ここから本文です

ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース ) / Qu-16C デジタルミキサー

ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース )  / Qu-16C デジタルミキサー

  • ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース )  / Qu-16C デジタルミキサー 画像1
  • ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース )  / Qu-16C デジタルミキサー 画像2
  • ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース )  / Qu-16C デジタルミキサー 画像3
  • ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース )  / Qu-16C デジタルミキサー 画像4
10
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
クロームエディションとなり、パワーアップしたQu-16はこれまでのミキシングを一新するデジタルミキサー。GLDやiLive等のハイエンド機の血統を受け継ぐ、革新的デザインと驚異的な機能を搭載しています。オートマティック・マイク・ミキシング、フィードバックのチェックに便利なスペクトラム表示など、先進の機能を豊富に装備。直感的なコントロールを可能にしており、アナログ卓からの乗り換え用途にもおすすめです。
■デジタルミキサー
■16ch
■ムービングオートメーション
■USBインターフェース搭載

■Quエコシステム
必要な場所へ柔軟にI/Oを設置できるリモート「AudioRack」や、各ミュージシャンが手元で手軽にモニター・ミックスを行える「MEパーソナル・ミキサー」、ステージ上や会場内のどこからでもワイヤレス・ミキシングできる「Quアプリ」、セッティングの効率化やサウンド作りに役立つ「ProFactoryマイク・プリセット」、さらに「USBレコーディング」や「DAWコントロール」など、パワフルな作業を最大限の効率で行うことができます。

■AnalogiQ プリアンプ
パッドレスで1dB単位のゲイン調整が可能な高音質「AnalogiQデジタル・コントロールド・プリアンプ」を16基搭載。歪みを最小限に、超低ノイズフロアを実現すべく設計をリファイン。暖かみのある音楽的なサウンドを得られます。

■ミキシング・エクスペリエンス
フルカラー・タッチスクリーン・ディスプレイ、ロータリー・エンコーダーにより、各種設定メニューなどへクイックにアクセスできます。タッチスクリーンを併用して、各チャンネルの設定やフィジカル・コントロールのセットである「SuperStrip」にもクイックにアクセス可能。

■1チャンネル / 1フェーダー
モノラル入力チャンネルと同数のフェーダーを装備しており、入力チャンネルのみで構成されたフェーダー・レイヤーを用意。わかりやすく素早い操作が可能です。

■トータル・リコール
最大100種類のシーンのセーブ/リコールが可能。メモリーの上書きを防ぐセーフ設定も行えます。

■ProFactoryマイク・プリセット
マイクのトップブランド、オーディオテクニカ、ゼンハイザー、シュアーのトップ・エンジニアとチームを組み、各種定番マイクに合わせた豊富なEQライブラリーをプリセット。ボーカルやエレキギター、ドラム、ブラスなど、各種ソースに最適なEQプリセットにより、早く簡単にセッティングでき、ソースや会場の音響に合わせて効率的に使用できます。

■iLiveエフェクト
ダイナミクスやエフェクトは「iLive」シリーズのアルゴリズムをダイレクトに継承。iLiveエフェクト・エンジンを4系統搭載し、伝説的なクラシック・リバーブやゲート・リバーブ、ディレイ、フランジャーなどのモジュレーション・エフェクトを内蔵しています。

■QU-DRIVE
外部接続のUSBメモリーやハードディスクに18チャンネルの24bit/48kHz録音再生を行えます。16系統のモノチャンネルと選択したステレオ・ペアを録音再生可能。

■オートマティック・マイク・ミキシング(AMM)
リダッキング機能により、周囲のノイズやフィードバックのリスクを最小限に抑え、各話者の声をクリアに会場全体に伝えることができます。

■Mac/Windows DAWへのインテグレーション
最大24のトラックを選択してMacまたはPCへ送ることができ、コンピュータからのリターン信号はインプット・チャンネルに立ち上げることが可能。HUIまたはMackie Controlのエミュレーション・モードも使用できます。

■ワイヤレス・コントロールに便利なQuアプリ
フルスペックのiPad用アプリ「Qu-Pad」を使用すれば、EQやモニター・ミックスをステージ上でも行え、会場内の色々なリスニング・ポイントからPAの調整も可能になります。Wi-Fiで接続し、ライブ・ミキシングのあらゆるパラメーターや設定にアクセスできます。

■サイズ(WxHxD): 440 x 171 x471mm
■重量: 13.5kg

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:5
5
5件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2019/05/08

11111いいです

投稿者名:s.yamamoto 【千葉県】

演劇の音響で各地の劇場に持ち込んで使用している者です。
Live10を使ってポン出し。pcから直接USBでこの卓にマルチ入力しています。
アナログ卓使ってた時はGEQ、コンプ、リバーブ、CDMDプレイヤー数台置いて繋いでいたのがウソのように机の上はこの卓とpcだけになりました。
QUパッドも一人で劇場の音を仕込んでいる身としては、卓と客席の行ったり来たりが減り、手持ちのiPad ですぐにミュートできるので照明や舞台さんにうるさがられる心配も無くなりました。
内蔵エフェクトの質もとても良いです。
これにして正解でした。

レビューID:92085

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/05/03

11111使い勝手抜群

投稿者名:ピロ 【兵庫県】

フリーでアコーステッィクライブなどに乗り込みで行ってます。
ハコによってはガリだらけのミキサーや、Chが足りなかったりするのですが、Qu-16Cだとインプット16ChとAUXもモノ4Chとステレオで3Chあり、十分対応可能です。
基本的にワンオペなのでメモリー登録と任意で割り当てできるソフトキーを駆使して素早く転換が行えます。
外音もFXの音質も申し分なしです。
iPadアプリでもほぼ全てのことができるので、このミキサーを1つ持ち込めば安心してオペレートに集中できます。
気になる点は、内蔵グライコも便利なんですが、何dbカットしたかを数値で確認できないのでアバウトになってしまうところかと。
REC関係も今後検証できればと思います。

レビューID:91969

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/07/11

11111Macとの相性も抜群!

投稿者名:☆ハヒル☆ 【北海道】

舞台のPAを物好きでやってます。
初のデジタルミキサーなので
操作には凄く手こずるかなぁ…と思ってましたが、
いざ使ってみると実に使い勝手が良い!!
アナログで「こういう時にこういう機能があれば…」と
いう機能があってホントに助かってます。
MacをUSBで直接繋げてインターフェイスとして
使えるのが実に素晴らしい!
今までもミキサーにはUSBでPCと接続は出来ても、入力された音を録音するだけ。
でもデジタルはそれ以上の事が出来るのさ!!
DAWはLive9を使用。
設定はそんな難しくない(説明書を見たりネット検索で探せば簡単に設定来ます)
今までは…PC→USBオーディオインターフェイス→ミキサーの各チャンネルへラインでアナログ接続。
これが当たり前の主流…
でもぉ…今回はPC→QU-16のUSBへ。
これだけでOKです!
間に挟んでめんどい事をしなくても済む!
凄い楽!!
実際にLive9で各チャンネルに音を割り当てれば、
あとはその音を出すだけ。小難しいことは何も無い。
デジタルを使ってる人からすれば特に驚くことでも無いのだろうけど、
私みたいに長年アナログばかり使ってた人間には、驚くことばかりなんですよw
またモーターフェーダーなのでMIDI設定をすればDAWからの命令でフェードイン・アウト・クロスなども出来るのかな?と今は実験中です。何となくだけど出来る気はするんだよね。で、その時に勝手に動くフェーダーを見て感動していたりw 出来たかどうかは後日談で。
一言でいうと、ホントに簡単操作で素人からプロフェッショナルな人まで誰でも使える機種ですよ!
素人は言い過ぎかな?w
PA中級者以上だったら理解するのも早くて、現場ですぐ使える一品ですよ!
iPadで離れた場所から操作が出来るのってホント感動しますよ!!

レビューID:83714

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/02/17

11111使いやすいのと この価格でこの機能は素晴らしい

投稿者名:かなやあきひと 【北海道】

PAエンジニア&PA機材システム構築部

お店用に一台購入しました

機材はこんな感じ

卓:QU16
メインアンプ QSC GX5
サブアンプ YAMAHA XM4080
メインスピーカー EV ZLX15
サブスピーカー BOSE 301V

使い勝手の良さと、エフェクターの豊富な種類
そして100mmモーターフェーダー搭載なので
細かいフェーダー位置の調整ができて本当に素晴らしい卓だと思います。新商品SQと言う卓もでて 機材展でみてきましたが、大きすぎて場所をとる感じでした。プライベート用でも欲しいくらいです。次の音響機材改修工事がある店舗でも採用します。

レビューID:79994

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/10/19

11111この価格帯では最高です!

投稿者名:音響屋 【北海道】

2ヶ月ほど色々なライブで使いました。

仕事柄この価格帯で他のデジ卓も使いましたが、ベリx32は電源部が弱く場所によっては再起動がかかる事があった。Roland M200iはipad無しでは辛く液晶が見にくすぎる。YAMAHA 01V96iはもう古い。

操作性も良いですし液晶もとても見やすくipad無しでも十分に操作できます。ファンレスなので熱暴走が心配でしたが今の所問題はありません。

オーディオIFとしてのマルチトラックレコーディングも特に問題はありませんが48khzのみに対応なので
SONARなどで作った44.1kzのプロジェクトは開けません。

RTAが付いていることやDAWのコントロールサーフェスに対応しているところ、USB接続によるHDDにマルチトラックレコーディングが可能なところもポイントが高いです。

この価格帯では他に並ぶものは無いと思います。

ちなみに公式ではandroidには対応していませんが野良アプリがありましたのでそれが使用可能です。
ipadにての操作はとても快適です。
PCには対応していないのが唯一の欠点でしょうか。
バージョンアップで期待しています。

ちなみにファームウェアのバージョンを最新にしないとipadとのコネクトがうまく行かなかったので購入したらバージョンアップをすぐにすることをオススメします。

またQU-16 C(クロームエディション)ではないQU-16は旧式ですが中身は何も変わりません。価格が10万ほど安くなりツマミとフェーダーの視認性が優れた新型がクロームエディションQU-16Cです。(代理店に聞きました。)

レビューID:67246

参考になった人数:83人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ALLEN&HEATH (アレンアンドヒース)
Qu-16C デジタルミキサー

商品ID:225609

¥173,800(税抜)

(¥187,704 税込)

  • 送料無料

18,770ポイント内訳

  • 1,877Pt

    通常ポイント

  • 16,893Pt

    人気ブランド ポイント最大10倍キャンペーン

  • 18,770Pt

    合計

閉じる

未定未定

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクション

ALLEN&HEATH Quシリーズ

  • Allen&Heath Quシリーズは、革新的なデザインと驚異的な機能により高品位なプロフェッショナル・ミキシングを実現します。オートマティック・マイクミキシング、フィードバック・ポイントのチェックに便利なスペクトラム表示など、先進の機能を搭載。アナログミキサーからの乗り換えのもおすすめです。

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top