ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

RECORDING KING ( レコーディングキング ) / RD-A3MQ

RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ

  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像1
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像2
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像3
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像4
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像5
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像6
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像7
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RD-A3MQ画像8
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
全長860mm、578mmスケールのミニアコースティックギター。お子様の入門用ギターとして、リビングでちょい弾きするためのセカンドギターとしてもおすすめです!
■ミニ・アコースティックギター
■ドレッドノートタイプ
■トップ:ソリッド・イングルマン・スプルース
■サイド/バック:マホガニー
■ネック:マホガニー、Cシェイプ
■指板:REVEBOND
■ナット幅:43mm
■スケール:578mm
■ギグケース付

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/06/06 

11111凄いポテンシャル

投稿者名Reviewed byMitchy 【福井県】

スペックの補足:ナット・サドルは牛骨(メーカーHPではプラスチックとなってましたが)、フォワードシフトのスキャロップドブレーシング、この辺も鳴りの良さを生んでいるようです。音質も公式動画程のシャリジャリした癖はなく感じます。
弦はエンドボールからしてダダリオのフォスファーミディアムが張られてました。ケースの質感もとてもいい。トータルコスパ文句なし。
ただし、せっかくの牛骨ナット・サドルの底面が本体とのフィットが甘い。ペグのナットが指で回せるくらいしか締まってない。トラスロッドの締め0でネック順反り。など、最後の調整段階レベルがもったいない。この価格で中国製ですからね仕方ないか、、廉価ギター共通のことですね。
というわけで、この1ヶ月でナットサドルなど自作したり調整して、音も一段良くなったと思います。ナット幅は43mmのはずが実測44、サドル幅も74mmと成形済み半完成品でなかなか合うものがなく、素材から削り出しました。それはそれでとても楽しめたのですが、そういうのが嫌でスペックなりの音を出すのに妥協したくないならMartinやTaylorがいいのかもです。
その後、、
弦をエリクサーのフォスファーミディアムに張り替えたところ、全く別次元の音に。。調整のために何度も緩めては張り直したので、余程ダダリオは死んでいたようです。
ラウドネスとサステインが凄く、弦の煌びやかさに金属的なレゾナンスが重なり、これが良く言われる”エリクサーフォスファーはギラつく”ってことかなとも妙に納得しました。次は普通のブロンズを張ってみるつもりです。

レビューIDReview ID:103786

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/02/26

11111金属音が心地よい豊かな音

投稿者名Reviewed bymero 【新潟県】

私にとってミニアコ通算6本目となりました。『ミニドレッドノート』という名称です。
私のファーストインプレッションとしては、『金属音が心地よい、伸びのある豊かな音』でした。
ミニアコとは思えないような鳴りだと思いました。
比較ではMartin LX1やBaby Taylorが霞んでしまうような明快な音です。
特徴としては金属的な残響感があり、その感じはバンジョーやレゾネーターの響きを連想されるものでした。そういえばレコーディング・キングはバンジョーやレゾネーターが有名なメーカーでした。カントリーには最適な音だと思います。
このミニアコとは思えない音の秘密は、重い、厚い、太い作りにありそうです。
ボディの厚さをざっと計測したところ、エンドピン側で105mmもありました。LX1は93mm、Baby Taylorは87mmですので、RD-A3MQはミニアコとしてはかなり厚いと言えます。
重量は実測値で1580gほどで、これはLX1とほぼ同じなのですが、ボディの体積が大きいためもっと重く感じます。
ネックはCシェイプですが、LX1よりも分厚いため、ガッシリした感じがします。
ただ弾きにくいわけではなく、非常に低い弦高と相まって、むしろ弾きやすいです。
弦高は6弦12フレットで2mmと低いですが、全フレットでビビりはありませんでしたので、フレットの調整もきちんとされているということでしょう。
他の通販サイトでは3万円前後なのでサウンドハウスさんは相変わらず安いですよね。
音だけを考えるとLX1やBaby Taylorと十分に渡り合えますが、人によってはこの金属的な響き好まない人もいるかもしれません。
夜弾くならLX1が落ち着いてていいですし(笑)。
残念だったのは、ペグがちょっと堅く、遊びが大きいためチューニングがやりづらいです。部品も中国製だと思うので個体差かもしれません。
より詳しいレビューやレコーディング・キングについて興味のある方は、こちらをごらんください。luthier.blog.fc2.com
2/26追記
音がかなり良いだけにチューニングがやりづらいのが我慢できず、ペグをGOTOH SG381に変えました。オリジナルはわずかに黄色が入った感じで、見た目が好きだったので残念です。

レビューIDReview ID:100769

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

RECORDING KING ( レコーディングキング )
RD-A3MQ

商品ID:248321

¥19,800(税抜)

(¥21,780 税込)

  • 送料無料

2,170ポイント内訳

  • 217Pt

    通常ポイント

  • 1,953Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 2,170Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top