ここから本文です

QSC ( キューエスシー ) / PLD4.2

QSC ( キューエスシー )  / PLD4.2

  • QSC ( キューエスシー )  / PLD4.2 画像1
  • QSC ( キューエスシー )  / PLD4.2 画像2
  • QSC ( キューエスシー )  / PLD4.2 画像3
  • QSC ( キューエスシー )  / PLD4.2 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
音響機器メーカーのトップとして40年以上の実績を積み上げてきたQSCが最先端のテクノロジーを惜しみなく注ぎ込んだ史上最高のパワーアンプです。あらゆるシチュエーションにフレキシブルに対応し、ベストサウンドを提供する4ch仕様、2U、軽量設計の筐体にDSPを搭載したマルチチャンネルパワーアンプです。

ショールーム担当のここだけレビュー ~PLDシリーズ~

 
お薦めポイント
PLDシリーズは、とにかく現時点で考えられる最高峰の技術の数々を惜しみなく注ぎ込まれたパワーアンプです。
長年の経験と実績が生み出したパワーアンプに現代のデジタル信号処理技術が組み合わさり、あらゆる要求に応えてくれます。ルーティングを変えるだけなら他にもありますが、何チャンネル仕様で使用するかまで設定できるのは特筆すべき点です。「デジタル」と聞くとセットアップが難しいのではと思われがちですが、PLDシリーズには定番スピーカーのプリセットが多数内蔵されているだけではなく、プリセットウィザードもありますので、順番に値を入力していくだけで簡単に完了できます。またディスプレイを備えた商品のほとんどは、モノクロで小さく見づらいところが難点でしたが、PLDシリーズはカラー液晶でこの大きさ、画面の動き方も最先端を行っています。パワーアンプは全体のサウンドに影響する最も大きなファクターです。最高のサウンドを提供したいなら、迷わずにPLDシリーズを選んでください。
 
サウンドキャラクター
全ての帯域で文句のつけようがないサウンドです。GXシリーズの後に聞いたPLXシリーズの時も、音のグレードアップに驚きましたが、これはさらに上のステージをいきます。PLXシリーズの低域が持つ音圧と迫力が共に増大し、高域のナチュラルさはさらに薄皮一枚脱がせたような透明度を誇り、全体として情報量が高まったという印象です。DSPでの細かい設定も可能ですが、特に何も設定しない状態でも十分に表現力の高いサウンドが出てくるこの基本性能の高さには脱帽です。弊社ライブスペースでも早速導入したところ、パワーアンプでここまで音が変わるのかとスタッフも目を丸くしていました。今、世界で最も注目を集めているパワーアンプ、それがPLDシリーズです。

PA現場のプロが絶賛!

今回、QSCのPLDシリーズを使用したのは2000人規模の野外コンサート。
ラック内に上下(かみしも)2台ずつ、合計4台のPLD4.5を収納。そしてメインスピーカー用で使用することに。その結果、多くの絶賛コメントが寄せられました。
  • ■コスト対パワー&音質が優れている。
  • ■パワーに対して消費電力が少ない。
  • ■すっきりした音質で使いやすい
信頼性についても、「QSC社のパワーアンプはこれまで30台ほど使ったが、ガリノイズ以外、壊れたことがないのでメーカーに対する信頼性は高い!」と二重丸!

現場のプロが最後に語った言葉!

「お金を出せば良いアンプはいくらでもある。でも消費電力が大きくてC型コンセントがないと使いにくいなど、電源に注意しなければいけないものが多かった。PLD4.5は消費電力を気にしなくてもよい。
“史上最強の壁コンアンプ”です。」

(株)うさぎや プロフィール

昭和51年(1976年)に徳島で創業。コンサートPAを中心に、音響と楽器レンタル、照明・映像に関する企画設計やオペレーションに至る総合サービスを展開しています。

PLDseries

製品紹介

FASTについて

製品技術について

製品内部について

QSC / PLD CXD

02-Inputs Outputs&EQ Processing

03-Front Panel Navigation

04-Amplifier Navigator Software

高いパフォーマンスと軽量化を両立
Powerlightユニバーサル・スイッチモード・パワーサプライと高効率PFCを採用

自在なルーティング、様々なシステムに対応
出力をフレキシブルに分配し、自由にルーティングを組むことが可能

スピーカーの潜在能力を引き出す高性能DSP
各chにクロスオーバー、5バンドPEQ、リミッター、ディレイを搭載

操作性に優れたフロントパネル
カラーディスプレイ、ロータリー・エンコーダー、ナビゲーションボタンを搭載

AC100V-240V ユニバーサル電源採用

■仕様
4ch Contious
 8Ω:400W
 4Ω:400W
 2Ω:350W
2ch Contious
 8Ω:800W
 4Ω:800W
 2Ω:650W
1ch Contious
 8Ω:1500W
 4Ω:1600W
 2Ω:1600W
 1Ω:1600W
歪み
 8Ω:0.01-0.03%
 4Ω:0.03-0.06%
最大歪み:4Ω-8Ω 1.00%
周波数特性:8Ω:20Hz-15kHz,±0.2dB
  20Hz-20kHz,+0.2dB/-0.7dB
ノイズ
 Unweighted Output Unmuted:-101dB
 Weighted Output Muted:-109dB
ゲイン(1.2V設定時):34.0dB
ダンピングファクター:>150
入力インピーダンス:>10k、バランス、アンバランス
最大入力レベル
 3.9V設定時:12.28V(+24dBu)
 1.2V設定時:3.88V(+14dBu)
コントロール、インジケーター(フロント)
Power、チャンネルMUTEボタン、チャンネルSELECTボタン
Input Signal/CLIP LED インジケーター、Channel Output/LIMIT LED メーター、HOME, ENTER, EXIT, GAIN ボタン 、コントロールノブ"
入力端子:XLR
出力端子:スピコン
アンプ、負荷保護
ショートサーキット、オープンサーキット、熱, RF保護、On/Offミュート、DC異常シャットダウン、突入電流保護、入力電流保護
電源:AC100-240V 50/60Hz
消費電力(1/8POWER):5.2A/8Ω、6.3A/4Ω、4.9A/2Ω
寸法:W48.2xH8.9xD30.5 cm
本体重量/梱包重量:8.4kg/10.0kg

最新ファームウェア(v2.3.3.1)アップデート手順について 2018/04/27
1.  下記URLよりAmplifier NavigatorをPCにインストール
http://www.qsc.com/resources/software-and-firmware/amplifier-navigator/
2. アンプとPCをUSBケーブルで接続する。
3. Amplifier Navigatorを起動して、PLDの電源を入れる。
4. 認識されたらUPDATEボタンを押す。
5. バージョンが古い場合は、「UPDATE AMPLIFIERS」をクリックする。
6. アップデート完了後、アンプ本体のUTILITY画面でFirmwareが更新されていることを確認したら完了です。

関連商品

スタッフレビュー

ハイパワーかつ高音質のDSP搭載4chパワーアンプです。煌びやかでダイナミックなサウンドが特徴で、低音から高音までバランス良くしっかり再生してくれます。初めて音を聞いた時は鳥肌が立つほど感動しました。400W×4(4Ω)の高出力アンプとは思えないほど軽量、コンパクトなため、移動や設置が楽に行えます。また、フロントの大型ディスプレイがカラーで見やすく、クロスオーバーや入力ルーティングの設定など、パネルを見ながら簡単に設定できます。定番スピーカーに対応したプリセットなども入っていて、本体に保存しておけば、設定を瞬時に呼び出すことが可能です。QSCならではのクリアな上級サウンドが魅力で、世界中の評価も高い大人気モデルです。

営業部 / 荒牧 真人営業部 / 荒牧 真人

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.8)
  • レビュー数:6

2017/02/21

11111軽い!

投稿者名:みゆキチ 【愛知県】

片手で持てるくらいぶち軽いですね。
設定はPCからのほうが楽
お店で使用してます、一定時間無音になるとスリープになるようで、再起動時少し音量上げないと反応しないです。

レビューID:70462

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/09/06

11111使ってみると驚きますよ。

投稿者名:artwing 【愛知県】

まず、軽くてビックリします。わ!軽い!!って感じです。400Wのパワーアンプが4チャンネル入っているということを考えると、ビックリの軽さです。
それと、使うと、もっとビックリします。
パラメーターとかほとんど触らないのですが、卓⇒EQ⇒PDL4.2⇒スピーカーという順番に普通に接続してますが、今までデジタルパワーアンプで、クラプロのDCP2000でフロントは鳴らしてたり、デジタルパワーアンプ内蔵のパワードミキサーALTOのTMX200とかで鳴らしていましたが、音が全く変わりますよ。今までに、パワーアンプで音って変わるということはいろいろ聞いていますが、あまり実感としてはありませんでした。ところが、これ使うと、パワーアンプで音は変わると、多分誰でも実感出来るくらい変わります。
サウンドが完全にプロの音に変わっちゃいますよ。400Wということですが、パワーとしてはそれ以上に鳴っているという気がするくらいパワーあります。サウンドが明るいです。ドラムのバスドラとか、スネアを57などで拾うと、スピーカーはEVのELX115とか、15インチのスピーカーで鳴らすと、すごく立体感のあるサウンドを表現できますよ。パワーがあるので、ボーカルもしっかり出せます。
これは噂に違わないQSCの傑作だと思います。10万円ほどしますが、このサウンドを手に入れようと思ったら、アナログだと多分3倍から4倍くらいのお値段がするくらいかなと思うくらいコスパがすごいです。
サウンドメイクが本当にしやすくなりますよ。
これは、安いのを検討されている方なら、お値段はワンランク上かもしれませんが、サウンドは10ランクぐらい上になりますよ。強くオススメします。

レビューID:66164

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/19

11111便利、高音質、軽量

投稿者名:ジョンスノー 【愛知県】

ものは試しと一台購入。噂通り明るい音質。音圧もいい。Y社、A社の同価格帯からはワンランク上の音ですね。入力800wのフルレンジもブリッジできっちり鳴りました。モニターは4台鳴らせるし、クロスオーバーも細かく設定できる。なにより驚いたのが電気量が-10デシベルでも3Aくらいしかいかない。本当に便利です。

レビューID:65183

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/03/14

11111費用対効果が高すぎます。

投稿者名:プー 【東京都】

手持ちのBOSE101が4本あるので、それを鳴らすために買いましたが、、、、。実はある小屋に行きまして、小屋のSX-300をこいつでならしたところ、、。とっても元気な音でした。チャンネルあたり3万で400Wのアンプが買える、しかもチャンデバやEQ、ディレイも入っちゃってる、、、。Smaart等の測定ソフトで、このアンプの内部にあるイコライザーを操作して、あらかじめフラットなカーブを作ってそのスピーカー用にプリセットしておいて、そいつを呼び出して。あとは現場での響きやマイクとの関係で、卓内蔵のEQやアウトボードのEQで補正すれば仕事も劇的にはやくなりそう。費用対効果が本当いいです。何より軽いしね。 メインのシステムをパワードで揃えたので、一台あればいいけど、SXとかたくさん持ってる人なら、このアンプいいんじゃないかな?
DSP背負ってるこのアンプ、当然AD/DAするのでレイテンシーがあるのだけど、、、。サウンドハウスさんから0.9mm秒とのこと、お答をいただきました。これは気にならない程度だとおもいます。欲を言えばデジタルインプットがあればと思いますが、、、、ともあれ現時点で購入して損はないあんぷですね。おすすめ。

レビューID:62439

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/02/20

11111最高です。

投稿者名:taka 【京都府】

これ本当に1600w?って思うくらい物凄いパワーがあります。今まで使っていた同出力のマッキーのパワードミキサーとは比べ物にならないくらいのパワーと音圧です。音質良いアンプは他にも色々あると思いますがこのPLDは何より音圧が凄すぎです。重低音、歯切れの良いパンチのある低音、とにかく最高です。かなりの大音量でも音質変わらず耳が痛くならない。PLX3602も持っていますが小規模で使うならPLD4.2の方がパワーも音圧も勝ってる感じです。

レビューID:61920

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

QSC (キューエスシー)
PLD4.2
2U パワーアンプ/4ch

商品ID:196623

¥108,000(税抜)

(¥116,640 税込)

  • 送料無料

11,660ポイント内訳

  • 1,166Pt

    通常ポイント

  • 10,494Pt

    人気ブランドポイント10倍キャンペーン

  • 11,660Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

マンガン電池9vワケあり品 25円
recruit2019新卒採用
ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
夏休みだ!Let's DIY!オリジナル楽器プレゼント SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
音楽ライター募集
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
ショールーム営業時間
平日 10:00~17:00
(最終注文受付16:30)
土曜 12:00~16:00
(最終注文受付15:30)
日曜祝日休業

Page Top