ここから本文です

ARIA ( アリア ) / A-50S

ARIA ( アリア )  / A-50S

  • ARIA ( アリア )  / A-50S 画像1
  • ARIA ( アリア )  / A-50S 画像2
  • ARIA ( アリア )  / A-50S 画像3
  • ARIA ( アリア )  / A-50S 画像4
  • メーカーサイト
表板にはスプルース単板、サイド&バックにはローズウッドを使用しており、明るく伸びのある響きと芯のある音色が特徴。上級者にも自信を持ってオススメできる信頼のブランドARIAです。
■クラシックギター
■トップ:ソリッドスプルース
(スプルース:響振性にすぐれており明瞭な音です。遠達性も高く、大きなホールでの演奏に向いています。色はクリームホワイト。産地は様々ですが、「ジャーマンスプルース」との明記がある場合は、ドイツ産の材を使用しています。)
■バック/サイド:ローズウッド
■サドル/ナット:牛骨
■ネック:マホガニー、ナット幅:約52mm
■指板:エボニー
■ブリッジ:ローズウッド
■ゴールドハードウェア
■ソフトケース付属

リクライニングチェア

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1

2015/09/02

11111ロッド内蔵です

投稿者名:菊水丸 【埼玉県】

ネックに磁石が付くのでトラスロッドが入っているようです。
ただ六角ボルトの頭が外から見る分には見えず、弦を外して
中に手を入れれば在るのかもしれませんがそこまでまだ確認
していません、いちおう六角レンチは付属しておりました。

クラシックギターはネックの反りが一番の問題点で反ってしまったら
簡単に修正できません。高温多湿の夏場でもこれなら気にせず弦を張りっぱ
なしにできそうなので気に入っています。クラシックギターにトラスロッドを入れ
るのはネットでは否定的な意見が多いのですが、現実100万円のギターを買っても
反るものは2年ぐらいで反ってしまうので貧乏人の自分にはとてもそんな世界
には付き合ってられません、トラスロッド大賛成です。

それと入門者が最初に買う1本はアリアだとA-20とかA-30あたりが
人気があるようですが、奮発してこのクラスのギターをお勧めします。
作りがこのあたりの価格のギターからとてもよくなります、サウンドハウスさん
だと最安値に近い価格で購入できますしね。ただメーカーの在庫がなくなると
長期間待つことになりますので御注意を。

追加レビューです。
メーカーに問い合わせたところ、ロッドの調製箇所はサウンドホール
の中、ネックの付け根付近の分かり難いところだそうです、実際自分も
よくわかりませんでした。
こういう非伝統的な作り方のギターが嫌いな人は別な選択になると思います。

塗装やペグの精度などは問題ありません、弦高はサドルを削るだけで6弦
12fで3.5mmぐらいになります、フレットも精度に問題は無いです。
肝心な音ですがこれは極めて主観的なものなので何とも表現しにくいのですが
まあ3万円台の中国製量産ギターとしてはがんばっている感じです。
あと着色でしょうが指板が黒檀なのでコストパフォーマンスがいいです。

正統的なクラシックギターが欲しい方はもう少し奮発してヤマハのCG-192
あたりが良いかもしれません。

レビューID:58116

参考になった人数:21人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ARIA (アリア)
A-50S
クラシックギター

商品ID:96366

¥37,500(税抜)

(¥40,500 税込)

  • 送料無料

2,025ポイント内訳

  • 405Pt

    通常ポイント

  • 1,620Pt

    ポイント5倍

  • 2,025Pt

    合計

閉じる

未定未定

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE ツイッター対抗大喜利選手権 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top