ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

Line 6 ( ライン6 ) / POD HD PRO X

Line 6 ( ライン6 )  / POD HD PRO X

  • Line 6 ( ライン6 )  / POD HD PRO X 画像1
  • Line 6 ( ライン6 )  / POD HD PRO X 画像2
  • Line 6 ( ライン6 )  / POD HD PRO X 画像3
  • Line 6 ( ライン6 )  / POD HD PRO X 画像4
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
プロセッシング・パワーのアップで創造性がさらに向上。ダイナミックDSP機能により、エフェクトを必要な場所へスタックできる自由度を実現。HDアンプとキャビネット、マイク、エフェクトの組み合わせは、ほぼ無限大。512プリセットから、トーンを自在に呼び出すことができます。
☆2Uショートラックケースプレゼント☆
■ギターアンプシミュレーター
■リアルなトーンとフィールを提供し、数々のアワードに輝くHDアンプの充実したコレクション。抜群の深みとタッチ・レスポンス
■100種以上のスタジオ&ストンプ・エフェクトを最大8まで同時使用
■スピーカー・キャビネット、マイクを選択可能。トーンを作り上げる究極の自由度:
■デュアル・シグナル・パス。複数のルーティング・オプション
■アンプ、エフェクトへさらなるパワーを備えたダイナミックDSP
■シグナル・チェーン内のどこにでもインサートできるステレオFXループ
■USB 2.0、MIDI、S/PDIF、AES/EBU、XLRバランス出力、1/4"ドライ・アウト、統合マイクプリなど包括的な入出力
■インピーダンス可変のギター入力
■DTシリーズ・アンプやStageSourceRシリーズ・スピーカーを統合できるL6 LINK接続
■統合48秒ルーパー
■内蔵クロマティック・チューナー
■POD HD Pro Xソフトウェア・エディター/パッチ・ライブラリアンをダウンロード提供
■入出力:
・アンバランス出力 (フォン端子 モノ/ステレオ、インストゥルメント/ライン)
・XLRバランス出力 (L/R、インストゥルメント/マイク)
ラインレベル入力 (フォン端子 モノ/ステレオ、+4/-10)
・USB
・MIDI In & Out/Thru
・S/PDIF I/O
・ステレオFXループ (フォン端子 モノ/ステレオ)
・ドライ出力(フォン端子)
・Variax Digital Input端子
・FBV フット・コントローラー端子
・AES/EBU I/O
■外形寸法:483 (W) x 200 (D) x 89 (H) mm
■重量:4.0 kg
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2019/01/07

11111センド リターンに

投稿者名Reviewed by大安吉日 【岐阜県】

ここでは買ってません。ごめんなさい。
あまり知られてないみたいですが、センド・リターンにお気に入りのシールドのみを刺してパッチしてみると、一気にアナログ寄りのイコライジングがかかり、この機材の印象が変わります。しかもL、Rだと2種類混ぜられます。エフェクトルーティングのひとつなのでオンオフ、配置も自在。
センドレベルを削ったり、リターンレベルを盛ったり、センド前の音との割合をミキシングできたりします。つまり、高性能バッファーとしても機能します。シングル→ハムの音量変化や逆も可能。ということはシールドの音痩せ感まで再現しちゃう。
  たぶんline6他機種でも同様かと。
シールドは長くても、短くてもいけます。繋ぐ向きも選べます。音色変化と捉えても良ければ、後ろのスイッチを切り替えても変わります。そんなことでは壊れません。
  素晴らしい。
さらに、発売の時期が何年も前という理由を勝手につけて、 本体のアナログインプットやアウトプットは使用せずに 最新の より高性能のADやDA(と言っても各1万まででも十二分)をデジタル入出力へかましてやると、嬉しくなる方もみえるでしょう。また、電源コードはお馴染みのベルデンの黒くて太いやつがいい感じ。
Xになってよかった。機能や液晶はこのままでもいいから、さらにAD/DA基板が最新バージョンのXXとか出ないかなぁ。
総合的にお勧め◎
その内にLINE6から出るであろうデジタルアウト付きワイヤレスレシーバーから繋いで実験してみたいな。

レビューIDReview ID:88508

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

Line 6 ( ライン6 )
POD HD PRO X

商品ID:190419

¥74,800(税抜)

(¥82,280 税込)

  • 送料無料

8,220ポイント内訳

  • 822Pt

    通常ポイント

  • 7,398Pt

    人気ブランド ポイント最大10倍キャンペーン

  • 8,220Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top