取れた比較的丸い感じ音といったOverdriveですね。Shinjuku Overdriveに近いかもしれません。Carlo Sorasio氏がdesignしたil Torlno Overdriveよりも使い勝手は、よいかもしれません。しかしこちらの方がよりHigh Gain Ampの歪みかもしれません。私は基本的に真ん中のPin switchを一番下にしたLow Gain設定でしか使いませんが、Levelを14時まであげてDriveを9から10時方向にしても結構歪む感じがします。AmpはCleanで設定してあるのでBossのOverdriveに比べると、High gainなOverdriveだと思います。

MXR
CSP101SL Script Phase 90 LED
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:9,620円(税抜)
(税込 10,389円)
参考になった人数:0人(0人中)
(4.0) Whirlwind ORANGよりいいかも。 2018/08/25
こちらの商品を購入するまでは、Whirlwind ORANG FXORNPを使っていました。しかし1960年代から1970年代の洋楽を愛する者として原音に忠実にかかるというのではなく、Clean soundでもOverdrive soundでも一定の帯域に強く掛り過ぎてしまう傾向があったため使用頻度は高くありませんでした。Whirlwind ORANG FXORNPはどちらかというと現行品のPhase 90に近いのかもしれません。ではこちらのCSP101SL Script Phase 90 LEDはどうかというと比較的CSP026 ’74 Vintage Phase 90に近いかもしれません。しかし厳密にいうとやはり微妙に違います。そこが好きになれるかです。Phase 45や90を自作したこともあるのでそれも踏まえてCommentすると、どうもこの原音に対する掛り方を大きく変える要因は、LEDにありそうです。もちろんFETが違えば、音も変わるのでLEDだけが影響している訳ではありませんが、やはりCSP101SL Script Phase 90 LEDとCSP026 ’74 Vintage Phase 90はよく似ていますが別物ですね。もちろんWhirlwind ORANG FXORNPとは全く違います。電池のみしか使えないCSP026 ’74 Vintage Phase 90は音はOriginalにより近いけど利便性が今一つといったところなのでそこだけ目を瞑ればCSP026 ’74 Vintage Phase 90の方がよいかもしれません。

MARTIN
D-15M
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:163,800円(税抜)
(税込 176,904円)
参考になった人数:11人(13人中)
(5.0) Martin嫌いがMartinを買った訳 2017/11/25
正直に言いますと、私はJames Taylorの初期のアコギの音に憧れていつかはGibson J-50を欲しいと思っていたTypeなのでMartinの音には全く興味がありませんでした。大人になってJ-50を手に入れてからはやっぱりアコギは撫肩のJ-50またはJ-45が一番という思いがますます強くなりましたが、気まぐれで東海楽器のCat’s EyeやYAMAHAのAC3Rを買ったこともありました。でもやっぱりアコギは、Side・BackがMahoganyでなければダメです。そんなある日、Martin D-15を弾く機会がたまたまありました。いつもならMartinを試奏することなんてあり得なかったのですが、一度近所の楽器店で冷やかし半分に弾いてみたところ、このGuitarの独特な音にどっぷりはまってしまいました。実のところ、その日以来寝ても覚めてもこのGuitarの音に取り憑かれどうしても手に入れてみたくなりました。そこでSound HouseさんのHPを覗いたところお手ごろ価格になっていたこともあり購入に至った訳ですが、当初それほど期待してはいませんでした。平行輸入品の安かろう悪かろうという感じできっと購入してからRepair manに見てもらわなければ到底使えないシロモノだと覚悟しての購入だったからです。しかし届いた商品は、弦高もきちんと調整されており、Neckも若干順ゾリ気味で(これは独特なNeck Joint角度によるのが影響しているようですが)とても弾きやすくこちらの予想を大きく裏切ってくれました。またNeckだけではなくTopまでMahoganyという仕様でよりきらびやかな音が前に出てくる感じがします。Mahogany BodyのGuitarは、Flat PickでStrokeした音が好きという方がたくさんいらっしゃるかと思いますが、私はFlat PickでもFinger PickingでもアルペジオやThree Fingerで弾いた音が好きですね。枯れた音と表現される方もいてBlues系に向いているという方もいらっしゃるようですが、私は、70年代のBritish Traditional Folkや日本のFolk songを弾くにはもってこいの音だと思います。しばらくは、J-45よりもこちらを弾く機会が増えそうです。

ELECTRO-HARMONIX
Power Tank
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:10,800円(税抜)
(税込 11,664円)
参考になった人数:22人(35人中)
(4.0) DC-STICKよりもPowerfulな音 2014/10/30
Power supplyは、NoahsarkのAC/DC-1に始まり、重すぎてDC-STICKを使うようになり、ここ2年程は落ち着いていました。しかしながらBandの中でKeyboard2台に電子Drum1台、その他電化製品の使用率が高まったこともあって、電源Tapから複数の電源をさらに分岐して使うようになったせいか、どうもEffectorを介した音が小さくなってしまうようになりました。恐らく電圧の低下が原因でしょう。おまけにDigital Noiseも入ります。そんな訳でPower Supplyを変えることにしました。MXRのEffectorを愛用しているのでDC brickにしようか、それとも評判のよいAC/DC Station Ver.3にしようか悩みましたが、結局電圧低下と不安定な電源では、単なるSupplyでは本来の音も出させないだろうと判断し、今までのようなPower supplyは候補から外しました。そこでAmpを除き、Effectorについては、安定したBattery電源に切り替えることにし、Power Tank購入に至りました。商品到着後、SwitchをONにすると、すでにFull充電されていたのでさっそく GuitarStrart→自作のA/B boxbuffer on→GT-OD→Analog Chorus→Uni-Vibe→EP101→Carbon Copy Analog Delay→Marshall blues Breakerの順に繋いで音を出してみました。音質はというと、これまでよりもなかなか元気のよい音にEffect音が大きく変わりました。強いていうならば、エレハモの9V電池に印刷されている創業者の写真筋肉もりもりの腕ぷし!のような感じです。特に歪みものはメリハリのある音に大きく変わりました。電池で鳴らしたことがなかったので本来はこんなに歪むEffectorだったのかとびっくりしました。ただこの音は人によって好き嫌いがあるかもしれません。もしかしたらBatteryの電圧が少し下がったくらいの時の音の方がもっと自然な音がするのかもしれません。完全にBatteryを使い切ってないので何とも言えませんが、充電しながらも使えるとのことなのでそこは便利です。ただ基本的には外部電源を介して使うことはなさそうです。

MXR
M68 Uni-Vibe
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:12,800円(税抜)
(税込 13,824円)
参考になった人数:10人(18人中)
(3.0) 使い方を選びますね。これは。 2014/10/25
2台目の購入となりましたが、どうも使い方を選ぶEffectorのようです。Clean toneで使うよりもFuzzなどの歪みものと合わせた方が特性がはっきり出るような気がします。もともとジミヘンのUni-Vibeの音を手軽に再現しようという企画のもと出されたものなので確かに特定のPointではそれっぽい音が出ますが、それだけって感じもします。単体のPedal effectorなのでそれは仕方のないことなのかもしれませんが、不満が残ります。シンエイのOriginalを改良した現代版Uni-Vibeの方がもう少し面白い使い方が出来るかもしれませんね。こちらは別売りのPedalを追加するような機能もついてないので、その点で迫力に欠けます。もしかすると、ChorusやPhase45などの揺れもの系のEffectorと組み合わせて使ってみると、もっと面白い効果が出るのかもしれません。True bypassを謳っていますが、どうもOffにした時も音質がこもるような感じがします。それにどうも回路がShortしやすいような感じがします。複数のEffectorと組み合わせて使う時は要注意です。

SEYMOUR DUNCAN
SA3-SC WOODY SINGLE COIL
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:6,280円(税抜)
(税込 6,782円)
参考になった人数:2人(3人中)
(3.0) 出力が低いのが気になります。 2014/03/30
いつも使っているGibson J-45に外付けPUとして使おうと購入しましたが、出力が低くPreampなしでアコギ用Ampにつなぐ形ではNoiseも乗りやすく使えないといった感じでした。友人にかつて作ってもらった無歪みのPreampを間に入れ使っていますが、その方がNoiseも少なくなりちょうどいい感じの音になります。アコギ用Guitar Ampとの組み合わせもあるのかもしれませんが、この価格でこれだけの音が出せるのであれば、悪くはないのかもしれません。

BEHRINGER
ACX900 Ultracoustic
在庫状況:取扱中止
衝撃特価:27,300円(税抜)
(税込 29,484円)
参考になった人数:5人(8人中)
(5.0) コストパフォーマンスが高いAmpです。 2014/03/30
価格が価格だけにあまり音質は気にしないで購入しましたが、なかなかどうして使える音です。ReverbやChorus、Delayといったような空間系の音やModulationの音は若干固めに感じますが、それも使うPUのPreampによってだいぶ変わってくるようです。私は普段DuncanのWoodyのSA3-SHをGibsonJ-45のSound holeに取り付けて使っていますが、音が細く硬くなり過ぎてEqualizerで調整しても好みの音にはなりませんが、子供の使っているYAMAHAのAC1Mとの組み合わせでは、Guitar本来のもつとても豊かでふくよかな響きを再現してくれます。したがって私にとってこのAmpを選ぶ前にPreAmpがしっかりしたエレアコをまず選ぶことをお勧めします。Preampがよいものであれば、このAmp本来のもつよさを忠実に表現してくれるはずです。ただ少し重いの欠点ですが、エレアコを選ぶAmpです。

MXR
M193 GT-OD Overdrive
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:9,980円(税抜)
(税込 10,778円)
参考になった人数:6人(35人中)
(5.0) Distortion Ⅲよりも好みの音! 2014/03/29
普段はSTやTCを使いますが、一番好きな音はLPのHBの音。結局HBと一番相性がいい歪みもののEffectorはどれかというところにいつも戻ってしまいます。Distortion Ⅲを過去に購入していますが、どうしても用途はSingle coilに限定されてしまう感じで今一つでした。こちらはMXRのAnalog ChorusやAnalog delayとの相性もよく、60~70年代のBritish Rock好きな私としては、Booster的な使い方をするととても心地よい音がするような感じがします。Master volumeがあるAmpよりもOne volumeのみのAmpとの組み合わせに向いているのかもしれません。極端に歪むOver Driveという訳ではないので重低音重視の最近のMetal系音楽をやろうとすると無理があるかもしれませんが、American Hard RockやPopには向いているかもしれません。

MXR
M234 Analog Chorus
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:9,980円(税抜)
(税込 10,778円)
参考になった人数:7人(15人中)
(5.0) ArionよりもClear 2014/03/29
Chorusはいつもかけっぱなしというのが原則なので、あくまでも軽く薄くかかってくれてStereo風に聞こえるものを探していたのでこれは大当たりでした。今までArionのSCH-ZDをModしたものを使っていましたが、どうしてもKlone Centaur Copyのeffectorとの相性が合わず、外してしまいました。Centaur CopyはTrue bypassではなく、Buffered outで使っていたので、Bufferとの相性が悪かったのかもしれません。それにしても低域が出過ぎるというのが交換の一番の理由でした。今にして思えば、歪みものを変えればもう少し違った印象になったのかもしれません。しかしMXRのAnalog Chorusは、BOSSのCE-1やArionのものとは違い、かかりがより自然です。またHigh & Low CutのFilterが付いているのが何より魅力です。これが付いていなかったら購入に踏み切らなかったかもしれません。何よりMXR独特のAnalog Chorusの音という世界を築き上げている点で好感が持てます。

MXR
M115 Distortion III
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:8,080円(税抜)
(税込 8,726円)
参考になった人数:6人(37人中)
(4.0) Distortion ⅢはSD-1? 2014/03/29
普段からMarshallのBlues BreakerやFenderのDeluxeのようなAmpのVolumeをあげて作るNaturalな歪みに近い歪みものか、Tone Bender Mark ⅡのようなFuzzに代表されるBritish系の歪みが好きな私としては、Distortion+の音は高域が強調され過ぎていてしかも歪みが粗いという印象を拭うことが出来ず、今までどうも好きになれませんでした。但し、Randy Rhoadsの改造Marshall+Distortion+の音は、高校生の頃から大変興味があったのでMXRの歪み系の音というと、これしか思い浮かばなかったのですがTone Controlが付いたおかげでだいぶ使い勝手がよくなった感じがします。基本的に今風の重低音中心のMetal系の音作りには向いていないとは思いますが、70年代後半のHard RockやRock n rollが好きならきっとお気に入りの音作りが出来るのではないでしょうか。ちなみに私なりにこの歪みを解釈するならばBOSSがOD-1にTone controlをつけて世に送り出したものがSD-1であると言うようにDistotion Ⅲも同じような流れでMXRが発売したものではないかと、思います。今のDistortion系Effectorの中では最も原始的な回路にTone controlを付けてDistotion+を少しModernな感じにしたのがこのStomp Boxなんでしょうね。中域を強調した歪みは好みです。LPよりもSCやTCのようなSingle coil PUの方がGuitarのVolumeを演奏中によく触る人にとっては、Controlしやすいかもしれません。しかもVintage系のあまりPowerのないPUの方が合うような気がします。ただ届いた時に箱が拉げて半分潰れていたのにはがっかりしました。B級品を購入したのではないので佐川急便にClaimを言うしかないのでしょうね。

MXR
CSP105 Phase 45
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:9,750円(税抜)
(税込 10,530円)
参考になった人数:28人(38人中)
(5.0) 本来はこんな感じの音だったんですね! 2010/10/09
Phase45はPhase90に比べるとかかり方が薄いとか、エグさがないと言われますが、そこがこのEffectorのよいところなんでしょうね。押しが強すぎないので常時ONにして使うのが私の好みです。したがってSpeedのつまみも8時から10時位の位置で使うとゆっくりとした上品なウネリが音に出て隠し味的な音作りが出来ます。音を大きく変化させるために使うのであればPhase90がお勧めですが、そうでなければ、こちらがいいでしょうね。因みに私の理想はEaglesのAlbum『Hotel California』の「Hotel California」でジョー・ウォルッシュがFender系とAmpと組み合わせて使うあまり使っているのか使っていないのか分からない然りげない使用法です。ただVintage仕様なので、True Bypassではありませんし、電池のみでの駆動となります。電池容量を表示するようなIndicatorもないので、そこを十分承知の上で使うのならば、これはもってこいのEffectorだと言えます。それからこれが発売される前に実は回路図のCopyを見て自作もしましたが、音は全く別物でしたね。やはり本物にはかないません。

SH
SU6
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:5,180円(税抜)
(税込 5,594円)
参考になった人数:17人(22人中)
(5.0) 「直輸入」品のAmpには持ってこい! 2010/10/09
最近貴社で購入しましたJET☆CITY AMPLIFICATIONのJCA2112RC用に貴社の山田様よりお勧めいただき購入しました。AMPが直輸入品ということで120Vと230Vの切り替え用SwitchがAMPの後ろについていましたのでこの昇圧Transを使い120Vで鳴らしています。100Vで使用した時と比べると、音のつやが違うような感じがします。もしくは音にハリが出たという方が正しいのかもしれません。真空管が本来のPotentialを十分発揮しているからでしょうか。とにかく素人でも聴感上すぐに分かることは、真空管AMP独特の「ジー」という電源Noiseが格段に小さくなることです。近くで照明を使っているような場所で演奏する時は特にこの違いは大きいですね。やはり120V対応のものは正規の電圧で使用した方が本来の音がするのでしょうか。最近はMarshallのBlues Breaker Comboでも使っていますが、こちらも本来の音でなってくれているような感じがします。Effectorのノリもよくなりました。特にChorusが今までよりもよくかかっているのが分かるような感じがします。これは買いです。

Paul Kossoffは最高! さんのプロフィール

レビュー投稿数:12件

住所:静岡県

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top