ここから本文です

入力端子

入力端子

入力端子はXLR3ピンタイプが一般的です。プリアンプやミキサーなど接続する機器に適合するラインケーブルをご選択ください。

出力端子

出力端子

多くのモデルにおいて出力端子タイプは、スピコンのほかバインディングポスト(バナナ)や標準フォーンのモデルが主になります。 出力端子には、接続端子のタイプに応じたスピーカーケーブルをご選択ください。

ラックケース ラックケース

通常パワーアンプは、奥行きサイズが深いものが多いため、アンプのサイズに適合するラックケースをご選択ください。

ステレオアンプ

ステレオアンプ

メインスピーカーのL、Rなど2系統のボリュームを個別にコントロール可能です。シンプルなタイプの他、イコライザーやクロスオーバー、リミッターなど複数のプロセッサーを内蔵しているモデルもあります。ブリッジモードで使用することにより、許容入力の大きな大型スピーカーやサブウーハーを駆動することもできます。

4チャンネルパワーアンプ

4チャンネルパワーアンプ

メインスピーカーのL、Rに加えて、フロアモニターを2系統、またはフロアモニター1系統、サブウーファー2系統など1台で4系統のボリュームを個別にコントロール可能です。1台分のラックスペースでステレオアンプ2台分と省スペース化にも貢献します。こちらも液晶ディスプレイを搭載した多機能なハイエンドモデルがあります。

ハイインピーダンスアンプ

ハイインピーダンスアンプ

飲食店や美容室などの店舗BGM、学校や会議場、お祭り、選挙などで使用する設備用に、露出型や天井埋込型、ホーンスピーカーなどのハイインピーダンス・スピーカーと組み合わせて使用します。1つのラインに多数のスピーカーを接続することができます。

デジタルパワーアンプ

デジタルパワーアンプ

上記のパワーアンプはアナログですが、これに対してデジタルのパワーアンプがあります。 CLASSIC PROのDCPシリーズではスイッチング電源を採用、トランスが無いため、小型化、軽量化を実現しています。


パワーアンプの定番 Classic Proのおすすめモデル

CPシリーズ CPシリーズ

コストパフォーマンスに優れた上質なスタンダード・サウンド。

CPXシリーズ CPXシリーズ

軽量なボディながら、トップクラスの力強いサウンドを実現。

DCPシリーズ DCPシリーズ

1Uサイズの4チャンネル・パワーアンプDCP4450と小型ステレオアンプDCP30 miniをラインナップ。

CMPシリーズ CMPシリーズ

マイク/AUX入力にチャイム機能搭載。店舗BGM、アナウンスなど様々なシチュエーションで活躍。


QSC 世界をリードするパワーアンプのパイオニア

PLDシリーズ PLDシリーズ

高機能、高音質を両立したDSP搭載マルチチャンネル・パワーアンプ

GXDシリーズ GXDシリーズ

PLDシリーズが誇る最高の音質をリーズナブルな価格で実現したモデル。

PLXシリーズ PLXシリーズ

QSCならではの高い信頼性とクリーンで歪みのないパワフルなサウンド。

GXシリーズ GXシリーズ

QSC独自の保護回路"GuardRail"を搭載。リーズナブルながら高音質を実現。


CROWN パワーアンプ特集

XLSシリーズ XLSシリーズ

音質を妥協することなく、全モデル5kgという驚異の軽量化を実現。

XTiシリーズ XTiシリーズ

高性能DSPを搭載した上位モデル。PCと接続することにより高度な設定も可能。


人気パワーアンプ比較


4chパワーアンプの接続例

1.メインスピーカーのLとR、フロアモニターサブウーハー:パワーアンプ1台でステージ音響を組むことができます。

2.メインスピーカーのL×2、R×2:2対向のセットを組むことができます。

3.メインのLとR、CDデッキのLとR:別々の音源ごとにボリュームをコントロールすることができます。

ハイインピーダンスパワーアンプの接続例

1.並列接続:多数のスピーカーが必要な学校や施設など設備音響に向いています。

2.スイッチ出力:多数のスピーカーが必要、フロアごとに音量を変えたい場合に向いています。
(CLASSIC PRO 「CMPシリーズ」)


セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top