ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

HOME

CELESTION ( セレッション ) / CDX14-3040 16Ω PAスピーカー交換用ドライバー

CELESTION ( セレッション )  / CDX14-3040 16Ω PAスピーカー交換用ドライバー

  • CELESTION ( セレッション )  / CDX14-3040 16Ω PAスピーカー交換用ドライバー画像1
  • CELESTION ( セレッション )  / CDX14-3040 16Ω PAスピーカー交換用ドライバー画像2
  • CELESTION ( セレッション )  / CDX14-3040 16Ω PAスピーカー交換用ドライバー画像3
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
■スロート径:1"
■インピーダンス:8Ω
■許容入力:150W
■周波数レンジ:500-20,000Hz
■感度:106.5dB
■マグネットタイプ:ネオジウム
■サイズ:135 x 135 x 68 mm
■重量:1.4kg
■その他:
■推奨クロスオーバー周波数:1000Hz
■ボイスコイル径:3インチ
■ボイスコイル材:Edgewound copper clad aluminium
■ダイアフラム:Titanium
■サラウンド:Titanium
■取付:ボルトオン 4 x M6 holes on 102mm

<特徴>
・シングル・ピース・チタニウム・ダイアフラム/サラウンド

■CELESTION
ギターアンプ用スピーカーの製造に特化したブランドとして1924年に設立。ジミーヘンドリックス、スラッシュ等のギタリストの名演を支えつつ、 不動の地位を築き上げました。VINTAGE30、CELESTION BLUEなど定番のスピーカーはMARSHALL、VOX、BOGNERなど、著名メーカーのギターアンプに搭載。各種ドライバーやPA用ウーハーの製造も手掛け、 世界各地のコンサートで採用されています。

メーカー視点から見たイノベーション

ネオジウムによる技術革新
CELESTION CDX14-3040 コンプレッション・ドライバー

By Paul Cork

製品開発は改善改良の連続です。Celestionでは、たとえ製品がすでに業界標準になったとしても、技術者が複雑な要素を細かく分析し、機械、音響、電磁性能を旧製品を超えるレベルまで進化させてきました。Celestionの新しいモデルCDX14-3040コンプレッション・ドライバーはその代表的な例です。伝統的な設計手法に基づき、良好な音響特性と高品質な高域レスポンスを提供します。前のモデルを超える性能を持ちながら、全体的な歪みを抑え、小型軽量化を実現しています。2014年にCelestionは、オールインワン型チタニウム・ダイアフラムとサラウンドを搭載したスロート1.4インチ、3インチ・ボイスコイル・コンプレッション・ドライバー、CDX14-3030を発売しました。その開発の中で、ラージフォーマット・コンプレッション・ドライバーの設計に、新しい技術も取り入れました。 さらにFEA(Finite Element Analysis)により、設計を最適化し、改善したのです。当初、このスピーカーはフェライト・マグネットを使用しましたが、その後、軽量なネオジウムの価格が安定したため、ネオジウムを使用して3030のアップグレード版を開発しました。それがCDX14-3040です。1.4インチ・スロート、シングル・チタニウム・ダイアフラム、3インチ、エッジ・ワインディング・銅被覆アルミ・ボイスコイル、環状3スロットフェーズ・プラグを採用。ネオジウム以外は3030と同じ仕様です。3030同様、許容入力は75W RMS(AES標準)、感度は106.5dB(500Hz~20kHz)。性能を向上させるためコンプレッション・ドライバー設計にFEAを採用しました。音飛びの直進性を改善するため、サラウンド形状を徹底的に見直しました。また、モード振動抑制改善のためフェーズ・プラグに改良を加えています。 使用条件によってはダイアフラムが収縮して、チタニウムが金属疲労を起こすことがありますが、この問題を解決するため、形状とサラウンドの設計にFEAを適用することにより、ストレスを減少させ、金属疲労を防ぐことに成功しました。CDX14-3040のダイアフラム・サラウンドは環状ドーム形状をしており、直進的な音飛びを保ち、外周付近のドーム数を効果的に最小限にすることができます。さらに、耐熱プラスティック・クランプ・リングの形状により、ドームを常に固く保つために剛性を最適化し、ダイアフラムの湾曲を防ぎます。ダイアフラム・アセンブリーはマグネット内に精密にカットされたアルミ固定リングにより固定され、コイルが磁石とのギャップに対して常に同心円に保たれるようにしています。これによりボイスコイルのオフセットは全体のストロークをフルに利用できることができます。 固定リングはドライバーに最も重要な部品にもかかわらず、よく見落とされることがあります。カバーとクランプリングの間に半剛体プラスティック(ゴムに近いポリマー)層をつくることにより、ダイアフラム全体に、均等なクランプ圧が広がります。即ち、ダイアフラムがフラットに保たれ、形状が崩れることなくドームを保持することができるのです。アルミカバーはダイキャスト製。ドーム奥側の振動の拡散を吸収するため、溝に共鳴を防ぐ特殊な加工を施し、ドライバー後ろに大きな溝を持つことにより、スピーカーがより低い周波数にも対応します。ダイアフラムの後ろ側の空気負荷が内向きのストロークに対して重要な要素となるからです。これにより、歪みの原因であるコーンの内側と外側による相違を取り除くことができます。クロスオーバー周波数は1kHzを推奨しています。 1kHzという値は十分テストし、導き出された数値ですが、使用するパワーとホーンの大きさにより異なってきます。ドライバーの直径をできるだけ小さく保つことにより、ドライバーにある取り付けねじ穴の間隔は、できるだけ短くなるように配置しています。取り付けねじ穴の間隔はドライバーとの結合しやすさと対応できる最大周波数を決めます。ドライバーの取り付け穴を非常に近く配置することができれば、高周波とうまく結合して、狙った仕様通りの周波数特性が得られます。CDX14-3040は、ネオジウムマグネットを使用することにより、小さく、重量を減らすことができました。ネオジウムは磁力の強い磁性体ですので、同じ磁束密度を小さいサイズで実現できます。CDX14-3030の直径180mm(7インチ)に対して、CDX14-3040は131mm(5インチ)です。 さらにスピーカー本体の後ろに向かって傾斜を付けることにより、後ろが狭い台形のスピーカーキャビネットに取り付けやすいのと同時に、軽量化も図っています。マグネットアセンブリーにもFEAを使用し、スチールの量を最小化しました。Celestionが発表した新製品CDX14-3040は、このクラスでは最もコンパクトなコンプレッション・ドライバーを搭載し最軽量を実現しています。同クラス同性能のスピーカーより500gも軽くなっています。1台ではあまりメリットを感じないかもしれませんが、大規模会場でラインアレイ・スピーカー・システムを、組み立てるときなど、その恩恵を受けることができます。

Paul Cork氏はCelestion社のトップ・エンジニアです。

レビューを投稿するWrite a Review

  • この商品のレビューを書くWrite a Review

CELESTION ( セレッション )
CDX14-3040 16Ω PAスピーカー交換用ドライバー

商品ID:252757

¥39,800(税抜)

(¥43,780 税込)

  • 送料無料

4,370ポイント内訳

  • 437Pt

    通常ポイント

  • 3,933Pt

    ポイント10倍

  • 4,370Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top