ここから本文です

tc helicon

SONICA INSTRUMENTS ( ソニカ ) / SHO

SONICA INSTRUMENTS ( ソニカ )  / SHO

  • SONICA INSTRUMENTS ( ソニカ )  / SHO画像1
  • SONICA INSTRUMENTS ( ソニカ )  / SHO画像2
  • SONICA INSTRUMENTS ( ソニカ )  / SHO画像3
  • SONICA INSTRUMENTS ( ソニカ )  / SHO画像4
  • SONICA INSTRUMENTS ( ソニカ )  / SHO画像5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
Virtuoso Japanese Series第四弾、雅楽で用いられる管楽器「笙」がついにソフトウェア音源になりました。
■ソフトウェア音源

雅楽の三管のひとつ、笙。17本の竹管をもつその姿から鳳笙(ほうしょう)とも呼ばれ、その音色はまるで天上から降り注ぐ光。世界初ともいえる本格的な笙のサンプリングを実現、遂にVirtuoso Japanese Seriesに加わりました。

■主な特徴

・笙演奏家・石川高氏による演奏を丁寧にキャプチャーしました。
・笙の全15本の竹管*の単音と11種類の和音を、個別に全奏法で収録。雅楽から現代音楽まであらゆる音楽シーンてえ活用できます。
・笙の演奏手法を分析し、インストゥルメントモデルを開発。笙特有の和音演奏(合竹)と単音演 奏(一竹)を自由に組み合わせて演奏可能
・本物の笙と同じ配列の指使いで和音や単音程を指定して演奏可能な2種類のキーモードを用意。
・笙の複雑な菅の配置と発音状況を把握
・雅楽特有のピタゴラス律のほか、平均律や自由な音律を設定可能なスケールチューニングを装備、 古典音楽からコンテンポラリーまでシームレス対応。
・音が途切れることなく、多彩なアーティキュレーションヘ変化させながら演奏可能なキートリガー コネコション機能
・無段階かつ自然に音色変化を加えるエクスプレション・コントロール
・演奏者の人数を3人まで増やせるEnsembleセレクターを搭載、雅楽管絃での合奏に対応可能。
・24bit、96kHzて?録音された生々しく繊細なサウンド(製品は24bit、44.1kHzで収録)
・マルチマイクで収録、Direct、Overhead、Room、Stereo Mixを個別に専用Mixerでミキシングし て音作りが可能

*笙の竹菅は全部で17本ありますが、実際に音が出るのは15本です。

■動作環境

フォーマット:
Native Instruments Kontakt 5.4 Full 以上(Kontakt Player非対応)

データ容量:
NCW 1.58GB (WAV 3.15GB相当)

対応OS:
Mac OSX 10.10 以降推奨
Windows 7, 8, 10
Intel Core 2 DuoまたはAMD Athlon 64 X2
Mac、Windowsともに4GB RAM(6GB推奨)

※このライブラリーをお使いになるためには、Native Instruments Kontakt 5.4以上(Full版)が必要になります。(Kontakt Player非対応)
※製品のインストールには3GB以上のディスク空き容量が必要です。
※PC環境、動作環境はNative Instruments Kontaktの推奨動作環境に準じます。
※ライブラリーを快適に動作させるためには、より高速なCPUと、余裕のあるRAMメモリーを搭載したコンピュータに製品をインストールすることをお奨めします。
※ご使用時にインターネットを経由したユーザー登録が必要になります。

※最新の動作環境につきましては 代理店サイト をご参照ください。

レビューを投稿する

  • この商品のレビューを書く

SONICA INSTRUMENTS (ソニカ)
SHO

商品ID:249962

通常価格:¥27,593(税抜)

¥17,885(税抜)

(¥19,315 税込)

  • 送料無料

193ポイント内訳

  • 193Pt

    通常ポイント

  • 193Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top