ここから本文です

HOME

カートリッジの針圧調整

カートッリッジの針圧調整

まず、カートリッジをターンテーブル本体へ取り付けます。

【参考】カートリッジの組立て&配線編

カートリッジ針圧の確認

カートリッジ針圧の確認

セッティングは使用するカートリッジにもよって異なりますが、まずはカートリッジのマニュアルやパッケージに記載された適正針圧を確認します。

バランスウェイトの調整

バランスウェイトの調整

次にターンテーブルのトーンアーム部最後尾にあるバランスウェイトを回転させ、トーンアームが宙に浮く様な状態になるまで負荷をかけていきます。アームが宙にフラフラと浮いている状態になったら、バランスウェイトの目盛りを、"0"に合わせ、そこから0→1→2となる具合でウェイト自体を回転させ、更に負荷をかけていきます。

カートッリッジの針圧調整

針圧が3のカートリッジであれば、この作業時に"3"に合わせれば設定完了です。針圧の設定が終わったら、次はアーム高とアンチ・スケーティングのセッティングです。


アーム高とアンチ・スケーティングのセッティング

アーム高とアンチスケーティングのセッティング

アームの高さは基本的に真横からターンテーブルを見た際に、アームがレコードと平行となるようにします。アンチスケートは、例としてSL-1200やPLX-1000の場合、通常針圧と同じ数値へ設定します。

ここまでセッティングが完了したら、あとはレコードを乗せてDJプレイ開始 ! ちなみに、DJミキサーの電源を入れてからアンプ(オーディオ)のスイッチを入れてください。アンプの電源が入っている状態でDJミキサーの電源を入れると、スピーカーを傷めてしまう恐れがあります。


新生活応援セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
タイプで選ぶ「良音」カラオケ配信機材 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top