ここから本文です

HOME

PC向けDJソフトの選び方

DJプレイ

DJソフトの選び方

デジタルDJの心臓となってくるがDJソフトです。ソフトによって、操作感や得意とする音楽ジャンル、対応コントローラーにも違いがあります。今回はDJの現場でよく目にする人気DJソフト、スマホやタブレットでのDJプレイにおすすめのDJソフト(アプリ)を比較、紹介します。
どのソフトを使ったらよいのか迷ってしまいがちですが、是非このページを参考に自分にあったDJソフトを探してみましょう!

目次

serato DJ SERATO / SERATO DJ

メーカー商品ページ: https://serato.com/dj/pro

特徴

DJの現場ではトップレベルで普及しており、最もオーソドックスなDJソフトです。
波形や楽曲情報などのレイアウトがシンプルで画面が見やすく、初心者の方でも取り扱いやすく、幅広いユーザーから人気があります。
使うことができるエフェクトにも特徴があり、楽曲のマスタリングソフトを手がけるiSotope社製の高品質なエフェクトを使用できるというのも魅力です。
大きく分けて、無料版の「SERATO DJ LITE (旧:SERATO DJ INTRO)」、有料版の「SERATO DJ PRO」があります。

Serato DJ Lite と Serato DJ PROの違いとは?

serato DJ Lite と serato DJ PROとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

一番大きな違いは、やはり価格面。Serato DJ Liteは無料版なのでserato公式ページから誰でもダウンロード可能です。
一方、serato DJ PROはショップでダウンロード用のシリアルを購入し、ダウンロード案内にしたがってソフトをダウンロードいただけます。サウンドハウスでSerato DJ Proをご購入する場合はこちら
また、serato公式ページにてSerato DJ Proの無料トライアル版もお試しいただけます。購入前にLite版とPro版を比較したい方におすすめです。

Serato DJ Lite と Serato DJ PROの機能を比較

続いて、機能面を比較します。

serato DJ Liteserato DJ Pro
デッキ機能最大デッキ数24
HOT CUE ポイント数58
ループ拍1拍〜8拍1/32拍〜32拍
ループ可変機能×
再生デッキのロック×
オートプレイ×
ブレイキング×再生・停止速度の
変化具合を調整可能
トラック終了告知×
BPMシンク機能シンプル・シンクスマート・シンク
FX・サンプラー機能搭載エフェクト数610
エフェクトデッキアサイン×
サンプラー数46×4バンク(合計24)
その他機能ミックス録音機能×
追加MIDI コントローラー×
プラグイン機能×

中でも意識しておきたい特徴はこちらです。

  • 同時に再生できる曲数(デッキ数)がLite版では2デッキまで、Pro版では4デッキまで
  • Lite版は(楽曲の速さ)のみをシンクさせる「シンプルシンク」のみ、Pro版ではBPMとビートをシンクできる「スマートシンク」が使用可能
  • キューポイント(楽曲の目印)の設定数がLite版では1曲あたり最大5つ、Pro版では1曲あたり最大8つ

目指しているプレイやジャンルなど、ご自身に合わせて選びましょう!

以下の表も参考にしてみてください。

動作環境 https://dirigent.jp/product/serato/serato-dj-pro/

対応商品はこちら

recordbox Pioneer DJ / rekordbox

メーカー商品ページ: https://rekordbox.com/ja/

特徴

Pioneer DJからリリースされている楽曲管理ソフト、rekordboxのDJ向けパフォーマンスソフトです。クラブやイベント現場の定番モデルといえば、Pioneer DJのCDJシリーズやDJMシリーズ。Pioneer DJ公式DJソフトであるrekordboxなら、それらの定番機器との相性抜群。
rekordboxさえあれば多くの現場に対応できるというのは、DJをするうえで大きなメリットになります。
なおダウンロード形式ではなく、rekordbox公式より各種サブスクリプション可能です。
無料プラン、Coreプラン、Creativeプランとコースが分かれており、基本的なDJプレイに追加しDVSコントロール*対応や、使えるPC端末数の追加、MIXの録音機能など、希望に合わせて追加されます。

serato DJ Liteserato DJ Pro
デッキ機能最大デッキ数48
HOT CUE ポイント数各デッキ8各デッキ16
ループ拍1/32拍~32拍1/64拍~512拍
ループ可変機能
再生デッキのロック
オートプレイ
ブレイキング再生・停止速度の
変化具合を調整可能
再生・停止速度の
変化具合を調整可能
トラック終了告知
BPMシンク機能スマート・シンク
FX・サンプラー機能搭載エフェクト数1021+3(リリースFX)+9(RMX FX)
エフェクトデッキアサイン
サンプラー数6×4バンク(合計24)6×4バンク(合計64)
その他機能ミックス録音機能
追加MIDI コントローラー

動作環境 https://rekordbox.com/ja/download/

中でも意識しておきたい特徴はこちらです。

  • Pioneer DJ公式DJソフトなので、CDJやDJMなどクラブの定番機材との相性が良い
  • 使い方紹介やHow To動画など、日本語のコンテンツが多い
  • DJ向け音楽サブスクリプションサービス( beatportlink / Beatsource LINK )との連携が可能※PERFORMANCEモード使用時のみ

サブスクリプションサービスとの連携が可能になると、PCに保存されている曲に加えて、beatportにて配信されている900万曲以上の楽曲を自由にDJプレイに組み込むことができます。

※特定のハードウェアを接続することで、サブスクリプションプランに契約していなくてもPERFORMANCEモードの機能がご利用いただけます。この仕組みをHardware Unlockと呼びます。

対応商品はこちら

TRAKTOR PRO Native Instruments / TRAKTOR PRO

メーカー商品ページ: https://www.native-instruments.com/jp/products/traktor/dj-software/traktor-pro-3/

特徴

ハウス、テクノシーンなどのダンスミュージックシーンのDJから長年愛用されているTRAKTOR PRO。2019年に最新版となるTRAKTOR PRO3が発表されて、音質面・エフェクト面の強化、DVSコントロール*対応など、DJにとってより使いやすいソフトになっています。

高音質・多彩なエフェクト

曲同士をミックスする際、キーを変えずにBPM(曲の再生速度)を変えたり、曲のキーを大幅に変更したりする場合がありますが、そういった変更をしても音質の劣化が起きないように、タイム・ストレッチ/ピッチ・シフトのエンジンにZPLANE社のElastique Proを採用しています。

また、TRAKTOR PRO3の新機能としてフィルター・ノブにエフェクトをアサインできるMixer FX機能が追加されました。4つのスロットにそれぞれフィルターとFXをアサインできるので「Filter + Reverb」といったエフェクトを任意で組むことも可能です。実験的なサウンドを試したり、曲同士のMIXの新たなアプローチを探したり、プレイの幅が広がります。

また、ループやワンショットサンプルをDJプレイの中に組み込むための機能として「Remix Deck」「Stem Deck」が採用されており、リアルタイム・ミキシングや、ライブパフォーマンス志向なDJを可能にします。

TRAKTOR PRO 3の機能についてはこちらの動画が参考になります。
https://youtu.be/bKJ3j8LRtg8

動作環境 https://www.native-instruments.com/jp/products/traktor/dj-software/traktor-pro-3/specifications/

対応商品はこちら

ENGINE DENON DJ / Engine

メーカー商品ページ: https://denondj.inmusicjp.com/engine/

特徴

DENON DJがリリースしているDJ用の楽曲分析・管理ソフトEngine、最大の特徴は他DJソフトとの親和性の高さです。
これまでにご紹介したDJソフト、rekordbox、Serato DJ、Traktor Proに対応しており、プレイリスト、キューポイント、楽曲情報などの同期が可能です。MacユーザーならiTunesの楽曲の同期も可能です。
またプレイリストの作成・編集にも長けており、プレイしたい曲をワンクリックで簡易的なプレイリストに保存するクレート機能を搭載しています。他のDJソフトと比較して、楽曲のソート機能も充実しています。
また、ホットキューとループリージョンそれぞれに任意のカラーや名前を設定できるなど、カスタマイズ性の高さも特徴です。

動作環境 https://www.denondj.com/engine-prime

対応商品はこちら

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top