ここから本文です

入力端子

入力端子

入力端子はXLR3ピンタイプが一般的です。プリアンプやミキサーなど接続する機器に適合するラインケーブルをご選択ください。

出力端子

出力端子

多くのモデルにおいて出力端子タイプは、スピコンのほかバインディングポスト(バナナ)や標準フォーンのモデルが主になります。 出力端子には、接続端子のタイプに応じたスピーカーケーブルをご選択ください。

ラックケース ラックケース

通常パワーアンプは、奥行きサイズが深いものが多いため、アンプのサイズに適合するラックケースをご選択ください。

多チャンネルタイプ

ステレオタイプ/4チャンネルパワーアンプ

2系統以上のボリューム個別にコントロール可能です。

ハイインピーダンスタイプ

ハイインピーダンスタイプ

学校や会議場など設備用に、ハイインピーダンス・スピーカーと組み合わせて使用します。一つのラインに多数個のスピーカーを接続する事ができます。

デジタルパワーアンプ

デジタルパワーアンプ

上記のパワーアンプはアナログですが、これに対してデジタルのパワーアンプがあります。 CLASSIC PROのDCPシリーズではスイッチング電源を採用、トランスが無いため、小型化、軽量化を実現しています。


CLASSIC PROでは、3つのシリーズのローインピーダンス・パワーアンプをご用意しています。

CPシリーズ CPシリーズ

コストパフォーマンスに優れた上質なスタンダード・サウンド。

CPXシリーズ Vシリーズ

軽量なボディながら、トップクラスの力強いサウンドを実現。

DCPシリーズ DCPシリーズ

低域がすっきりしていて中高域が明るいクリアなサウンド。


4chパワーアンプの接続例

1.メインスピーカーのLとR、フロアモニターサブウーハー:パワーアンプ1台でステージ音響を組むことができます。

2.メインスピーカーのL×2、R×2:2対向のセットを組むことができます。

3.メインのLとR、CDデッキのLとR:別々の音源ごとにボリュームをコントロールすることができます。

ハイインピーダンスパワーアンプの接続例

1.並列接続:多数のスピーカーが必要な学校や施設など設備音響に向いています。

2.スイッチ出力:多数のスピーカーが必要、フロアごとに音量を変えたい場合に向いています。
(CLASSIC PRO 「CMPシリーズ」)


カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
YOITOKOめぐり旅 Vol.4 大分県大分市近郊 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top