ここから本文です

tc helicon

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / MODO BASS クロスグレード版

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / MODO BASS クロスグレード版

  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / MODO BASS クロスグレード版 画像1
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / MODO BASS クロスグレード版 画像2
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / MODO BASS クロスグレード版 画像3
  • IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / MODO BASS クロスグレード版 画像4
  • メーカーサイト
※IK Multimedia社の$99.99以上の有償製品をご登録のユーザーの方がご購入いただけます(要アカウントへの製品登録)

■ソフトウェア・ベース音源

MODO BASSは、サンプル・ベースの音源ではなくフィジカル・モデリングによる初のエレクトリック・ベース音源です。コンピュータ・ベースのヴァーチャル・インストゥルメントを再定義するほどの、まったく新しいテクノロジーに基づいており、最終的なベース・サウンドを形成するあらゆる側面の物理モデルを基にリアルタイムに音響合成を行うというフィジカル・モデリングのコンセプトに基づいたベース音源なのです。まず、楽器としてのベースそのものがモデリングされています。ベースを構成しているボディの材質、弦、ピックアップやワイヤリングだけでなく、その相互作用までもがモデリングされています。また、さまざまな奏法、アンプやエフェクトなどもモデリングされています。そして、こうした実際の楽器の特性や奏法などの物理モデルを基にして、そのサウンドがリアルタイムにシンセシス(音響合成)されるのです。

■主な特徴

・初のフィジカル・モデリング・エレクトリック・ベース音源。
・モーダル・シンセシス技術によりサンプル・データを使用せずに、リアルタイムにシンセシス。
・バラエティ豊かな、ecreate virtually every electric bass sound imaginable
・時代や音楽ジャンルを象徴する12機種のベースをモデリング。
・奏法、楽器、エフェクト、アンプなど、ベースの演奏のさまざまな側面をモデリング。
・メモリーの使用を最小限に抑えた効率的なシンセシス。
・フィンガー、スラップ、ピックの3奏法をモデリング。
・演奏する手の位置も移動可能
・指で弾く強さやピックの厚さなども設定可能。
・弦の数、スケール、チューニング、ゲージ、弦の巻き方や古さを設定可能。
・20種類のベース・ピックアップを忠実にモデリング。
・アクティブ / パッシブ回路の選択とEQ設定が可能。
・ブリッジの下に設置されたピエゾ・ピックアップをミックス可能。
・4つのエフェクト・スロットを装備し、7種類のベース用ストンプボックスから使用可能。
・AmpliTubeから採られたソリッド・ステートと真空管の2種類のアンプ。
・エフェクト / アンプ・セクションはバイパスが可能
・画面に合わせてリサイズ可能なユーザーインターフェース。
・Mac/PCでプラグインおよびスタンドアロン・アプリケーションとして動作。
・MIDIラーンやキー・スイッチに対応したMIDIコントロール機能。
・DAWのオートメーションに対応。

■動作環境

MAC (64-bit)
Intel Core 2 Duo, 4 GB of RAM (8 GB推奨), Mac OS X 10.9 以降

Windows (64-bit)
Intel Core 2 Duo,AMD Athlon 64 X2, 4 GB of RAM (8 GB推奨), Windows 7, Windows 8 ,Windows 10. ASIO対応サウンドカード

サポートプラグイン形式:AU/VST2/VST3/AAX



商品レビュー

  • 総合評価:10000(1.0)
  • レビュー数:1
5
0件
4
0件
3
0件
2
0件
1
1件
この商品のレビューを書く

2019/05/18 

1イライラが止まらない

投稿者名:評判が良いと聞いて買ったものの 【神奈川県】

いくつかの商品紹介動画を拝見し、音が本物のベースに近いと思い購入しました。
使ってみた感想として、スラップは迫力がなく微妙ですが、指弾き、ピック弾きの音はとても良く、わかりやすい直感的な音作りが可能です。操作にもすぐ慣れました。スラップやスライド、ビブラートからベントまで様々な表現が実現可能です。
しかし、使っているとバグが多すぎます。
操作していない低音弦が鳴り続けていたり、たしかに入力してある音が鳴らなかったりといったバグが多発します。これらは、スラップなどの表現を用いた時(複雑なmidiの配置になったとき)起こりやすいです。
しかも、それらのバグは時間が経つといきなり治ることがあります。
そのバグが足かせとなり、作業スピードはかなり遅くなります。
作業中にいちいち直していたらきりがないほどですが、1回1回直さなければ作った箇所の確認ができません。イライラが止まりません。そのうちキーボードをぶっ壊してしまいそうです。
このソフトのせいでやる気がなくなりDTMを嫌いになりそうです。
ベースが多少なり弾ける方は優先的にベースを買った方が良いと思います。バグが起こらなくなるまでこのソフトの購入は避けることをおすすめします。
使用PCは、自作pc、メモリー32、windows最新のやつ(2019年5月現在)、core i7、apollo twin、FL studio
他にもkomplete selectやボーカロイド等のソフトを使用していますがそれらは全く問題ありません。

レビューID:92409

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

IK MULTIMEDIA (アイケーマルチメディア)
MODO BASS クロスグレード版

商品ID:229059

¥24,800(税抜)

(¥26,784 税込)

  • 送料無料

267ポイント内訳

  • 267Pt

    通常ポイント

  • 267Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
ロックなクイズにチャレンジ SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top