ここから本文です

バナン さんのレビュー一覧

ZOOM
G5n Multi-Effects Processor マルチエフェクター
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:27,500円(税抜)
(税込 30,250円)
参考になった人数:35人(38人中)
(5.0) しばらくはこれでOK 2018/09/21
半年前くらいに購入しましたが、結論から言うとこれ1台でスタジオもライブも全然OKです。
私はジャズコのリターン挿しで音を出してますので、毎回ほぼ同じ設定で演奏が可能です。
また、このエフェクターの本当に使い易いポイントとして、マスターボリュームとは別に、各パッチ全体に効く「ブースト」と「トーン」というツマミがありますので、料理完成後の調味料感覚で音を微調整できます。
スタジオで使用する場合、
・Aメロではクランチ、
・Bメロではクランチにディレイを、
・サビでディレイオフからのクランチをブーストさせて、
・ソロではサビで使用した音をボリュームを上げてロングディレイを
なんて事はよくある事だと思います。
これを実践する方法は2パターンあります。
①1つのパッチに入った段階で演奏を始めて、各エフェクターをon/offする方法
②各パッチを1つの音としてとらえる方法
です。
私は②を使っています。
①でもできなくはないですが、エフェクターを順番に繋いだ場合、いっぺんにディレイとブースターをon/offしたい場合少し面倒です。
これは実際にコンパクトを繋いだ場合と全く同じですが、スイッチが4つしかないので、スクロールして切り替えるという1動作が入るので、エフェクターボードの工夫で切り抜けるという事は不可能です。
②のパターンだと、クランチを作成、隣のパッチにコピーして空間を、さらに隣のパッチにコピーしてブースターを・・・という使い方ができるので大変便利です。音量差も各パッチで調整可能ですので、問題なく使用できると思います。
また、パッチ選択時にスクロールすると次の4つのパッチが出てきます。
私は、曲によって(1-4)、(5-8)、という感じでパッチをスクロールして使っています。
4つのパッチじゃ足りないという場合は演奏中にスクロールして5-8パッチを選択する事も可能です。
音切れに関してですが、①の場合は皆無、②だと若干ありますが、気になるレベルではなかったです。
様々なアンプシュミレーターやエフェクトが内臓されておりますが、キャビを統一した方がまとまりがある印象です。
私がマルチを購入前に気になっていろいろ調べた事をまとめてみました。
皆様の参考になれば幸いです。


バナン さんのプロフィール

レビュー投稿数:1件

住所:東京都

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top