ここから本文です

MXL ( エムエックスエル ) / V67G-HE

MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE

  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像1
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像2
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像3
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像4
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像5
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像6
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像7
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像8
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像9
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像10
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像11
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像12
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像13
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像14
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像15
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像16
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像17
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像18
  • MXL ( エムエックスエル )  / V67G-HE画像19
  • メーカーサイト
グリーン&ゴールド色が特徴のV67Gがシルバーへと変貌。さらに豊富なオプションがセットになってお得になりました。マイクの特性は低域から高域までのバランスが良く、ナチュラルな音質が特徴であらゆるボーカリストに適しています。専用のポップフィルターも付属し自宅ですぐに本格的なレコーディングが始められます。
■コンデンサーマイク
■作動方式:プレッシャーグラデュエントタイプコンデンサー
■ダイアフラム:直径25mm 厚さ6μ
■周波数特性:30Hz~20KHz
■指向性:単一指向性
■入力感度:15mv/Pa
■出力インピーダンス:200ohm
■S/N比:74dB
■自己ノイズ換算レベル:20DB (IEC 268-4準拠)
■最大入力許容音圧:130dB
■電源:ファンタムDC 48V +/- 5V
■サイズ:47mm x 184mm
■重量:589.67g
■外見:シルバー
■付属品:ショックマウントホルダー(5/8インチネジ)、ポップフィルター、クリーニングクロス、ケース

関連商品

スタッフレビュー

V67Gといえばグリーンとゴールドの配色が特徴ですが、このV67GHEはシルバー&ゴールドの組み合わせ。どちらにするか迷ってしまうカラーリングですが、V67GHEにはハードケースと金属製のポップフィルター、ショックマウントまでが付属し、とてもコストパフォーマンスの高いセットです。これ一本で最適な環境を手に入れることができるので、これからレコーディングをはじめる方にお勧め。音のキャラクターは低域から高域までバランスがよく、どんなジャンルでも活躍してくれること間違いなしのマイクだと思います。

サウンドハウスサウンドハウス

コスパ大賞と呼ぶに相応しい、高音質のコンデンサーマイクです。
コンデンサーマイクには多くの人が、中域から高域にかけての解像度の高さや繊細さを求めると思います。V67Gで特筆すべきは、その要素をしっかりと持ちながら高域が痛くならず、全体に線が細い印象にもならないことです。
白バージョンV67G-HEの充実している付属品の中で、意外と便利に感じたのが輪ゴムと布。マイクに布を巻いて輪ゴムで押さえておけば、ホコリが混入することなく、マイクを立てたまま置いておけます。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.6)
  • レビュー数:9

2018/03/07

11111癖はあるけどハマればばっちり

投稿者名:まっつぁん 【福井県】

ttp://alonedtm.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
↑SM57-58、C414xlsと音比較した動画

個人的な印象は、U67の低域感とC12の中域~プレゼンス感を足して2で割った感じ。

おすすめの使い方は、オフマイクでドラムのアンビを録る際。いい感じに曇った、Greatなサウンド。


出音としては、低域の張り出しと9~12kHzくらいの高域ベルカーブがかなり強い。限界までフラットなC414xlsと比べると違いが分かりやすい。でも安いコンデンサにありがちな「音を作った感」は感じず、あくまでカプセルの個性としてこういう音になってんだと思う。

近いかなと思ったのはManley Referenceシリーズ。値段は1/50(!?)だが、張りのある声によく合いそうなのは似ている。
オンマイクの声で使うならちょっとディエッサーを噛ますくらいは必要そうだが、すこし処理してやればカッコイイ音になります。

「歌ってみた」勢向けの情報としては、付属品なんかも値段と不釣り合いにしっかりしてますので、ファンタムのついたオーディオIFとマイクスタンドさえあればかなり良い録音環境が整います。

レビューID:80492

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/02/25

11111初めての自分用マイク

投稿者名:みっちょ 【宮城県】

スタジオレコーディングが主体だったので、いつもエンジニアさんに機材や操作は任せきり。
マイクの種類なんて気にもしていなかったけど、数年前にメンバー用のデモ音源を作るMTRが壊れ、自宅の録音もDAWへ。
デジタルに移行した途端、気にもしていなかった58の性能に疑問を感じ、エンジニアさんに相談したところ薦められたのがこれでした。
自分的にはとても満足ですが、エンジニアさんが言うには、マイクは結局、レコーディング環境と編集次第。
ですが、性能的にも値段ほど他のマイクに引け目を感じる程でもないとの事でした。

レビューID:80231

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/10/23

11111初のコンデンサーマイク

投稿者名:EDDIE 【京都府】

宅録用に初めてのコンデンサーマイクです。今まではSHUREのSM58を使っていましたが、アコギなどがやはりキンキンとした音になってしまいました。こんなものかなと思っていましたが、物は試しで安価なこのコンデンサーマイクを購入してみました。柔らかい音に感動しております。やはりダイナミックマイクとは全然違いますね。ほかのコンデンサーマイクは使用したことがないので比較はできませんが、使ったことない人は一度お試しあれです。

レビューID:76729

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/01/11

11111買ってよかった

投稿者名:たこちゃん 【東京都】

高い商品でもないけれど、凝り性で、いろいろ検討してしまいました。
本品の単品グリーンと迷い、べリンガーB-1と迷いました。

グリーン単品の色は別に、気にならなかったけれど、本品のハードケースやショックマウントは、非常にほしかったので、こちらにしました。ショックマウント良い感じです!
ポップフィルターは普通のやつを保持していて、不要でした。ケースに入れるために金属製のものにしたのかな。やはり普通に選ばれているものの方が、いいのでしょうね。でもこれだけ安いと、それを使用しなくても、価格に減点はないです。

サウンドハウスさんの説明文に、グリーン単品のものには女性向けと書いてあって、こちらには男女共用的な感じに書いてあって、同じ性能の製品を、別の社員さんがコメントしているのだろうとも思ったけれど、男性の私は、こちらを選ぶ小さなきっかけにもなりました。

べリンガーB-1は、「絶対に外れではない製品だ」と思ったけれど、マウントが弱い(耐久性)というような書き込みがあり、そういうのが嫌いな私は、こちらを選びました。
ユーチューブなどの動画をたくさん聞き比べた結果、「平均してみて、本品の方が少し音がいいかな」と感じたことも、決め手でした。

何よりもの最後の決め手は、「本品はボーカル用に設計されている」と言う説明。(楽器にも使えるのですけど)。私はボーカル用にしか100%使わないので、そこに賭けて、今回はこちらにしました。

私は初めてのコンデンサーマイクですし、マイクの性能について、良い悪いを本当に判定して言える資格は、ありません。
ですが現在のところ、買ってから短期ですが、とても満足しています。音は良いです。もう二度とダイナミックマイクには戻れません。
100円ショップで数千円くらいの価値がありそうな包丁なども売っていますが、この商品も経済のグローバル化の良い方の効果で、凄いコスパという事なんでしょうね。

なんだか選ぶ過程の日記みたいでスミマセン。でも選ぶ過程がとても楽しかった。楽しいショッピングをさせてもらい、サウンドハウスさん(ユーチューブさんも)ありがとうございました。

レビューID:69278

参考になった人数:19人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/01/10

11111こいつは・・・

投稿者名:GAMERAⅢ 【東京都】

MXL V67は定評ある製品です。
プロのナレーターとしても、MXLの姿勢は評価しています。

なんといっても、凄いと思うのは、このコスパ。
音と価格はリンクしないのか!と考えさせられる。

また、サウンドハウスもやりますね、この製品、アメリカでもコスパバツグンで人気がありますが、150ドル、なんですよ、なんで、日本で買うほうが安いのか・・・

買って損はない、のではない、買わないと損なのであります。

レビューID:69227

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO

MXL (エムエックスエル)
V67G-HE
ラージダイアフラム/コンデンサーマイク

商品ID:208577

¥12,800(税抜)

(¥13,824 税込)

  • 値下げしました
  • 送料無料

149ポイント内訳

  • 149Pt

    通常ポイント

  • 149Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
ライブ通販スタート! なんと!あの商品が! SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業
Page Top